「ほっ」と。キャンペーン

カンガルーに生まれなくてよかった~

スコットランドからのお客人が帰ってから、やけに天気が悪い日が続いた。
滞在中は連日青空で、「なんでこんなに天気がいいの?」と感激していた彼。
帰ってから連絡をもらったら、「スコットランドには珍しいいい天気」だと。
それを聞いて、「雨を置き土産にして、ミラノのいい天気をおもちかえり??」と、連日の雨に言いたくもなった私たち。

ま、それはさて置き。

彼と入替えに里帰りした長女。
5月から試験が始まるとの事で、少し息抜きがしたくなったから、と3泊4日の短い滞在。

イタリアン、日本食、ショッピングと目いっぱい時間とお金を使っていってくれた。
幸せな娘だ。

そんな娘と買い物に出かけたときの事。
トラムに乗ってトロトロガタガタと揺られながら外を眺めていた。

途中、寂れたシアターの端に張ってあったポスター。
特別な物じゃない。
横向きのカンガルーが今にもピョ~ンと飛びそうなカッコで写っていた。

緑色の背景に、なんのインパクトもなく写っているカンガルーを見て一言。

カンガルーに生まれなくてよかった~!

なぜ、思ったのかは分からない。なぜか、しみじみ。
こんなつまらないポスターに使われているカンガルーがすごく惨めに思えた。
こんな事する為に生まれてきたわけじゃあるまい、、、。

それを娘に言ったら、「この人なに考えてるんだ??」って顔された。

次は犬や猫に生まれたいなって言うのは聞いた事あるけどね、、って。
カンガルーっていうのもね、、、って。

そんなバカげた思いが頭をよぎった日、アーケードから出ようとして傘をさそうとしたら、誤って前を歩いていた男の人のお尻を傘の先で刺してしまった。

ツン って。

振り返られて、怒鳴られるかと思ったが、何事もなかったように去ってしまった彼。
こちらは、おなかがねじれるほど大笑いしてしまったと言うのに。

家に帰ってから娘が、「もしかしたら、あの人ゲイだったのかも、、。前の晩やりすぎて、感覚無くなってたのかもよ」って過激な発言。

身近にゲイがいる彼女はいろいろ知っているわけか。
そんな「色々」をまた聞きしている私のこれも経験。

ああ、いろいろ経験できる人間ってやっぱり楽しい。

人間でよかったなー。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-04-17 19:21 | 暮らし | Comments(2)
Commented by トシゾー at 2008-04-21 22:37 x
オーストラリアに住んでいた頃、車のバンパーに周りに、更に大きなバンパーのような物を付けていた車をよく見ました。聞けばこれは、道を走っていてカンガルーにぶつかった時に、車が壊れないようにというオージー(オーストラリア人の事っす)にとっては、無くてはならないものらしいです。つまりそれだけ、ブッシュ(森みたいなもんっす)を走っていると、野生のカンガルーにぶつかる可能性が高いらしいです。
やっぱりカンがルーには、私も生まれ代わりたくないです。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-04-26 16:09
トシゾーさんだー!! カンガルー対策のバンパーですか。なんかスケールが違いますね。イギリスのクソ田舎では、きつねや狸、ウサギ、リスが森からひょこっと出てきて事故に遭ってますが、大抵はかわいそうなことにぺしゃんこです。車には特別な被害はありません。小さいですからね。
でも、当然気持ちのいいものではありません。

避けられる時は、大抵の人は避けようとします。友人は飛び出してきたウサギを避けようとして、崖から後一歩で落ちそうになりましたし、もうひとりは、車がひっくり返っちゃいました。

その後、私も赤ちゃんウサギに遭遇しましたが、幸いタイヤの間だったので、バックミラーで森に帰っていく姿を見てホッとしました。
ブレーキをかけたかって?へへ、少しはね。でも、間に合わなかったのと、前述の事故を聞いていたので無理はいたしませんでした。はい。
<< いざ、スコットランドへ! 笑ってくれてありがとう >>