「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

正直な視線

「あの子って、人の胸ばっかり見るのよね。」と、ある日長女がぼやいた。
あの子とは、同じ学年の女の子。

別に羨ましがられるようなのものを持っているわけではないと、我が娘。

「チラッチラッて見られると、すっごくイヤなの。」って、彼女。

なので、撃退法を教えてあげた。

「あ、見てるなって思ったらね、『胸になんか付いてる?』って聞いちゃうの。
そしたら、 見たのばれちゃったって思って大抵止めるわよ。」

この方法、確かに効いたらしい。

人の視線って正直。
何気に見ているつもりでも、意外と相手に分かるものである。
それと、目と目が合ってる時は何も感じないが、相手の視線が
自分の目以外に行ってると、フッ、と不安になる。

食事の後、相手の視線が口元に行くと、「あら?口の周りに何かついるかしら?」と、
思わず鏡を見てしまったりする。

私の場合、どんなに気を付けて飲み物を飲んでも、どう言う訳か口の横にひげが生える。
お子ちゃまでイヤになる。

以前、友人とシャンゼリゼのカルティエの前で、ウィンドウを眺めていたら、
彼女にオレンジジュースのひげを指摘され、すごく恥ずかしかったのを覚えている。

だって。

シャンゼリゼでしょ。 カルティエでしょ。
ひげ生やして見てるんじゃ、洒落になんないって。 ねぇ。

それでも、これは可愛い方である。

イギリス時代、冬のある日、近所のスーパーに行った。
車を駐車場に停めて、入り口に向かって、テクテク歩いていた。
すると、向こうから来る男性の視線が、かなりしたの方を見ている。
ん?
ちょっと気になったので、すれ違いざま思わず下のほうを見た。

自分のおなかを見て、あ然、、、!

チャコールグレーのキュロットスカートの前のファスナーが全開である!
しかも、この日は真っ赤なセーターを着ていた。
セーターはスカートの中に入れていたので、下っ腹から赤い色がバーンと覗いていて、
こりゃ、まいった!
いくらなんでも、コントラストがありすぎるって。

願わくば見られてしまった男性に二度と会いませんように。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-31 05:31 | 暮らし | Comments(2)

アサリじいさん

もうひとり、忘れてはならない人がいた。

あれは、3年前の夏の事。
姉とふたり、近所のスーパーへ買い物に出かけた。

「今晩、何にする?」
「何にしようか。」
と、何気ない会話をしてたら、アサリの特売を見つけた。

「アサリの酒蒸しが食べた―い。」と、即食らいついた。

なになに。
プラスティック容器に入るだけいれて、同じ値段ね。
よっしゃー!がんばって入れようねー、と姉と張り切る。

まだ入る、まだ入ると、がんばっている私たちの横で、奮闘しているじいさんを発見。

あれ?あれあれ? なんか、おかしい。

じいさんったら、がんばって入れてるのは良いけれど、
入れるたび反対側から落ちてるって。

ポロポロ ポロポロ。

でも、気がつかないじいさん。
どうして、一杯にならないんだろうって顔してる。

まるで、穴のあいたバケツに一所懸命砂を入れている子供のよう。

ポロポロ ポロポロ。

笑っちゃいけないのは分かってる。
でもね、人には限界と言うものがあってね。

姉とふたり顔を見合わせ、フッと鼻息が洩れた途端、耐え切れなくなった。
じいさんが見えないところまで、ダーッと必死で駆け込み、
おなかを抱えてヒーヒー笑った。

ごめんね、おじいさん。
今でも、思い出すたびフッと笑える私です。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-29 04:25 | 日本 | Comments(2)

