「ほっ」と。キャンペーン

笑ってくれてありがとう

お客様が滞在中の1週間、ほぼ毎日きちんと食事を作っていた。
そんな!当たり前の事じゃない、と思われるかもしれないが、ミラノに越してきて以来かなり手抜きの毎日。

パリの最後の1年間、娘にエネルギーを吸い取られ、かなりヒッキーがかっていたのもあり。で、こう毎日出かけるのはかなり大変。語学学校から帰ってくるともうクッテクテ。そのうち慣れるさ、と思いながら今日に至っている。

ちょっと体調をくずしていたお客人。そうか、それなら、栄養あるものでもたっぷり食べて元気になって帰ってもらおうじゃないか!とがぜん張り切ってしまった。まぁ、そのかいあって、帰る頃にはすっかり元気になってくれた。よしよし、、。

張り切るのはいいが、終わって気がついたら、かなり疲れていた。
そこで、ミラノで唯一の日本人の友人・ミナさんとデートして貰う事に。

1年位前(かな?)にブログを通して知り合った、ミラノ在住のオペラ歌手。最近、イタリア人のイケメン彼とゴールインした、幸せいっぱいの彼女。当然イタリア語はペラッペラのミラノ生活の大先輩である。

ほぼ毎日パスタ生活の彼女。 来客中、ずっと洋食だった私。
なので、その日のランチは、迷わず日本レストランに決める。

2年前くらいに開店したという、O・MA・KA・SEは、雰囲気がビストロ風のレストラン。
お寿司がメインだが、もちろん他にもアラカルトで1品料理が食べれる。
ランチセットで握り寿司を頼む。
一回り大きいおわんのお味噌汁は、かなりたっぷりの量。

後から来たお客さんの方が先にメインが運ばれて、かなり待たされた。
やっと来た。そしたら、遅くなったお詫びにって、サラダのおまけ。あら、嬉しい。

お皿が置かれて、「ありがとう」を言うつもりが、

ご馳走様でした。

って、まだ食べてないっつーの!

運んできてくれたウェイトレスの方も思わずクスッ!
こういうトンチンカンなバカなことをした時、相手が笑ってくれると、なんだかホッとする。
変に気を使われたり、真剣に受け止められちゃうと、尚更ガクッと来るもの。

これを娘に話したら、彼女も先日遊園地の階段で、転がったと言う。
前のめりになって手をついた後、どう言う訳がゴロンゴロンと転がりだして止まらなくなった。後ろのおばさんが、突進してくれて、どうにか止めてくれた。

最初はビックリしていた周りの人たちも、あまりにコミカルな転がり方に笑い出した。
なので、彼女も起き上がった後、ヘラヘラ笑ってごまかせた。

ミナさんとの楽しい時間もあっという間に終わってしまった。
年齢はかなり違うけど、彼女はそれをあまり気にせず話せる数少ない人のひとり。
と、思っているのは私だけかもしれないが、、、。

これから、気になるレストラン巡りをしたいね、と。
なんだか、ちょっと楽しくなりそうな予感。

これからもよろしく。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-04-14 04:28 | 暮らし | Comments(2)
Commented by mina-milano at 2008-04-15 20:50
先日は楽しい時間をありがとうございました!
お疲れだったようですが、お肌はぴちぴちキラキラでしたよ*
みならいます。笑

レストラン巡り、とっても楽しみです*
喋りましょう、食べましょう♪
Commented by suzume-no-oyado at 2008-04-16 02:50
minaさん、そうしましょう!
食べ歩き予定をバンバン入れちゃいましょうね。
楽しみです。
<< カンガルーに生まれなくてよかった~ 悲しい記憶力 >>