カテゴリ:お教室( 97 )

帰国レッスン

1月半ばにドイツに渡り、月末にはシカゴに行って引っ越し準備。2月半ばにはシカゴを引き上げ、再びドイツへ。そして、娘の卒業式と、怒涛の日々を過ごしてました。

今回は、シカゴから一部日本へ荷物を送ったので、その受け取りのための帰国。

そんなわけで、いつもの帰国レッスンの準備ができませんでした(涙)

4月半ばまで滞在しているので、過去のリクエスト・レッスンのみ受け付けております。

リレッスンやレシピ付きお食事会など、興味のある方はご連絡くださいませ。
二人以上の場合は、グループレッスンとして行っております。

すずめ
[PR]
by suzume-no-oyado | 2016-03-03 17:59 | お教室 | Comments(0)

プルド・ポーク・サンドイッチ

f0095873_12212640.jpg


プルド・ポーク・サンドイッチ。正確にはプルド・ポーク・スライダーです。

スライダーとは、小さいサイズのバンズの事。前回もそうでしたが、バーガーが売ってないので、こちらも焼いてます。やはり小さいサイズのほうが食べやすかったです。

プルド・ポークは、スパイスをがっつりまぶした後一晩休ませ、4-5時間低温で焼きあげます。出来たてをスライスして食べるもよし。私はこれとビールでもう満足(笑)

皆様に一切れ二切れ焼き立てを食べてもらった後、プルド:引き裂いてBBQソースで和えます。それに、さっぱりタイプのコールスローを合わせてます。リンゴたっぷりがポイント。コールスローのドレッシングはマヨマヨしてなくて軽い仕上がりで、デイリーに食べてもらえてるようです。

スライダーと合わせたのは、冷めてもかりかりのフライド・ポテト。ジャンキーにケイジャンスパイス味で。あとは、ピクルスを添えて頂きます。

かぶりついて、食べてください!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-10-29 12:18 | お教室 | Comments(0)

カボチャのディップとホームメイド・クラッカー

f0095873_121739.jpg


今回の帰国のレッスンはすべて終了しました。
最後は、リレッスンでプルド・ポーク。3月のレッスンです。

遊びで焼いた全粒粉クラッカーがパリッとして美味しかったので、それを食べるため作ったカボチャのディップ。ほのかににんにくの香りとクリームチーズのコク、カボチャの甘みが美味しいディップです。

小さなガラスの器に絞ってみました。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-10-29 12:02 | お教室 | Comments(0)

ココアベリーのミニロール

f0095873_12543282.jpg


今月のレッスンがすべて終了!
皆様お疲れさまでした。

このミニロールは、レッスン前のウェルカムドリンクにお出しした焼き菓子。

富沢商店の冷凍ミックスベリーを、通常のジャムの半量の砂糖で煮て、酸っぱめにしたててます。これに、ごく普通のココアスポンジを薄く焼き、シロップを塗って、ベリージャムを薄く塗り、くるくるっと。

一口サイズなので、食べやすく、クリームを使ってないので、冷蔵庫で4,5日はOK。小さいので、持ち運びも楽で、便利なケーキです。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-09-27 12:55 | お教室 | Comments(0)

リレッスンのお知らせ プルドポーク

リレッスンのお知らせです。

10月6日(火)に、3月に行ったPulled Porkのレッスンをいたします。

スタータの芽キャベツのスープは材料の関係で変更となります。(未定)
メインは、アメリカ南部のプルドポークとコールスロー、サザン風フライドポテト
デザートは、ピーカンパイ

残席2名ございます。
ご質問、お申し込みはこちらまで。
cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-09-20 10:38 | お教室 | Comments(0)

今月のレッスン残席状況

毎日毎日、雨ですね。そろそろ青空が恋しくなってきてます。

さて、いよいよ今週末からレッスンが始ります。
レシピの調整もほぼ終わり、時間配分も大丈夫そうなので、一安心です。

現在の空席状況は以下の通りです。

9月13日(日) 残席2名
9月16日(水) 残席3名


ご質問、お申し込みはこちらから。cadelpassero@gmail.com

バジルの揚げパスタのサラダ
試作はほうれん草でしましたが、こちらもまた美味しい。
f0095873_12963.jpg

ホタテのソテーとキノコのリゾット
地味な取り合わせですが、バランスのいい一品です。シンプルなものほど、美味しさの差がでますからね。
f0095873_1285170.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-09-09 12:09 | お教室 | Comments(2)

国産ルバーブと仏産ルバーブ

今月のデザートのルバーブ・カスタード・パイの試作が終わりました。

一番心配したのが、日本でヨーロッパと同じようなルバーブが手に入るか?と言う事。

と言うもの、日本でルバーブを食べる機会が何度かあったものの、香りや味がルバーブらしいものに出会った事がなかったんです。

最近では、以前よりずっと簡単にルバーブが手に入るようになったので、そろそろレッスンでやろうかと思った次第。スーパーや特設マルシェなんかでも見かけたんですが、まずは手早くネットで注文。
f0095873_1523232.jpg

国産のそれはそれは、素晴らしく新鮮な色も鮮やかな真っ赤なルバーブが来ました。テンション上がりますね~。
が!みずみずしいのに、ぜんぜんルバーブの香りがしない。生を思わずかじってみても、酸味が足りない。不安に思いながら煮てみたのですが、案の定ぼやけた味です。「これは、ルバーブですよ」と言われて食べなければわからないかも?レベル。

