「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブッシュ・ド・ノエル Buche de Noel

木曜日に、ロンドンから長女が到着。
ちょうど、その夜に、語学学校のクリスマス・パーティーがあった。

疲れているから、誘ったって来ないだろうと思っていたのに、元来パーティー好きの娘は二つ返事で行くという。

なので、ミンス・パイとブッシュ・ド・ノエルを作った。

夜7時半。学校に到着。生徒よりも、見た事のない叔母様方がいらっしゃる。
先生じゃないし、「誰?」と思っていたら、ホスト・ファミリーのママたちだった。

「日本人は、大人しくて素直で受け入れやすいのよねー。
何食べても美味しいって言ってくれるし」って、ひとりのママさん。

「本音はどうだか」と、ヒネクレすずめは思ってしまう。 でも、確かに日本人は遠慮深いから問題は少ないらしい。

ホスト・ファミリーはかなりのあたりはずれがあると聞く。彼らからしてみれば、受け入れる学生だって、あたりはずれがあるだろうけど。

これは、イギリスでの話だが、トーストの食べ方までケチをつけられたり、極寒の冬にリビング以外暖房を使わない家。だから、部屋は氷が張るくらいの寒さで、寝る時にコートを着て寝たと。シャワーは10分以内でね、と。オーバーすると、イヤミたらたら。

泣き寝入りしていた留学生たち。

かと思えば、「暑いからシャワーを1日2回は浴びたいのに、浴びさせてくれない」と、文句を言っていたセレブの彼女。

「大丈夫?何かあったら言ってね」とホストに聞かれて、「ぜんぜん問題ありません」とニッコリ微笑んだ彼女は、最後に学校にありったけの文句を言っていた。だったら、進行形の時に言えば、お互いがハッピーになれるのに。

昔、本帰国したら、留学生のホスト・ファミリーになるのも悪くないかも、と一瞬思った事もあったが、いろんな話を聞いた今。そんな夢は見なくなった。

初めて会う人たちの中で、しかもイタリア語が喋れない長女だが、気がつけば輪の中心になって喋っていた。恐るべしコミュニケーション力(りょく)!

私といえば、もっぱら先生たちと話ていた、小心者。

ケーキを焼いても、夫とふたりでは食べ口が足りず、いつも先生たちに持って行っている。
それが、結局、営業のような効果をもたらし、ケーキを教えて欲しいと頼まれた。
人間、欲がないほうが、得をするのかもしれない。

パーティーは、ケーキや食事が持ち寄りされ、最後に投票が行なわれた。

「もしかして、1位はいただきかな?」なんて、ちょっと天狗になったけど、ふたつ作ったので、票はふたつに分かれてしまい、1票差で、「鶏のから揚げ」に敗れてしまった。

ま、別にいいけどね。ええ、気にする訳がございません。
でも、あの唐揚げ、「唐揚げ粉」使ってたんだよね。

ライバルがインスタントだったなんて、、、、。
なんだか、むなしい、、、。

f0095873_754763.jpg

箱に入らなかった残りブッシュ。
真中の白いクリームは、クレーム・ムースリング。クレーム・パティシエールとクレーム・ブーレを混ぜたもの。ガナッシュは、生クリームと溶かしたチョコを混ぜただけなので、少し苦味があって、全体を引き締めてくれる。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-12-22 02:30 | お料理 | Comments(6)

Risotto di radicchio


f0095873_194331.jpg
こちらは北イタリア、トレビゾ(Treviso)で取れるお野菜ラディッキョ。
正式には Radicchio rosso di Treviso。

去年の暮れに、トレビゾにある夫の会社の取引先からプレゼントされた。
そして、今年も、去年同様、食べきれない量のラディッキョが到着。
また、こんな箱一杯、どうしよう。f0095873_193614.jpg


去年は、レシピをいただいたものの、読む気がせず(って、読めなかったんだよーッだっ)。
もっぱらサラダで頂いた。でも、生野菜は、そうそう沢山食べれるものじゃない。炒めてもたべれるが、火を通すと苦味が強くなるので、なんとなく敬遠。おそらく、料理法を間違えたのかもしれない、、、。

なので、最後のほうは箱の中で溶かしてしまった。トホホ、、、。

そこで、今年は頂いたレシピを試してみようと決心し、作ったのが、このリゾット。
いやはや、好い加減極まるレシピで、材料も作り方も大雑把。だって、コメとラディッキョの量しか書かれてない。

なので、その他の材料は適当に入れてみる。

材料は、米、ラディッキョ(3つもいっぺんに使える!)、玉ねぎ、ベーコン。
レシピによると、作り方は、通常のリゾットの作り方で、とあった。
こんなレシピってあり?

まぁ、リゾットはいたって簡単なので問題なし。
だけど、ラディッキョを炒めたら苦くなるんじゃないかと心配していたが、いたってまろやか。

仕上げにパルメザンをかけようかと思ったが、今日はチュイールを添えて。

ラディッキョの色でピンクというか紫というか、綺麗なのか汚いのか微妙な色。

でも、お味はグー!