毛抜男とマスカラ娘

こう長く日本を離れていると、かなり「浦島太郎」状態になってたりする。
新聞や雑誌、友人との会話で話では知っているが、実際に見た事の無いものもたくさんある。

ちょっと前だが、「やまんば化粧」がはやってった頃、帰国したにも拘わらず、
一度も出会わなかったのが残念でたまらなかった。

電車の車内が自宅化してて、化粧は勿論の事、お弁当を食べてたり、
着替えまでしてしまう人がいると言う。
前者2つまでは見たことがあるが、さすがに着替えまでは無い。
やっぱり話だけではつまらない、と電車に乗るたびキョロキョロするが出会えないでいる。

こう言うものは、キョロキョロしなくたって見れるものだと思った。

嬉しくなるほど、変わった彼を発見。

小田急線の藤沢に向かう車内の中。
ワイシャツを着た若い男がひとり、鏡で顔を見ている。

ふ~ん、男でもこんなとこで鏡を見たりするんだ―。
「おしゃれになったのね」、と思う反面、「バカか、おまえは!」、との思いが交差する。

と、そこで目が見開いた。

彼は鏡を見てるだけじゃなかった。
手には毛抜が握られ、プチプチと剃り残しのひげを抜いてるじゃあないか。
それも、丁寧に丁寧に。

駅に着く寸前に、彼は鏡をしまいこんだが、手には毛抜を持ったまま。
ホームに下りて歩き出したというのに、また,プチッ。

すごい奴だ。

私たちの時代には、枝毛を小さなはさみで切ってヒンシュクを買っていた娘たちがいた。
最近は、口紅を車内で塗っていたって、別に珍しくも無い。
化粧直しまでは許せるとしても、スッピン女性がおもむろに化粧ポーチを出して、
一から化粧を始めたのを見た時は、さすがにすごいと思った。

あと、マスカラ娘。
今の子は、一体何種類のマスカラを使ってるんだろう。
車内で30分はマスカラを塗っていた。
重ね塗りのスゴイコト。
私なんて、マスカラ一回買ったら1年近くはもつけど、あんな使い方してたら、
たまんないだろうな、なんて余計なお世話を考える。

あ、電車が揺れた。

思わずマスカラ娘を見たが、そんな揺れには動じず、涼しい顔で塗り塗り。

もっと電車が揺れて、思わずマスカラがおでこにベーッとついたら、
どんな顔するのかな、なんて期待してみたりする。

そんな意地悪な事を考えられてるとも知らず、マスカラ娘は準備完了。

残念、、、。

さて、次は何が見れるだろう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-28 15:09 | 日本 | Comments(0)

ロック・オン・セーヌ

昨日、長女がロック・オン・セーヌに行って来た。
昼過ぎに出かけ、お帰りは夜の12時。
好きとは言え、よくやるなー、と感心。

この、「ロック・オン・セーヌ」とは、野外ミュージック・コンサート。
丁度、私たちがパリに来た2002年から始まったイベント。
ブローニュからサン・クルー橋を渡った左手にある
サン・クルー公園(パーク・ド・サン・クルー)で8月末の2日間行なわれる。
公園内には屋外ステージが3つほどあり、超有名な人からチョイ売れの人まで
幅広く演奏をする。
午後2時から始まり、終わるのが夜11時ごろだって言うから、みんなすごい根性である。

今年は、8月25、26日に行なわれた。

夜の12時過ぎに車で迎えに行った。
今、何時?って思うほどの人の波。
家からだって歩こうと思ったら歩ける距離なので、そこら中に若者が歩いている。
一大イベントなんだな―って、改めて思う。

家に戻ってから、興奮冷めやらぬ娘が、買ったT-シャツを見せながら、
実は大変だったのよ、と話す。

目玉の超人気バンドを見ている最中に貧血になったと。
倒れちゃう、と思った彼女は救急所に行ったと言う。
幸い大事には至らなかったから良かったものの、倒れて踏まれたらどうするんだ。

そう言ったら、そんな事絶対無い、と彼女。

絵に描いたような、スシ詰め状態の会場。
後ろからは押されるし、いつ倒れてもおかしくない。
だから、みんなが一丸になって、互いに倒れないように支えあってるんですって。

