「ほっ」と。キャンペーン

あわや犯罪者?!

只今我家にイギリスからお客人が一名。 

4月2日(水)の夜10時50分に、事もあろうにベルガモの空港に着くという。
我家から1番近いのは、リナーテ空港でミラノの東にある。
もうひとつは、北にあるマルペンサ。日本からのフライトはこちらに到着。我家からだと、45分から1時間は見ておかないといけない。

ベルガモはとても美しい街である。でも、ミラノじゃない。ミラノに住んでるって言うのに、よりにもよってベルガモにつくフライトを選ぶなんて。安かろう悪かろうの典型である。とは言え、1時間もあれば行けるので、そう目頭を吊り上げるほど遠くはないのだけど。

せっかく楽しみに来てくれるので、まぁ、快くお受けしましょう。

ミラノ中央駅からベルガモの空港まで直通バスが出ているので、それに乗ることに。
8時半頃のに乗ればいいと思い用意をしていた。7時過ぎ、帰りのタクシーのお金がない事に気がつく。

「ちょっと銀行に行ってお金をおろして来るね。10分くらいで帰るから」と娘に一言。

銀行に着き、銀行カードを差し込んで、ドアが開く。こちらのATMは、ひとりしか入れない。
後ろの人は、外で待つことになる。

24時間体制のATMなので、余計な手数料は取られないのが嬉しい。

機械にカードを入れる。 
画面が変わるのを待っていたら、突然「一時的にサービスを終了します」って。
えっ?! どういうこと??
すると、無機質なアナウンスが。理解できたのは、「5分」って所だけ。つまり、5分待てってことね。待つこと5分。1分がすごく長く感じる。5分経った。何にも起こらない。

カードは食われたまま。

外のドアの所に女性が来る。中から、使えないって身振り。
横に赤いブザーがあったので、よく分からないのにとりあえず押してみるが、反応無し。

仕方がないので、外の女性に助けを求める。
「おかしいわね。画面は普通なのにね。」と言いながら、彼女もそこら中を触ってみる。

そしたら、彼女ったら、自分のカードを入れようとしている。
「えー、そんなことしたら貴方のカードも食べられちゃう」って言っているのに、勇敢な無謀な彼女はあえてトライ。でも、カードは幸いにも入らなかった。

どうしたらいいんだろう、とオロオロする私に、「明日の朝、ここに来てカードを返して貰うしかないわね」って。じゃ、私は、もう行くわって去っていった彼女。

そんなこと言われても諦めがつかない。
もしも、後でカードが出てきて、誰かが取っていってしまったらどうするんだろう。

夫に何度も電話を掛けてみるが、一向に出ない。ああ、確か今日は食事会だって言っていたっけ。でも、なんで、こんな時にでてくれないの、と泣きたい気分。

ダメもとで、そこら中を弄繰り回す。赤いボタンも何度か押してみた。
すると、また「5分」のアナウンス。待つこと、また5分。

でも、やっぱりダメ。 日本だってこんな経験ないのに、こんな好い加減な国で、何でこんな事になるのー。ひょんな事からカードが出てくるかもって、更に粘って待ってみる。

すると!

さっきの赤いボタンを始め、機械が赤く点滅し始めた。

  アトンツィオーネ! アトンツィオーネ!
   (ご注意ください!)

と警告アナウンス。

えっ?! ナニッ?! ナニが起こったって言うの?
もしかして、必要以上にATMの中にいるので、不審者扱いされているのかも。
って事は、このまま居続けたら、中に閉じ込められて、警察かセキュリティーが来て、事情聴取されちゃうかもってこと??? ひょえ~~!そんなのイやだって~!

でも、カードが!  あ、でも閉じ込められちゃう! あーでも、カードがぁああ!

やわらパニックになって、慌てふためいて外に飛び出した。

カードはいぜん食われたまま。

仕方がないので、大家さんの所へ泣きつきに行った。
そうしたら、明日行くしかないと、あの女性と同じ事を言われた。
しかも、カードが誰かに取られる事もないから心配しなくてイイよって。

そう言われて、やっと安心。
無事、お客人も迎えに行けて、夫にも連絡がついたし、やれやれである。

結局、次の朝、開店を待ち構えて銀行に行き、無事カードを返して貰った。

どうかこの後も、めったに起こらないことが私に降りかかりませんように。
切に願ってしまう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-04-05 04:21 | 暮らし | Comments(2)
Commented by ポポ手 at 2008-04-10 10:46 x
ATMからカードが出てこないって、イタリアではそういうことがよくあるのでしょうか。しかもカードが取られる心配もないっていうのが不思議。出てこないから、とられもしないってことなのかな。
それは、一晩、ドキドキしますよねー。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-04-11 00:47
ポポ手さん、5分待って出てこない場合は出てこないって事なんでしょうね。

でも、幸いだったのは、あのパニクリ状態の時に夫に連絡がつかなかったこと。冷静でなかったから、「とりあえず夫に連絡を」と思ってしまったのですが、考えてみたら、彼の方がずっと大騒ぎするタイプだったんです。
もし、あの時電話にでも出ていたら、私のパニックを倍にさせていたでしょう。ひとりでドキドキしていた方がまだましです。

もちろん事と場合によりますが、大抵はいざって言う時使えないタイプです。そういう星の下に生まれたんでしょうね。
<< 悲しい記憶力 愛してるよ >>