<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

愛してるよ

イタリア語のレベルがひとつ終了。
楽しかったメンバーが、今回は2人も抜ける。

始めた頃のグループは、殆んどが女性。しかも、駐在組の奥さんとボーイフレンドにくっついてきちゃった彼女。比較的年齢が高かったので、当時2人いた若い僕たちには気の毒で仕方なかった。だって、他のクラスには、ピッチピッチの若い娘達がたくさんいたから。みんなで、「運が悪かったね」って慰めたっけ。

今回のクラスは、男女半々くらい。

恐ろしく美人でスタイル抜群のドイツ人のイボンヌ。イタリア人の彼と暮らしている。
顔もよくて、性格もいいなんて。何て世の中不公平。

ヨーク出身のイギリス人のウェンディー。彼女もイタリア人の彼を追いかけてきた。
ホリデー先で出会って、恋に落ちたという。2年の遠距離恋愛を経て今に至った。
フルート奏者の彼女。一見神経質そうだが、ちょっと抜けてて、とってもフレンドリー。

北京出身のジョイス。
グッチに勤めたいが為に、イタリア語を習い本国に帰るという。
開けっぴろげな性格で、けたけたよく笑う。本国で待つ彼が日本大好きで、かなり偏った日本を知っている。

先日、私を含めてこの4人で、「桃色話」に花を咲かせた。

初体験やら父親の年頃の娘に対する極端な態度とか、いろいろ。

家族でテレビを見ていて、ラブシーンがあると、わざとらしく娘に話し掛ける父親。

「だって、いきなり椅子をくるっと回して、『今日は、一体何をやったのか言ってごらん』って言うのよ。あんまり白々しいから可笑しくって。だから、ラブシーンが終わった頃に、『ねぇダディー、もう終わったよ』って言ったら『え?ああ、見そこなったなー』だって。笑っちゃうよね。」

これは、イボンヌとウェンディーのお話。

中国では、結婚前に処女じゃないって分かると、破談になる事があるとジョイス。
かなり保守的なのね。

「だから私、今の彼ともし結婚しなかったらやばいかもねー」って、ケタケタ笑った。

そんな彼女が、「ねぇ、日本人の若い子って、あの手の演技がすごくうまいよね」って。

あの手って何の手? え?アダルトビデオですか。 
「えっ?あなた、それ彼と見てるの?」ってみんなが突っ込み。
「うん、時々ね。だって、彼が好きなんだもの」って。

2人で日本のAVを見るという。 

って、そんなので日本の女の子の標準を作るなって!!

私がいる間だけでも、彼女を教育せねば!と誓った日。

しかし、、、この年をして、桃色話をするとは思わなかった。

後のメンバーは、やはり北京出身の男の子、リー。
一見、いや中身もそうなのかもしれないが、典型的なオタクタイプ。
「あんまり喋りたくない」との第一印象だったが、話してみると、なんかイイ。
ホワッと優しい感じ。落ち着いて話していられる。

もうひとりの中国系。台湾からの男の子、チェン。
ちょっとトリガラ系。けっこうおしゃれに気を使ってる感じだけど、なんかはずしてる。
でも、未だ何を喋っているのか分からないのがたまにキズ。でも、喋らない奴を喋らそうとしているマニアックな自分を発見。

喋れよ、チェーン!

今回、抜けてしまう人のひとり。メキシコ人のルイス。28歳の男性。
大柄な彼はいつも穏やか。

もうひとりは、スイス人のジョルジョ。
単身赴任でミラノに来た。来月から仕事が始まるので、その前に語学研修。
スイスに奥さんと子供3人を残してきた。そして来月4人目が生まれると言う、けっこう家事の得意なお父さん。

このジョルジョ。存在感抜群。なんとも楽しいおっさんであった。
授業中、女性2人の会話文を読む時、普通に読む彼に「ジョルジョ、これ女性だよ。声変えなきゃ」ってみんなでリクエスト。すると彼は最初から最後まで裏声で女性になりきって読んでくれた。クラス全員おなかを抱えて笑った。

そんな彼ともお別れ。最後に「一緒で楽しかったわ。仕事がんばってね」と別れの挨拶。
「貴方も、ミラノ生活エンジョイしてね」って。

顔を近づけてきたので、お別れのキスかと思ったら、耳元でささやかれた。

愛してるよ

ひゃーひゃっひゃっひゃっ!もう大笑いである。
なんで、なんでそんな日本語知っているの?

夫にだって、そんなに甘くささやかれた事ないのに。
冗談だと分かっていても、なにやら嬉しかった。

グラッチェ・ミーレ! 楽しい時をありがとう!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-03-30 01:04 | 暮らし | Comments(4)

春はもうすぐ

なかなか更新できないでいるブログ。
何も起こらないから書けないと言う訳ではなく、落ち着いて座れる時間が見つけられないでいるだけなのだが、、、。

ミラノ生活が始まってから、ブログ以上に手を抜いているのがお料理。
そういや、昔だれかお料理を教えていたような、、、ぐらいに遠い昔に感じられるあの充実した日々。いやいや、今が充実していないわけではないが、相変わらずイタリア語に振り回されているさえない日々。

とは言え、習い始めて5ヶ月。途中、パリや日本を行ったり来たりで、正味3ヶ月半といったところ。休みを取るたびに、落ちこぼれになっていく自分に嫌気が刺した。

そんな自分を励ましながら、何とか投げ出さずにいた。なんて、カッコイイことを言っては見たが、なんて事はない、全額払ってしまっているので、もったいなくて止められなかっただけなんだけど。

日本から帰って来てから、クラスをひとつ下げた。そしたら、これが大正解。
落ちこぼれの劣等感からやっとおさらば。自分より出来ない人がいるだけで、こんなにリラックスできるものかと、改めて納得。

ありがとう、君たち!

