タンマ!

先週の土曜日に久々のお客様、1名。夫の会社の単身赴任の50代の方。

先ずは、タプナードとトマト・コンフィ、バジルのカナッペ。それから、歯ごたえのいい大き目のグリーン・オリーブで、赤ワインで乾杯。

スターターは、先日作って、好評だった(夫のみですが)すずきのマリネ。あとは、ルッコラとインゲンの胡麻サラダ。レシピはバルセロナ在住の亜紀ちゃんのをすこーしアレンジしたもの。

作り方はいたって簡単。ルッコラとゆでたインゲンを、しょう油、砂糖、オリーブオイル、ほんの少しのヴィネガー、すりごまといりごまでザックリ和える。すぐ、しんなりしてしまうので、食べる直前に作る事。和風のようで洋風のようで、我家じゃ、しょっちゅう出てくるサラダ。

メインは、この前本場モノを食べてきたばかりだと言うのに、またまたシーフード・パエリア。今回のお客様は、2回目のご招待だったが、前回はパエリアじゃないと思い込んでいたら、前回もパエリアだったそう。「すみません、また同じです。でも、食べたかったので、お付き合いください」と、お断り。だって、どうしても食べたかったんだもん。

デザートは、軽めにパブローバ。ベリー類が豊富なうちに、作っておかなくちゃ。

ゆっくりと食事をした後、色々とお話をしていた時、昔懐かしいあの言葉を聞いた。

この夏休みに、Sさんは脳ドックを受けたそうだ。狭い場所が苦手な彼は、検査前にかなり嫌な事を聞いていたらしく、ちょっと身構えていたと。

ベッドに寝て、顔にマスクのようなものをかぶされ、身体もがんじがらめで、狭いあのトンネルの中へ移動し始めたところで、もー限界!

タンマ! 思わず叫んだ彼。

心臓はバクバク。顔は真っ青!しばらく休ませてもらう。
看護士さんいわく、「大丈夫ですよ。そういう方、いらっしゃいますから。検査を中止される方もいらっしゃいますので、嫌ならおっしゃって下さい」と。

さすがに中止とまではしなかったが、30分くらい休んでから再開したそうだ。

話が終わってから、思わず、「Sさん、本当にタンマっていったんですか?」と質問。
だって、「タンマ」なんて、何十年も使ってない。いつ頃使ってた?と考えてみると、せいぜい小学校くらいまでか。知らないうちに、「タイム」に変わっていったような、、、。

50過ぎのおっさんが放ったと思うと、なにやら彼がすごく可愛く思えてきた。

ふふ、かわいー。「タンマ!」だって~!

f0095873_330427.jpg
f0095873_3304524.jpg
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-09-25 03:38 | 暮らし | Comments(4)
Commented by ポポ手 at 2008-09-25 11:31 x
タンマ、通じたのかな。日本での話でしょうか。

すずきのマリネ、作りたいと思ったら、すずきってスーパーに売っていないんですね。それとも季節じゃないのかな日本では。
デザートがうまそう!
ルッコラの胡麻サラダは、インゲンの代わりに何かほかのもので代用できるでしょうか。インゲンがこの年になっても嫌いで……。トホホ。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-09-25 13:59
ポポ手さん、日本での話ですので、もちろん通じました。広辞苑で「タンマ」を調べたら「タイム」の児童語と書いてあったような。イタリア語でも「タンマ」にあたる言葉があるのには驚きました。

すずきでなくても、お刺身にできる白身魚ならいいんです。
インゲンの代わり、、、葉っぱの他に歯ごたえが欲しいので、ブロッコリーを小さく千切って入れるのもいいかもしれません。

インゲンが嫌いって、もしかして、食べた時の「きしっ!」とした歯ざわりがいやなのでしょうか?
Commented at 2008-09-26 12:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-09-27 05:29
鍵コメさん、初めまして。楽しんで頂いているとは、なんとも嬉しいです。
ミラノに越してきて1年。やっと落ち着いたので、これから、昔のとんでも話でも、ヒモをといていこうと思ってます。

いるものなのですね。「タンマ組」が。ゾンビおじいさん、笑いました。
姉も局所麻酔手術で、医者と看護婦の聞いてはならない会話が聞こえてきてしまい、恐ろしい思いをしたことがあるそうです。

ちょくちょく遊びに来てくださいね。
<< ニキビ とうとうゲット!Wii Fit! >>