<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパのひょう

7月の初めの頃、ミラノはお天気が不安定だった。

日中はカンカン照りだったのに、夜になると急に天気が悪くなる。日本の夕立ともまた違って、にわかに風が出てきて、数十分後には大木がしなるほどの台風並みの風力。そして、雨。

雨ったって、イギリスのダウン・ポーのように、上から下へザーッと降るタイプではなく、横殴りの雨である。

す・ご・い の一言。

次の朝には直径20センチ以上もあるような枝が路面に落ちている状態。ほんとにすごい。
あの頃は、これが毎日のように続いていた。

このところ、安定していたな、と思っていたら、夕べ久々。

今回は雨ではなく、ひょう。

日本ではあられはあってもひょうが降るなんてめったに無かったが、ヨーローッパ、少なくともイギリス・パリ・イタリアではひょうはよく降る。

イギリスに住み始めた頃は、あまりによく振るので、振るたび珍しくって、子供のように「ひょうだ~!」とはしゃいだものである。って、実は今もちょっとわくわくする。

だって、氷の粒が、ザラザラ、バラバラ降ってくるのだから、なんとも不思議。

ひょうが振るときの空の色は特別。真っ黒な雨雲なんだけど、妙に赤っぽい。
「あ、ひょうが振りそうな雲」と思うと、たいていそう。いまや、スペシャリストである。

ひょうはパラパラ降るのではなく、大抵バラバラすごい勢い。
数分で地面が真っ白になるほど。
でも、1時間も2時間も振るわけではなく、長くて数十分。

大きさは、大抵米粒大(経験上)で、大きくてもグリンピースくらいがせいぜい。でも、聞くところによると、ゴルフボール位のも降ったことがあるそうだ。それが、空から隕石の如く叩きつけるように振るのだから、痛いを通り越して、けがをしてしまうだろう。
車が凹んだとも言っていた。

夕べは、自己過去最大級。3センチほどもあろうかと。
バラバラの音もパワーアップされていて、それはそれはダイナミック。

ひょうはバラバラ、ついでに雷もバリバリ、ピカピカで、恐いと言っちゃ恐かったが、あまりのすごさにペランダでしばしワクワクしていた私であった。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-31 17:36 | 暮らし | Comments(2)

君はボクのおしぼり

スコットランドから里帰りしていた次女が明日帰る。
帰ってくる前は、かなりホームシックになっていたようだが、今は早く帰りたがっている。
それもそのはず。
ミラノでは遊ぶ相手がいないので、9日間、時間をもてあましてしまったよう。
会いたかった家族に会い、食べたい物も食べてしまったら、ホームシックは寸時にすっ飛び、数日前から「もう帰りたいなー」だって。現金なものである。

そんなものなんでしょうね。ちょっと寂しい気もしたが、考えてみたら自分もそう。

結婚したあと、実家に戻って羽を伸ばしたのも束の間、以前住んでいたにも拘わらず、落ち着かなくなってくる。ワガママも言えていいはずなのに、やっぱり自分の家じゃなくなってしまった。

同じなんだろう。

その次女から、なんともカワイイ話が。

イギリス人のボーイフレンドが、最近日本語に興味を持ち、勉強し始めたと言う。
最初は単語だけだったのが、今は文章で話せるようになってきたと。

「ダーリンは外国人」のダーリン事トニーは「華」と言う漢字に感激したと言う。
こんなに美しい字はないそうだ。

私たちが普段特に感じない事を、文化の違う方々は新鮮に捉えられるのだろう。

で、次女の彼が今1番好きな言葉が「おしぼり」。
え?なんで「おしぼり」? なんだかサウンドがかわいいんだそうだ。 

最近デートの度に彼は彼女にささやく。

ボクの可愛いおしぼり、と。

言われてもちっとも嬉しくない、と次女はぼやいていた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-30 06:51 | 暮らし | Comments(0)

問題外??

先週あたりから、朝晩の温度が下がり、かなり過ごしやすくなっているミラノ。
日中も30度を切ると、急に気持ちのいい暑さになる。
甘さも暑さも、ホドホドがよろしい。

先週から、スコットランドから里帰りしている次女。
帰ってくる前に電話で「これからは、マミーのお手伝いをするからね」と、ちょっとばかり、可愛い事を言っていた。

「はいはい」と、半ば信用しないでいたが、こちょこちょとよく動いて手伝ってくれた最初の2日間。

で。 それっきりだった。 こんなもんか、、、。

あとは、でれーっとテレビを見て、「ご飯よー」と呼ぶと、少し遅れて席につく。食べ終われば、「続きが、、、」と言って、去っていく。

ふん。結局、以前と一緒じゃないか。 人間そうそうすぐに変われるもんじゃない。

来週、次女がスコットランドに戻った後、今度は、私と夫が日本へ里帰り。
私はもとより、夫がかなり楽しみにしている。

それもそのはず、待望の我家にやっと住めるから。
2月に住めるようになったマンション。鍵の引渡しと3ヶ月点検と、両方とも私ひとりで行なった。その度、甥っ子や姉が泊りに来ているのに、購入した本人はお預け状態。