それだけでなく、なんとも楽しいクラスで、授業が終わると、みんなでお昼に繰り出す。
つたないイタリア語(特に私)で、2、3時間はずっとおしゃべり。
これが、とってもいい練習になって、へたくそながらヘラヘラ喋っている今日この頃。

語学は、やっぱり慣れと度胸だと痛感。
心臓に毛が生えてるもん勝ちだ。

めっきり春らしくなってきたミラノ。 私にも少しおすそ分け。

あと少しで、自由になれるかな。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-03-28 03:49 | 暮らし | Comments(9)

世の中いろいろ

日本から帰ってきて1週間ちょっと。やっと体調が戻ってきた。

毎日3時4時に目覚め、超短時間睡眠でも、踏ん張って学校に通っていたが、3日でダウン。木から日曜日まで寝るだけ寝たら、さすがにスッキリした。今までは数日で時差ぼけも解消するのに、こんなに長引くとは。
やっぱりよる年波にはかなわないのかしら、、、。くすん。

今回の日本滞在。
いつもながら、若い女の子の喋り方にウンザリ。
入ったカフェのウェイトレスを見て、
娘が「ああいう喋りをしなきゃいけないの?」と素朴な疑問。
いえいえ、そういうわけじゃないんですよ。ま、そう思っても仕方がないか。
何処でも、判を押したように、べったりとした話し方だものね。
「お願いだから、貴方はしないでよね」とお願いする。

そういう私。行く先々で、店員の口真似をして楽しんだ。
「お客さまぁ~~」。ああ、若いから許されるのかもしれない。
本当にやったら、首をしめられそうだ。

以前から知ってはいたが、今回、ちょっと目に付いた事があった。
何処にでもいるバカップル。彼女のカバンを持ってあげている彼。

それって、なんか変だって。

大きなカバンを持ってあげているのならともかく、大抵小指でも持てそうな小さなブランドバッグを男が持ってあげている。その横を、腕をプラプラさせながら、歩く女。

そりゃ、勝手といっちゃ勝手でしょう。いらぬお世話のお節介。
分かっちゃいるが、許せない。

落ち着け、わたし。

って訳で、いらぬ所に目が行っていた日本。
ミラノに帰ってきて、また変なものを見た。

トラムで前に座った男性。なんか変。

うなじにツムジがくるっと。
えっ?まさか。うなじにツムジなんて、と思いながらじっくり観察。
結果、どう見てもあれはツムジ。

世の中、変わった人がいるから楽しいのかも。

またひとつ、色が塗れた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-03-19 03:09 | 暮らし | Comments(2)

長く短い3週間

こんなに長くブログをお休みしたのは初めて。
ご無沙汰です。

実は、日本に一時帰国。3週間の予定で、今回はゆっくりできるかな?との淡い期待もなんのその。バタバタと駆け抜け、ホッと一息入れたのは、ミラノに買える2日前。
一体どうしてこんなに忙しかったのか??皆目分からない。

長いジプシー生活に終止符か?!と思ったのが2年前。
会社から「2年後には帰国」を匂わされ、慌てて探したマンション。
気がつけば、夫もいい年となり、「買うなら今しかなーい!」ともうダッシュ。でもダッシュしたのは夫だけで、それに振り回された妻は息切れ切れだった。
ああ、あれは今思い返しても大変だったっけ。

人気のマンションは抽選と言うあたり前の事実も知らず、決めては、落ち、決め手は、落ちを繰り返した。こんな事やっていて、ほんとに買えるんだろうか?といらだっていたが、夏から始めた「マンション買うぞ大作戦」は、年明け前に終わりを告げた。

結果、今まで見てきたマンションで1番間取りが気に入ったものに見事当選!!
2年後に完成、そして帰国、タイムリーな新築マンションに入居。

となる筈だった。

なんで、今ミラノにいるんだろう??? 会社のうそつきー!
そう、うまくは行かないのが人生だものね。しかたがない、、、。

で、今回、めでたく待望の鍵の引渡しと相成ったわけである。

「新築マンション、住まないなら誰かに貸すの?」と誰それと聞かれたが、まッさらなマンションを人に貸すわけがないじゃぁございませんか。一時帰国した時のスイートホームに決まってますって。やっと手に入れた我家です。

一通りの電化製品、ベッド、ソファ、テーブルと、とりあえず暮らせるように。
そんなのすぐ終わると思っていたら、案外時間が掛かるもの。諸々の手続はもちろんの事、何やかやと、次から次へとでてくる雑用。

帰国してから1週間ちょっとで、晴れて新居へ移動。(それまでは姉の家にどっぷりお世話になっていた)新しい街の生活に慣れるべく、買い物がてらウロウロウロウロ。

何が嬉しかったかって。
歩いて2分のところにTUTAYAが。そして、5分以内にマッサージを受けられる所が2箇所も。万年肩こりの私にはなんて朗報。ええ、行きましたとも。ふたつとも。
トロンとするくらい気持ちよく揉み解された首肩背中なのに、今は嘘のようにまたガチガチに。ミラノに支店を出してくれないだろうか?たってのお願いである。

木造の一軒家に比べて、かなり温かなマンション暮らし。って事は、夏はその分暑いのかも知れないが。

ミラノに帰る朝、6時に起床。すると海側からオレンジ色の光が。
知らなかった。日の出が見られるんだ。

なんだか、すごく得した気分。

でも、日の出を見ると、つい手を合わせたくなってしまうのは私だけだろうか?
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-03-14 20:54 | 暮らし | Comments(11)