<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なんでも証拠

パリからミラノに引っ越してきて、はや1年。 

ああ、本当に早かった!こんなスピードで1年が過ぎてしまったら、あっという間におばあさんになってしまうじゃないか。 うう、考えたくない、、、。

そう、1年経ったというのに、いまだフランス・ガスから請求書が届く。

去年の7月に解約手続を引越し屋さんに代行していただいた。

プロの彼らがそれをしていない何て事は考えられない。
しかも、日本人だし。(これ大事なんです)

最初のおとぼけインボイスがミラノに届いたのは、去年の11月。
引越し屋さんに連絡して、引越し証明(エタ・ド・リュー)を送って、再度解約手続。

これで大丈夫と思っていたら、今度は5月に2回目のおとぼけインボイス。

オイオイ、、と呆れながら、またもや引越し屋に連絡をし、事情を聞いてもらったら、以前送ったはずのエタ・ド・リューが届いていないと言う。あきれた言い訳。

この手は何処でも使われるので(役所でもやられた!)、やれやれまたか、程度の呆れ。
そこで、再度送ったところ、やっとガス屋から、解約通知が届いた。

今回で全て終わったと思っていたのに、7月にまたもやインボイス。

呆れを通り越して、怒りを感じる。

ばかか!コイツラはッッ!!


こうなってくると、引越しやの力量を疑いたくなってくる。

そこで、パリの秘書に調べて貰う事に。 そうしたら、あきれた事実が判明。

まず、正式に解約されたのは今年の5月だということ。
だから、去年の7月から5月までのガス代は払わなくてはいけないと。
払わなければ、法的手段をとる、とまで。

幸い、私たちのあとに、そのアパートに住んだ人はいなく、なら、使ってないからゼロかといったら、そうじゃなく、高くは無いけど、どう言う訳か20数ユーロ。なんでだ?

確かにたいした額じゃないが、本来払う必要の無いお金を払う気は毛頭無い。

そこで、こうした事情がはっきりしたところで、再度引越し屋に連絡。
通常の解約手続はしていると信じてはいるが、結果が結果。
相手も呆れていたが、彼女が行なった解約手続は過去2回は無視されたのは事実。

自分で行なっていれば、その証拠を必ず残しているが、1年も前の解約手続の証拠を引越し屋が残しているのか、甚だ疑問。

解決のお願いをした後で、もしできなかった時は、この支払いの補償をして貰えるのか、お伺い。だって、私のミスじゃ、ないもの。

すると、数分後、彼女から連絡が。

「この支払いはこちらで済ませ、全て終わらせます」との朗報。

って事は、最初に行なわれた解約手続の証拠はなかったのだろう。
証拠が無ければ、戦えませんからね。

無駄な闘いは避けたのだろう。

再度、解約の確認と、最終の支払いの証拠を保管していただくようにお願いする。

ああ、疲れた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-08-29 19:52 | 暮らし | Comments(0)

夏休み終了

先週の土曜日、日本から帰ってきた。

また、ミラノ生活再開である。 日本で3週間、甘やかされた分、日常に戻るのが辛い。

今回は夫付き。なので、時間の制約がかなりあって、友人に会うのにも気を使う。
彼も勝手に遊んでくれればいいのだが、なにせ友人がいない、という悲しい現実。

まるっきりいないわけじゃない。遊び友達、ただの一名。その人と勝手に遊んでくれればいいのに、私と一緒でなければ、どうも思い腰が上がらない様子。

私がいなきゃいないで、ひとりでも大丈夫なくせに、いざ私がいると、自分でオーガナイズするのが面倒になるらしい、厄介な奴。

なので、私は遠慮をして、私的スケジュールは3回に抑えたっていうのに、イヤミを言われた、という、がんじがらめの妻。

気の進まない夫に整体(カラダ・ファクトリー)を受けさせた。マッサージ好きの夫だが、整体は興味が無い。そこを無理やり、受けさせてみたら、2年間痛みのあった腕が完治。

私も、半年以上悩まされていた不眠も身体のバランスを整えて貰ったら、ぐっすり眠れるようになった。

小学校以来のマイ・自転車も買い、夜のサイクリングを楽しんだり、自由時間は無かったが、なかなか充実した日々を送った。

でも、困った事に、最初の1週間で3kgの体重増加。やばい!とは思ったが、期限付きの帰国の最中にダイエットするのも、もったいない。なので、お酒と食事の量を少しだけセーブ。

新しいマンション、初体験の夫。
最初は、ホテルにいるような感じだったが、2週目にはやっと自分宅になった様子。

途中、夫の実家のある松山に帰ったりで、思ったより短く感じた。

ミラノに戻った次の日、トフィーがペンションから帰ってきた。
いつもの事だが、置いてきぼりにされて、いじけているのか、その日は机の下に隠れて出て来ない。2日かけて、いつものトフィーに戻っていく。

なので、今は足元で寝そべっている。

日本に行く前に、2泊3日でロンドンの長女の所に行って来た。その話は後ほど。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-08-26 19:24 | 暮らし | Comments(4)

明日から日本

まだまだと思っていた、一時帰国。それが、もう今日だなんて。
前回、マンションの関係で帰ってからもう3ヶ月が経ったなんて。
なんて、早いんだろう。

今朝、一番で、トフィーをリアナさんの所に預けに行った。
近くまできたら、何処に行くのか分かったらしく、はしゃぎ始めた。
ついた途端、おかの上の家まで駆け上がった。走ってくるトフィーを見て、リアナさんは「まぁ、かわいい」と言わんばかりに「トフィ~!」と手を広げて彼を迎えてくれたが、肝心のトフィーは寸前ですかした。なんと、可愛げのない。シッポでも振って、すりすりすればいいのに、うちのわんこは、やっぱり変わっている。やっぱり家族だ。(全員、変わり者です)

今晩のフライト。自称、機内食フェチの私だが、ミラノ発はあまりお勧めできない。
日本発・パリ発は美味しいが、ミラノのケータリングの会社は不評とか。
納得である。

なので、楽しみはもっぱら、映画。

これが外れると、あとは寝るのみである。

とは言え、夕べ、迂闊にもベープを付け忘れ、蚊に起こされ続けて、普段よりも寝不足。
そういう時は、どんなに楽しみにしている映画も見損なう事がよくある。

乗った途端に睡魔に襲われ、テイク・オフしたのも気がつかず、目が覚めた時には、夕飯は配られたあとで、洋食と和食のチョイスさえできず残り物。食べた途端、「じゃ、映画でも」と見始めた途端、またバクスイ。次に目がさめたら、着陸前の機内食。十分寝たにも拘わらず、食べたら、また眠くなる。

高い運賃を払っているのに、最初から最後まで寝て終わってしまうと、なんだか、とっても味気ない。

今回は、ぜったい起きてるぞっ!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-08-03 00:53 | 暮らし | Comments(6)