そんなギューギューの中、直ぐ横で騒いでいた女性がいきなり意識を失った。
後ろにいた男性が倒れる前に彼女を支え、周りのみんなに呼びかけながら、
彼女はみんなの頭の上を通って、人ごみの外に運び込まれた。

「私も、体験しちゃったんだ、クラウド・サーフ。」と、嬉しそうに話す彼女。

横の女性が倒れた後、自分もこのままだと倒れちゃうと思った彼女は、
横の男性に外に出たいと頼んだ。
すると、前の人と同様に皆が声を掛け合い、彼女はヒョイっと頭上に持ち上げられ、
寝た状態でみんなの頭の上を泳ぐように運ばれたそう。

聞いた私は、そりゃ、すごいね、と。

運ばれた彼女より、そういう事を迷いも無く出来てしまう若者達に感心した。
そういうコンサートでは、当り前のことなんだそうだ。
日本でも、同じなんだろうか。

自分勝手なフランス人。
けっこう良いとこあるじゃない、と心がフワッと暖かくなった。

このコンサート、娘は一人で出かけていった。
コンサート友達は、全員自国へ帰ってしまったから仕方がないと、彼女。

夫が、よく一人で行くよなー、と言ったが、私も高校生の時、
一人でコンサートに行ったことがあった。
マイナー・バンドだったので、誰一人一緒に付き合ってくれる人がいなかったから。

夜10時過ぎ。
駅で迎えを待っていたら、知らないサラリーマンのおじさんに怒られた。
「こんな時間に学生が何やってんだ!」と。

すると、夫が、
「そこが日本の良いとこだったんだよな。」って。

ともすりゃ、「うるさいなー。余計なお世話だよっ。」と、思いがちだが、
こうした他人の厳しい目が行き届いていたから、安心だったのかも知れないね、昔は。
よその子供であろうと、気にかけてくれるおせっかいな人たちが一杯いたんだろうな。

最近よく起きてる小学生の事件。
古き良き日本の人間関係が薄れてきているって事なのかしらね。

なんか、淋しい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-27 14:52 | 暮らし | Comments(3)

セミ騒動

横浜みなとみらい赤レンガ倉庫。
こじゃれたお店が一杯。
BEER NEXT というレストランに行った。

氷山のライティングのある大きなテーブルに着く。
ウェイターのサービスもとっても丁寧。
横浜の地ビール、スプリングヴァレーを頼む。
地ビールと言うと、コクがありすぎて苦味が強いイメージを抱いていたけど、
いやいや、なかなか。
爽やかで、微かな甘味もあって、とっても飲みやすい。

お料理はたくさんの種類を食べたかったので、スターターから6,7品を注文。
「見掛け倒し」とか「アイデアは買うけどねー」と、すぐケチを付けたくなる私。

それがそれが。

プレゼンは勿論の事、シンプルな味なんだけどオリジナル性がいっぱい。
おかわりをしたくなるくらいに、全部美味しい。

今度はメインディッシュも頼んでみたいな。

大満足ホッコリ気分で、モノレールに乗る。

降りるひとつ前の駅で、騒ぎは起こった。
ドアが閉まる寸前に、セミが迷い込んだのだ。

キチガイのように鳴きながら飛んでいる。
長女とふたり、こっちに来ませんようにと祈ってたら、
ドア近くの若い女性の肩に停まった。

可哀想だけど、思わずホッ。

一見落着と思いきや、次の駅に着く寸前に彼女は耐え切れず、セミを肩から剥がし、
宙に放ってしまったのだ。

再び狂ったように飛びかうセミ。
案の定、こっちに向かってきた。
やだやだっ。頼むからあっちに行って―。
紙袋を持って構えてみた。

みんな声も出さずにかわしているのに、私達ったら。
我を忘れて、キャーキャー。
セミは迷う事無く、私にまっしぐら。
紙袋は役に立たず、持ってたバッグはふたつとも宙に舞った。

とりあえず向こうに行ったかと思ったら、舞い戻ってきて、
事もあろうに私の背中に張りついたっ!