おなかに優しいリゾットは、レパートリーを増やしたいものだ。
f0095873_1954771.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-12-04 19:05 | お料理 | Comments(14)

無花果とピスタッチオのパウンドケーキ

f0095873_1824475.jpg


今まで、あまりバターケーキに魅力を感じなかったワタクシ。
ナイナイづくしのイギリスの生活で、どうしても食べたいと思ったのは、絶対手に入らないふわふわケーキたち。

それが。

パウンドケーキって、こんなに美味しかったっけ?と思える出会いがあった訳で。

自他ともに認める「パウンド・フリーク」のソレイユさんから頂いた
「夏みかんピールのパウンド・ケーキ」がそれ。

以前にも、「ラムレーズンのチョコレートケーキ」を頂き、実はその時も「おっ!」っと思ったが、夏みかんケーキの時は、絶対作りたいと強く思った。

そこで、お願いしてレシピを頂き、先ずはピールケーキを手始めに。

ソレイユさんのは手作りピールを入れてあったので、こりゃまた、飛び切り美味しかった。
自分で焼いた分は、市販のピールだったので、ピールに関しては、一言あったが、それでも、お味は上々。

ここで、気をよくしたもので、次から次へとパウンドずくめ。秋は、シリアルに興味があったので、松の実やらひまわりの種、かぼちゃの種をいれて健康的に。

そして、今回は、この「無花果とピスタッチオのケーキ」。

実は、無花果とピスタッチオのコンビネーションは、夏に日本で行ったレストランで頂いた。
そちらも美味しかったが、堅さ・しっとり感が納得できず。

そこで、ソレイユさんのレシピをベースに、色々と試行錯誤。

無花果はドライを使用。それを、グラッパ(ブランデーでもOK)に漬けておき、フードプロセッサーで細かくする。この方が、全体に無花果のプチプチした食感が行き渡るし、切りやすいから。

ピスタッチオは、軽くローストした後、これもフードプロセッサーで細かくする。

無花果がかなり甘いので、砂糖は少し控えめにして、レモン汁を加える。
卵は別立てにして、最後に卵白を混ぜる。

焼き上がりに、無花果をつけていた甘くなったグラッパを全体にたっぷりと塗って
出来上がり!

目覚めさせてくれたソレイユさんに感謝の一品。

PS:写真は、撮り直しが必須!相変わらずヘタッピーです。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-12-04 18:24 | お料理 | Comments(4)

夫の誕生日

週末に、クリスマスツリーを飾り、「今年もいよいよクリスマス」を実感。
ああ、去年は、次女と一緒に飾り付けしたな~、とちょっとシンミリ。

そして、今日は夫の誕生日。
バースデー・ボーイは、先週痛めた腰をさすりながら会社に行った。

なので、昨日はケーキを焼いた。会社用に。

ヨーロッパの習慣で(アメリカもそうかもしれない)、誕生日は自分でケーキを振舞って、みんなに祝って貰う。最初、これを知ったとき、「ケーキを貰う方じゃないの?なんで、自分で、、、」と、ちょっと納得いかない感じだったが、考えようによっては正解かも。

だって、何もなくて「俺、今日誕生日なんだぜ」なんて言ったら、「なんだ?コイツ。プレゼントせびっているのか?」とか「自分から言う淋しい奴」って思われちゃうのが関の山。

ないしは。「今日誕生日なのに、誰一人祝ってくれない、、、、。」って超寂しい思いがドッと。

が。

こうして、ケーキを振舞えば、おおっぴらに「俺の誕生日」って言えて、みんなに「自分の誕生日」を祝って貰える。そうして、運がよければ、「ケーキのお返しに」なんてプレゼントを貰えるかもしれない。なので、たとえ、友達がいなくったって、寂しい誕生日って事にはならないわけだ。

ぜひとも、日本に輸出したい習慣である。

そして、焼いたケーキがこちら。
f0095873_18345287.jpg


無花果とピスタッチオのパウンドと、マロンケーキ(小さいバージョン)。普通バージョンはこちら

どちらかと言うと、生菓子のほうが得意だが、デリケートな物は夫には頼めない。
なぜなら、最近、いい年こいて「暴走族」になっているから。

おっさん若者だった彼は、若いときには車にはぜんぜん興味がなかった。だって、免許取ったの、結婚後のイギリスに行く直前ですから。それまでは、私がお抱え運転手。

若葉マーク状態がイギリスで運転。ああ、今思い出しただけで、イライラする。

高速道路では、けっこう度胸がよくて、お調子こいて運転していた彼だが、細かい運転は、もうお話にならなかったっす。

スーパーの駐車場の柱にはぶつけるは、「日が暮れちゃうよ~」と思うほど時間がかかるバック駐車。何回切り替えしたら、気がすむわけ?と突っ込みたくなった。

1度、道を間違えたら、戻るタイミングを見つけられずに、延々に走りつづける。

何よりも、「ROUND ABOUT ラウンド・アバウト」といって、信号無しのぐるぐる回るアイランドがある。右側優先で、隙間を見つけて入り込むわけだが、これが出来ない。

「さぁ、お入り」といわんばかりに車が途切れてないと、入れない。なので、延々待つ羽目に。これこそ「日が暮れる」ほど、待たされた。

「運転はしなくては行けないからする」だけだった夫が、この年で目覚めてしまった。
スポーツカーのようなエンジン音に惚れ惚れし、毎朝、高速の料金所のあとに「ぶっちぎり」で飛ばす快感。

「今日は、ランボルギーニと戦ったぜ」って。聞いていて呆れる妻。

こんな運転に乗ったケーキたちは、着いたころには、乗り物酔いでぐちゃぐちゃだろう。

でも、このマロンケーキはタフな生菓子なので、おそらく大丈夫だろう。

お誕生日、おめでとう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-12-02 15:56 | | Comments(2)