問題外??

先週あたりから、朝晩の温度が下がり、かなり過ごしやすくなっているミラノ。
日中も30度を切ると、急に気持ちのいい暑さになる。
甘さも暑さも、ホドホドがよろしい。

先週から、スコットランドから里帰りしている次女。
帰ってくる前に電話で「これからは、マミーのお手伝いをするからね」と、ちょっとばかり、可愛い事を言っていた。

「はいはい」と、半ば信用しないでいたが、こちょこちょとよく動いて手伝ってくれた最初の2日間。

で。 それっきりだった。 こんなもんか、、、。

あとは、でれーっとテレビを見て、「ご飯よー」と呼ぶと、少し遅れて席につく。食べ終われば、「続きが、、、」と言って、去っていく。

ふん。結局、以前と一緒じゃないか。 人間そうそうすぐに変われるもんじゃない。

来週、次女がスコットランドに戻った後、今度は、私と夫が日本へ里帰り。
私はもとより、夫がかなり楽しみにしている。

それもそのはず、待望の我家にやっと住めるから。
2月に住めるようになったマンション。鍵の引渡しと3ヶ月点検と、両方とも私ひとりで行なった。その度、甥っ子や姉が泊りに来ているのに、購入した本人はお預け状態。

やっと、である。

今から、色々とプランを練っているが、その中に忘れちゃいけない事がある。

「カラダ・ファクトリー」

もうぞっこんお気に入りの整体のお店。 自宅から歩いて5分と言う嬉しい近さ。

若い時からの筋金入りの肩こり。今や肩のみならず、全身ガチガチ。
なので、これまで試したお店は数知れず。
その私が、惚れこんだのが、この「カラダ・ファクトリー」。

前回帰国した時、姉とふたりで行ってみた。私以上にガチガチ身体の姉も気に入った。
このお店を始めた方は、「骨盤ダイエット」なるものを発案(?)した方。

マッサージも気持ちがいいが、ここは整体なので、先ずは治療。そして、最後の15分をマーッサージ専門の先生がじっくりしてくれる。

いつもなら、「もう終わり?」と思うところが、納得して終われる。
今回は、夫とふたり通う予定。

その「カラダ・ファクトリー」で前回、初体験をしたリフレキソロジー。
足だけで満足できるのかしら?と思っていたら、けっこうイケル。

その時に、ちょっとショックな事を発見。

小さい頃から「棒足」と言われ、足首がはっきりしない文字通り「棒」の足だったので「O脚」とは無縁だと思っていた。

が、実はそうだった。

半信半疑で、先生の言うように、つま先をそろえ、膝をくっつけて立ったら、ふくらはぎの間に隙間ができた。綺麗な足なら、そこもくっつくのだそうだ。

「O脚」は、靴の外側も減ると聞いて、また納得。体重が外にかかるので、足への負担もでてくるのだと。

そこで「O脚」矯正エクソサイズも教えていただいた。

普段から、「女性のO脚」を見るたび、「どんな美人でも、脚がO脚だったりすると、台無しだよなー」て、かなり言いたい放題だった夫。

ミラノに帰ってから夫にその話をした時に、彼も言われたように立ってみた。

「なになに、つま先を揃えて立ち、、、で、膝をくっつけて、、、」で、愕然とした。

問題のその次のふくらはぎに行き着く前に、奴は膝がくっつかない!
くっつくどころか、こぶしがふたつ入りそうなほど離れている。

こりゃ、O脚とかO脚じゃないとかの問題じゃないじゃない。

自分の脚があんなに曲がってるんじゃ、女の脚をどうこう言える身分じゃないって。

鏡の前で、「信じられねー」って顔した夫が立ちすくんでいた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-26 21:34 | 暮らし | Comments(0)
<< 君はボクのおしぼり 便利な機能? >>