ぅうわあぁぁ~~!!

娘とふたり、狂ったような大騒ぎにさすがのセミも逃げ出した。

駅に着いた。

ハッと我に返ったら、周りの乗客に大受け。

楽しませていただきました、と、品の良い年配の女性が声をかけてくださった。

笑われたのではなくて、笑わしたのなら。
ま、いいか。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-25 18:06 | 日本 | Comments(4)

まるまる美味しいニッポン

昨日、パリに戻ってきた。

爽やか、の一言。

これが、ヨーローッパの夏である。
でも、悲しいかな、夏はもう終わりなのかしら。
「8月、真夏」のイメージの日本人にとって、依然納得いかない数字との折り合い。

とは言え、侮ってはいけないヨーロッパの気象。
「10月、秋」のイメージの中、とんでもない夏日が戻ってきたりもするのだ。

3週間の日本滞在。
長いようで短い。
ゴロゴロするには短すぎて、毎日のお出かけには体力不足ってところ。
それと、資金不足かな。

楽しみは、食料品のお買い物。

いつもは小さな日本食の店で日本食の買い出し。
そりゃ、イギリスのド田舎の中華スーパーの日本食コーナーよりは、勿論マシ。

それが、大きなフロア一杯の日本食。
目がキラキラしてきてしまう。

野菜コーナーで、思わずクルっと回ってしまいたくなるほど嬉しい種類の多さ。
みずみずしさが違うのよ。
とっても高くて、家ではご馳走のカップラーメンも、なんてお手ごろ価格。
しかも、選ぶのに困ってしまうほどの種類。
思わず手が伸びたが、今日はコンビニのほかほか豚まんにしようっと。

アイソもコイソもなく、どーんと置いてあるフランスの肉屋と違って、
美しくスライスされた薄切りのお肉たち。
会いたかったよ、、、。

冷凍納豆しか食べれない海外生活。
冷凍でも変わりはしないと思っていたら、どっこい違ってた。
糸の伸びがしなやか。
あ~、切れて飛んで行ってしまったわ、なんてうっとりしていたら、
「糸、そんなに飛ばさないでよっ。その辺ネチョネチョになっちゃう。」と、お叱りの声。

帰国前見ていたドラマ「弁護士のくず」の影響か、さつま揚げが食べたい。
熱々をしょうが醤油につけて、ぱくっ。
はくはく。
し・あ・わ・せ。
しかも、こちらに戻ってくる前日にお会いした友人ソレイユさんから
産地直送さつま揚げをお土産で頂く。
タイミング良過ぎ。

やっぱり日本は美味しい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-24 14:45 | 暮らし | Comments(4)

セミの襲撃

セミに襲われた。

なんで、私なんだろう。
娘曰く、腕が木の幹のように見えるからだろうって。
そりゃ、あんまりだ。

詳しいことは、また後日。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-09 01:43 | 日本 | Comments(0)

