<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

欲しい言葉

只今、トム君滞在中。トム君とは次女のボーイフレンド。今回もイギリスからわざわざ娘に会いに来た。

何処で知り合ったか、といえば、ネットである。そういうと、かなり危ない響きがあるが、今の子にしてみると、いたって普通の事のようである。あ、今の子というより、うちの娘にとってなのかも、、、。

前回の明るいブログを書いた後、夫の心無い一言で簡単にドロドロ状態になった娘。私にしてみれば、どっちもどっちのけんかで、売り言葉に買い言葉。でも、キーワードを言っちゃった夫。

「そんなのしらねーよっ!」と、息巻く夫に、言い含めようったって無理。私は1年近く彼女の「鬱」に付き合って多少のノウハウは会得したつもりだが、初心者の夫が知る由も無い。

キーワードとは。過去を思い出させるような言葉。あと、いじめが多少なりとも彼女のせいのような言葉。

これを言われると、娘はドロドロになる。記憶と共に感情まで呼び起こされるのだと。
明るくはなってきたが、まだまだ紙一重なのね。

とは言え、今回のドロドロも1日で立ち直った。目を見張る早さである。やっぱり明るい兆し。

数日後、「脱ヒッキー宣言」をした娘。

「別にね、したくてヒッキーしてたわけじゃないもの。出かけたくたって、出かける相手がいなかっただけだもん。」と。

今はそうは仰るが、あの頃は、美味しい餌をぶら下げたって、家から出て行く元気が無かったじゃないか。「喉もと過ぎれば、なんとやら」である。

夫といえば、娘とのケンカの後、「俺は絶対謝らないからなっ!」と言っていた。その割には、次の日に娘にちょっかい出していたのは誰でしたっけ?

娘も娘で、自分の言ったことは棚に上げ、夫に言われた事だけ根に持っていた。「ダディーが誤らなければ許さない」とまで言っていたが、これまた、新しい携帯電話で釣られていた。

なんなんだ、君たちはっ!

これまた、昔からそう。夫はどんなに自分が悪くても謝らない。その代わり、悪いと思っている時は、その後の気の使いが可愛いくらい。

今回、果たして娘にそれが伝わったのだろうか?

でも、夫。分かってはいるけど、「ごめん」の一言が欲しい時もあるのよね。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-08-22 23:45 | 暮らし | Comments(4)

マルシェ・デビュー

300個の箱に押しつぶされそうな日々にさようなら。
と、やっと落ち着き始めた今日この頃である。

とはいえ、部屋の隅々には、まだ行き場の無い荷物たちが右往左往しているのを見てみない振りしているのも事実。まぁ、ゆっくりと、と思っているが、1年後もゴロゴロしていたらどうしよう。ありえない話でないのが恐いっ!

イギリスのド田舎からパリ郊外、そして今回はミラノ市内とだんだんシティー・ギャルになっていくもとギャル。

スーパーは歩いて10分以内、車で3分ほど。たいていのものは手に入るが、ハーブの種類が少ない事と白菜が無いのがたまにキズ。あとは、まだ、訳の分からない野菜たちがひしめいているので、それは徐々に試して行こう。

嬉しいのは、マルシェが歩いて5分の所に木曜日と土曜日に立つ。
前回、ちょっと見学とトフィーと一緒に土曜市をウロウロしてみた。ヴェルサイユの大市場もビックリするくらいの店の数!もう、ワクワク。ああ、お財布もって来ればよかった、と後悔。
とある八百屋の前を通り過ぎようとしたら、おっさんが景気よく話し掛けてきた。「あ、イタリア語は分からないんです」と申し訳なさそうに言ったら、あからさまに「なんだ!」って顔され、その上、手でシッシッと追いやられてしまった。

くぅ~! ぐやじぃ~! 

いいもんねっ!次来たって、いつ来たって、あんたの店じゃぁ、絶対買わねー!!

と、硬い決心。 うん。

そこで、今日は初マルシェ。トロリー、コロコロさせて行って来た。

目指すは魚屋。おっ!いいアジがある。たたきにいいかも、、、。
今日の収穫。ぷりぷりタコ一匹。アサリ一袋。アジ、5匹。

あとは、幾つかの八百屋でひとつずつ買い、どの八百屋が感じが良いかをチェック。
これって、とっても大事。だって、いくら物がよくたって、気持ちよく買えなきゃ嫌だもの。
いるのよ。言葉が出来ないと、途端に態度の悪い奴って。

家に帰って、下拵え。
こんな日は、朝から元気がいい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-08-09 18:53 | 暮らし | Comments(2)

パリ 最後のお教室

f0095873_2147299.jpg


引越し準備も中盤を迎えた頃に、やり残した「フルーツ・タルト」のレッスンをした。
箱がゴロゴロする中、生徒さんをお迎えした。

「すみません、お忙しいなか」と仰ってくださったが、こちらこそ「こんなむさくるしいところで、失礼します」って感じ。

なにはともあれ、準備の時間も無かったので、「本当にタルトだけのレッスンです」とは言ったものの、タルト生地を焼いている間や冷やす間と、けっこう時間があった。

ぼぅっと立ち話も何ナノで、やっぱり何か作りましょう、と。
まさか、昼時にフルーツ・タルトだけ食べるっていうのもねぇ。

そんな事もあろうかと、前日に自家製ドライ・トマトを作っておいた。う~ん、これってなんて呼んだ方が良いのか、いつも迷ってしまうのだけど、見かけはトマト・コンフィの方に似ている。