ちょっと手を加えて、本来のルバーブの味に近づけてみたものの、「これがルバーブの美味しさです」って紹介する気になれず。

そこで、フランス産の冷凍ルバーブを注文。早速、袋を開けた途端、ルバーブ独特の良い香りが♪この時点で、フランス産の勝利だったんですが、兎に角煮てみる事に。

f0095873_1535979.jpg

色はこんな感じ。アメリカ産は、もう少し赤いです。

❤ ❤ ❤ 

色は淡くても、お味はぐっと濃く、ルバーブらしい緑っぽい爽やかな味がしっかりあります。これでレッスンで自信をもって紹介できます!
f0095873_1543665.jpg

それでも、国産の色鮮やかな赤い色も気になります。そこで、味を損ねない程度に国産の赤を混ぜて使ったのがこちら。
f0095873_1545385.jpg

少し華やかになります。

レッスンでは、こちらの色でやろうと思います。もう少しルバーブとクランブルを足してみましょうか。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-09-05 15:00 | お教室 | Comments(0)

9月のお料理教室のお知らせ

f0095873_10543025.jpg


あまりの暑さにうだっていたら8月に入っておりました。

とりあえず、9月の日程を決めなくては!と奮起致しております。

メニューは、夏の名残りをすこし感じられる秋の入り口のようなコースにしました。

f0095873_1058352.jpg

f0095873_10582186.jpg


スターターは、バジルパスタ2種:揚げパスタのサラダとトマトのペペロンチーノ
たっぷりのバジルを練り込んだパスタを使います。


メインは、ホタテのソテーとキノコのリゾット
アメリカ・セドナのホテルで食べたお料理です。シンプルな組み合わせなのに、とても上品にまとめ上げてありました。


デザートは、ルバーブ・カスタード・パイ
フレッシュなルバーブを使ったイギリスのパイです。(上部写真参照)だいぶ日本でも手に入りやすくなってきたので、そろそろ登場かな、と。ルバーブを煮方を一工夫。パイだけじゃなく色々と使えて楽しいですよー。

日程は、9月11日(金)、13日(日)、15日(火)、16日(水)、17日(木)を予定しておりますが、他の日程をご希望の方はお知らせください。出来る限り対応致します。

10月は第2週と第3週を予定しております。ご希望の日程がございましたらお知らせください。

お教室へのご質問、お申し込みはこちらのコメント欄(鍵コメ)かメールでお知らせください。
cadelpassero@gmail.com




[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-08-07 14:34 | お教室 | Comments(0)

春のお食事会、終了♪メニューまとめ

f0095873_13013798.jpg
楽しいお食事会が終了しました。

メニューは以下の通り。
f0095873_13015359.jpg
ストレーゲ(イタリアのフラット・ブレッド)と赤のサングリアで、スタート。
その後は、イタリアの辛口スプマンテを選びました。
f0095873_13554096.jpg
アンティパストは、赤パプリカのムース。
ふわっとプルンと仕上げたムースとジュレ。生クリームは控えめに、パプリカの甘さを楽しんで頂きました。
f0095873_13021200.jpg
プリモは、リクエストの新玉ねぎのラビオリ セージクリームソース。
セージの香りのクリームが、玉ねぎの甘さをひきたててくれます。
f0095873_13032753.jpg
少しクリームが続いたので、ビールのグラニテでお口直し。
f0095873_13590702.jpg
セコンドは、春のイタリアンローストポーク。根菜のローストと一緒に。
低温でじっくり焼きあげているので、とても柔らかくなってます。
f0095873_13041414.jpg
ドルチェは、チョコレート・バナナムース・ケーキ。斉藤美穂さんのレシピを参考に作ってます。
前日に作って、当日仕上げ。が!朝、とんでもない失敗に気がつきまして(涙)バナナの苦手な生徒さんがいたんですね~。もう、慌てました。これから、ラビオリを仕上げなくてはならないし、買い物してる暇ないし。で、家にあるもので、マロン・アイスクリームを急きょ仕込みました。やれやれ、です。まったく大ボケですよね。気をつけなくっちゃ!

コーヒータイムには、最近すっかりはまっている「プルーンの紅茶煮」をお出しして、仲間を増やしました。ほのかに香るアールグレイが、癖になる美味しさです。

レシピ付きお食事会ではありませんでしたが、褒められたのに気を良くして、ビールのグラニテとプルーンの紅茶煮のレシピはお持ち帰り頂きました。

皆様、楽しい時間を過ごしていただき、ありがとうございました。




[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-05-25 12:58 | お教室 | Comments(0)

春のお食事会

f0095873_13590702.jpg

春のお食事会が、いよいよ明日になりました。

お申し込みを頂いた方々は、古参の生徒さんたち。なので、今までのお教室でやったお料理は知り尽くしてます。さてさて、何を作りましょうか?

リクエストを頂いた「新玉ねぎのラビオリ セージクリームソース」を軸に、メニューを考えました。

全部のメニューは、後日アップしますね。

f0095873_13554096.jpg
こちらは、「赤パプリカのムース」 ふるふるのコンソメジュレを載せます。

トップの写真は、メインの「春のイタリアン・ローストポーク」
大好きな、「Stinco di Maiale(豚のすね肉)」と同じ下処理をし、低温調理法でじっくり火を入れました。ちょっとタケノコの季節を通り過ぎてしまいましたが、根菜のローストと出始めの白アスパラを添えて。

ちょっといい豚肉を買いに出かけてきます♪


[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-05-22 13:58 | お教室 | Comments(0)