どぼろ丼

ただ今、一時帰国中。

帰国した途端、梅雨が明けた。
すぐ暑くなるかと思ったら、さわやかな暑さが続いている。

パリで37度前後の猛暑の日々を過ごしていたから、なんか極楽。
久しぶりに、気持ちよく眠れた。

行きの飛行機の中でも、疲れていたせいかウトウト寝てばかりで、
楽しみにしていた映画も2本しか見れなかった。
すごく損した気分。

飛行機に乗って、最初に見るのは、機内食のメニューリスト。
「機内食、命」のこのわたくし。
どういうわけか、昔からそう。

トレーに乗っている食事がだ~い好き。
入院食まで好きって言ったら、友人が呆れてた。

和食にしようかな、洋食にしようかな、もうわくわく。
つられて娘たちも、嬉しそうに選んでいる。

次女が、「私、どぼろ丼にしよーっと。」
ん?なに?どぼろ丼?と、私と長女。
はっと、気がつき、「そぼろ丼」と言いなおしたが、もう遅い。

なーに?どぼろ丼?そうか、どぼろ丼。
ひゃひゃひゃ、どぼろ丼だって、とからかいう事、暫し。

ちょっとした間違いでドツボにはまることって良くある。

日本に到着したその夜は居酒屋へ。
やっぱりいいな~、居酒屋は。

まずは、ビールで、その後サワーを注文。
沢山の種類の中から、白桃おろしサワーを選ぶ。
「じゃ、しろももおろしをクダサイ。」
あっ、違う違う!と、間違いに気づいたが、後の祭り。
信じられない、しろももだって~って、かなり引っ張られた。
しつこいんだ、うちの家族は。(もちろん私もですが)

昨夜は、大好きな夜遊び。
高校時代の友人、ポポ手さんとリンダちゃんと、声が枯れるほど、お喋りをした。
やっぱりいいな~。 本音で話せる友達って。

今日で4日目。
次から次へと、食欲を満たしていったら、とうとう口内炎が出来始めた。

少しお休みしよう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-02 23:44 | 暮らし | Comments(5)

トロピカル・ホリデー VOL3

セーリングの講習を3回受けて、晴れて夫は海の男となった。
と言っても、一人での帆の操作は無理なので、家族全員で教わった。

どうしてだろう。
セーリングを含め海のスポーツって、ほんの少しリッチな気分にさせてくれる。

ささやかな錯覚。

この気分に酔いしれて、夫は残りの滞在期間中、毎日のように海に出ていた。

残念ながら彼は参加できなかったが、私たちはシュノーケリングを楽しんだ。

10分ほどボートで沖に出て、海の真っ只中で泳ぐ。
浅瀬には見かけない、魚がウヨウヨ。
体長50センチほどの、目の覚めるような青い熱帯魚は壮観。
長女は「運が良ければ見れる」と言うエイを見た。

調子よく楽しんでいたが、突然の波が空気の管にざんぶりこ。
海水を目一杯飲み込んで、かなり慌てる。
海水を吐き出し、息ができるはずなのに、ちっとも息ができない。
急に怖くなってきた。

だ、誰か助けて~。

とにかくボートまで必死に泳いだ。
スタッフに介抱されながら、自分の意外な一面に驚くやら情けないやら。
泳ぎは得意なほうだったのに、、、。

でも、せっかく来たからと海に戻ってみたものの、すっかりトラウマになってしまい、
ボートのそばから離れることが出来なかった。

娘たちはシュノーケルを着けたまま、ふかーく潜って魚と一緒に泳いでた。
いいな~。

最終日にはパーティーがあった。
食後、スタッフによるエンターテーメント。
歌に踊り、マジック等をお披露目。
何人かのお客さんがステージに呼ばれたりした。

バックストリート・ボーイズのコピーグループが歌ったり踊ったり。
私は、ほろ酔い加減で少しウトウト。
と、指を指される。 ステージに来いと。
は、は、ご冗談を、と丁寧にお断り。
なのに、司会者までマイクで名指し。
娘たちも面白がって、イケイケって。

エ~イ、どうにでもなれって、酔った勢いで一緒に踊っちゃった。
調子に乗って、手まで振ってる自分が。
恥はかき捨てよねっ。

表彰式が始まる。
スポーツ大会の優勝者とか、印象に残った人たちが○○賞として表彰。
で、どういう訳か「スター・ファミリー賞」なるものをいただいてしまった。
家族全員で協力してセーリングをしている様子が、とても微笑ましかったとの事。

実は、ボートの上で、「へったくそ!」とか「ボケー!」とか、
すごいバトルが繰り広げられてたのを、スタッフは知る由もない。

フィナーレは、な、なんと、慎吾ママの「オッハー」。
しかも、日本語。
結構、みんなノリノリでしたよ。

こうして翌日、楽しい楽園生活にさようなら。

土方焼けと魚に食われた痕は、お土産として持ち帰った。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-08-02 19:29 | 暮らし | Comments(4)