ディルとオリーブオイルとガーリックをフードプロセッサーにかけ、ドロドロ緑のソースを作る。鉄板にクッキング・ペーパーを敷き、ミニ・トマトを半分に切ったものを並べ、ドロソースを塗り、そのまた上にペーパーをのせて、200度のオーブンで30分ほど。150度に温度を下げ、トマトがキャラメライズするまで焼く。後は冷めるまでオーブンでお休み。

これをビンに詰め、冷蔵庫で2週間ほどは保存できる。
そのままでも美味しいけれど、サラダにサーディンのオイル焼きと一緒にと結構使い勝手がいい。
f0095873_2148794.jpg
今日は、これとタプナードを一緒のカナッペを。
このタプナードは、リッツ出身。タプナード自体、そうたくさんの材料ではないので、どのレシピも手作りなら美味しいと思うが、これは、1度食べたら止められなくなった。

作り方はいたって簡単。黒オリーブとオリーブオイル、アンチョビ、ガーリック、フレッシュ・タイムをフードプロセッサーに入れて、ガーッ!とまわすだけ。そ、たったそれだけ。これを、バターを塗った薄切りバゲットにのせ、その上に上記のトマトとバジルの葉っぱ。

肝心のフルーツ・タルトは千葉好男先生からの直伝。
友人のソレイユさんも確かこのレシピで作られている筈。彼女のフルーツのプレゼンはとにかくステキ。

タルト生地には、粉はもちろん、バター、生クリーム、レモンの皮、卵、バニラエッセンス、ベーキングパウダーと、盛りだくさん。香り豊かな生地である。

生地をタルトケースに敷き詰め、そこにアーモンド・クリームを入れてしっかりと焼く。
熱いうちにたっぷりのキルシ酒をふりかける。冷めたら、キルシュの香りたっぷりのクレーム・パティシエール(カスタード)をのせて、フルーツを飾り、あんずのパナッシュを塗って出来上がり。

最後なので、ちょっといいシャンペンにラズベリーを浮かべて、かんぱ~い!
タプナードのカナッペを一緒に。
f0095873_21482775.jpg
ランチは、ジャッキーポテトのベイクドビーンズとチーズのトッピング。それに、ロケットとインゲンの胡麻和えサラダを添えて。

ジャッキーポテト。正確にはジャケット・ポテト。石焼ジャガイモである。
イギリスのパブには絶対あるメニュー。
カリカリに焼いた皮をナイフで十字に切り、中をすこーしマッシュにしてから、お好みのトッピングをかける。今日のトッピングの他に、コールスロー、カレー、シーフードソース、チリコンカーニなどなど。街には屋台も出ていて、パブよりこっちの方が好きだった。

ジャガイモが、おめかしして登場って感じ。
今日は、時間がなかったので、キッチンペーパーでチンしてから、仕上げにオーブンで焼き上げたけれど、時間はあるが手が離せないとき、とりあえずオーブンに潜ませておけば、ホコホコのジャキポテの出来上がり。

今日の写真も上田さんからの提供。前回も前々回もご協力をいただいた。
ありがとうございました。

今度は日本で、お教室が出来たらいいな。皆さん、またお会いしたいですねー。

ありがとうございました。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-08-07 21:42 | お料理 | Comments(8)

私はメイド?

引越しから1週間ちょっと。300近くあった箱は、とりあえず開けた。
日本にいる夫にそれを伝えたら、「じゃ、もう片付いたんだ!」と弾んだ声。

んなわけないだろー!!

それでも、ちょっと目途が立ったので、少しリラックスしてきた。
パリは相変わらずパッとしない天気が続いているようだが、ここミラノは雲ひとつない
バカっぱれ。夜も寝苦しく、引っ越して以来まともに眠れてない私は、昨日とうとうダウン!朝起きたら、力が入らずヘロヘロ。
このアパートで一番嫌いな朝一番のシャッター開けもままならず。そう、このシャッター、
天井が高いので窓も大きく、その上木製の重たいシャッターなので、まだ引っ越して間もないというのに、私の二の腕は前にもまして逞しくなって来ている。
つい先日、娘にも指摘され、分かっているだけにちょっとムカツイタ。

安室奈美恵の曲じゃないが、毎日四角い空を眺めている私。
出かけるといえば、せいぜい近所のスーパーと朝晩のトフィーの散歩で近所をぷらぷら。
「ああ!ミラノに来たんだわっ!」と、はつらつとした思いは、今いずこ。
その上、この辺のメイドは皆アジア系。なので、私がトフィーを連れていると、
「メイドが犬を散歩させている」と思われているよう。いや、ぜったい思われてるって。

ああ、なんだか、空しい、、、。

入れ違いでミラノからパリに赴任した友人Sさんは、すこーしホーム・シック気味。
そういう私も、そうかもしれない。慣れている土地のほうが、最初はどうしてもよく
思えてしまうもの。

何事にも助走はつきもの。早くマイペースで進みたいものである。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-08-01 02:00 | 暮らし | Comments(10)