やっと、である。

今から、色々とプランを練っているが、その中に忘れちゃいけない事がある。

「カラダ・ファクトリー」

もうぞっこんお気に入りの整体のお店。 自宅から歩いて5分と言う嬉しい近さ。

若い時からの筋金入りの肩こり。今や肩のみならず、全身ガチガチ。
なので、これまで試したお店は数知れず。
その私が、惚れこんだのが、この「カラダ・ファクトリー」。

前回帰国した時、姉とふたりで行ってみた。私以上にガチガチ身体の姉も気に入った。
このお店を始めた方は、「骨盤ダイエット」なるものを発案(?)した方。

マッサージも気持ちがいいが、ここは整体なので、先ずは治療。そして、最後の15分をマーッサージ専門の先生がじっくりしてくれる。

いつもなら、「もう終わり?」と思うところが、納得して終われる。
今回は、夫とふたり通う予定。

その「カラダ・ファクトリー」で前回、初体験をしたリフレキソロジー。
足だけで満足できるのかしら?と思っていたら、けっこうイケル。

その時に、ちょっとショックな事を発見。

小さい頃から「棒足」と言われ、足首がはっきりしない文字通り「棒」の足だったので「O脚」とは無縁だと思っていた。

が、実はそうだった。

半信半疑で、先生の言うように、つま先をそろえ、膝をくっつけて立ったら、ふくらはぎの間に隙間ができた。綺麗な足なら、そこもくっつくのだそうだ。

「O脚」は、靴の外側も減ると聞いて、また納得。体重が外にかかるので、足への負担もでてくるのだと。

そこで「O脚」矯正エクソサイズも教えていただいた。

普段から、「女性のO脚」を見るたび、「どんな美人でも、脚がO脚だったりすると、台無しだよなー」て、かなり言いたい放題だった夫。

ミラノに帰ってから夫にその話をした時に、彼も言われたように立ってみた。

「なになに、つま先を揃えて立ち、、、で、膝をくっつけて、、、」で、愕然とした。

問題のその次のふくらはぎに行き着く前に、奴は膝がくっつかない!
くっつくどころか、こぶしがふたつ入りそうなほど離れている。

こりゃ、O脚とかO脚じゃないとかの問題じゃないじゃない。

自分の脚があんなに曲がってるんじゃ、女の脚をどうこう言える身分じゃないって。

鏡の前で、「信じられねー」って顔した夫が立ちすくんでいた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-26 21:34 | 暮らし | Comments(0)

便利な機能?

人によって年齢や症状も違うとされている更年期。
他人事のように思っていたが、そろそろなのか、、、。

そんなことを言うと、「え~!でも、ちょっと早いんじゃない?」と言われることがあるが、そうでもないんじゃないか。

数ヶ月前、不眠の為、医者に会った時、「もしかして、、、」と思い、その他の症状、のぼせや動悸のようなものがあると言ったら、「あ~、そうかもしれませんね。」と、血液検査を勧められた。

「因みに、お母様はいつ頃でした?」と聞かれて、ちょっと困った。

母とそんな話をしたことが無かった。今したくてもいないし、、、。
で、なんとなく思い出してみると、なんだか母も50前だったような、、、??

じゃ、同じくらいだ。 

早いとはいっても、ありえる年代。知り合いに35くらいで迎えた人がいる。
20代後半で閉経を迎えた話も聞いたことがある。
それに比べたら、普通。

今困っているのは「のぼせ」。

だって、涼しかった時は、明らかに突然ポッポし始めて、「来た来た」って分かったけど、こう暑けりゃ、世間が暑いのか、自分が暑いのか、わけわからない。

それでもこの頃は、「じんわり汗が出てくる」のとは違い、いきなり、ぶわっと汗が噴いてくるので、さすがに分かってきたけれど。

考えてみると、これって「セルフ・サウナ」。
わざわざ、サウナに行って汗をかかなくても、何処でも何時でも汗がかける。

「ちょっと痩せるかも、、、?」と、ひそかな期待。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-16 14:35 | 暮らし | Comments(2)

連日猛暑

バテてます。    暑いです。   毎日30度を越えてます。

眠れません。 

クーラーがついている寝室は夫にあけ渡してしまったという、今にして思えば痛恨の失敗。でも、クーラーが効いている部屋では、これまたやっぱり眠れないという損なタイプ。

不眠は今に始まった事ではないので、「またか」と思うだけで、不眠ビギナーだった頃にあった「焦り」-眠れなくてどうしようーは、エキスパートの今となっては感じなくなってきている。

いいのか、わるいのか。

とはいえ。 さすがに、こう続くと体力の限界でダウンした水曜日。

木曜日と金曜日は、パリ時代の友人Aちゃんがバルセロナから遊びに来ていて、久しぶりにおしゃべりに花を咲かせた。

あっという間に過ぎた2日間。疲れていた筈なのに、なぜか、かえって元気まんまん。
気の置けない友人との会話は、元気の素になるって事だ。

今週は、夫が出張でいない。 
ひとりだし、暑いし、作る気しないし、食べたくないし。

でも、こんなことしていたら、また夏バテになっちゃうし。
そんなんで、朝マルシェに行って、しこたま買い込み、今日中に作りおき。
これなら、何日かは生き延びられるだろう。

7月1日から、研究所で研修を始めた長女に連絡。
いつも元気だからって、ついつい、あんまり構わないでいた。そうしたら、それに対して恨みつらみを言われた前回の里帰り。
なので、「あ、忘れてた!」では、すまないように心して連絡している。

強い子ほど、内に溜め込む傾向があることに、今更ながら気がついた。

片や、やっと生活が落ち着いたスコットランドの次女。
早くも、日本食に餓えている。ロンドンと違って、かなり不足している模様。

心の壁を塗るように、厚くなっていった化粧。
今、殆んど素に近いという。

自分が自分でいられる場所を見つけた、ということなのか。

その彼女が月末に帰ってくる。

どれくらい変わったか、半分くらい楽しみにしておこう。経験上。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-07-06 01:38 | 暮らし | Comments(10)