<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

卒業式 イン ロンドン

今年一番のイベントが終わった。

ついこの間大学生になった長女が、無事卒業式を迎えた。
イギリスの大学は、学部卒業は3年だったり4年だったりで、娘の場合は3年。

娘の取った薬理学は、通常少なくとも4年だが、イギリスの場合は、集中講座並の忙しさで3年。おかげで、遊ぶ時間はほとんど無く、常に試験やらラボのレポートやらに追いまくられていた。スケジュールを聞いているだけでも、疲れるくらい。本当にお疲れ様、である。

9月7日に娘は一足先にロンドンの友人宅に転がり込み、8日に夫と私はホテルへ入った。

新装開店のそのホテルは、いまだ工事中だった。再び、外れた。がっくりである。
内装は、モダナイズされて奇麗だったが、上から カンカン コンコン ガーッ では、落ち着きゃしない。

気を取り直して、夜は、ミュージカル レ・ミゼラブルへ。実は、私は2回目。夫がミュージカルが初めてなので、最初なら王道を、とこれになったのだが、やはり良かった。

9日午前、卒業式は大学の近くのホールで行われた。
その日は理数系の一部の学部のみ。その他の学部は別の日に数日に分けて行われる。

ホールに入ると、卒業生とその家族で一杯。両親のみならず、じいちゃん、ばあちゃん、兄弟まで来ている家族も少なくない。ああ、本当に、大学卒業は人生で大きなイベントなんだと実感。

指定された席に座り、バンド演奏が始まる。そして、教授をはじめ、お偉方が正装して登場。例にもれず、長い祝辞の後、各学部ごとに卒業者が一人一人、舞台に上がる。舞台端の進行役に自分の名前の紙を渡し、名前が呼ばれ、中央の総長と握手をして舞台を降りる。成績優秀者のみ、何か渡され、総長と一言二言言葉をかわす。卒業証書は、その日には渡されず、自宅に送付される。

しかし。これが理数系の学生か?と思うほど、華やかな人たちもいて、結構楽しめた。
一番楽しかったのは、「ジャッキー・チェン」と同姓同名の人がいた事。

式が終わると、大学のメイン校舎に移動し、カクテル・パーティーが、各学部ごとに分かれて行われた。

久しぶりに大勢の人と話した。日本に来たデイブ君ファミリーは、両親と祖父母が出席。仲の良い家族だけあって、みんな気のいい方々。おばあちゃんが、元お料理の先生だとわかり、がぜん話がはずむ。今度、遊びに行く約束までしてしまった。実現するといいんだけど。

機嫌の悪かった夫が、すっかりほろ酔い気分。実は、式の前に、足を思い切り踏まれて、しかも誤りもせず立ち去られた。これが、一度目のむかつき。

そして、式の最中。前の席の女性がいきなり振り向き、「座席をけるの止めてくださいません」と、夫に向けて言った。夫の膝もつま先も前の座席には届いてない状態だったので、「私は何もしてませんよ」と言うと、「ああ、たまたま当たっただけなのね。気にしないで」とあくまで、夫の仕業にして、話を終えた。

で、ここで終われないのが夫。彼女の席の後ろにあったのは夫の膝と、彼の隣の男性。しかも、そっちのほうが断然長いわけで。ってことは、彼の可能性のほうが高かったのに、自分のせいにされた夫は、簡単に流せない。

聞えよがしに、文句を言い続け、しつこい事この上ない。「もう、いい加減にして」と何度言った事か。しばらくは大人しくなったが、時折こみ上げる、胸糞悪さ。
そして、再び、グチグチと。

「あのね、これ以上言うと、理不尽な言いがかりをされたあなたを可哀想と思えなくなるから。」の一言で、事はやっと終わった。
この粘着質の性格、治らないものだろうか、、、。(涙

パーティーの後娘と別れ、私たちは気分よくホテルに戻る。

そして夜。卒業式の特別な夜だから、ちょっと特別な食事がしたいと、
娘が選んだレストラン PIED A TERRE へ。

こじんまりしたフレンチ系レストランで、今評判のシェフだとか。
まず先に私たちが到着し、席で娘を待った。

「もうすぐ着くから」と電話をもらい、到着した彼女は、
なんと 千鳥足!

席にドスンと倒れこむように座り、「お待たせ」といった言葉は、ロレツが回っていない。
完全にヘベレケ。開いた口がふさがらない母と父。

「ちょっと、酔っぱらってるの?」と聞くと、「うん。飲み過ぎちゃった」と娘。
私たちと別れた後、友人とその家族で、大いに盛り上がり、気をつけていたのに、ついつい飲んでしまったらしい。聞くと、この状態の友人が10人以上だとか。

怒る気にもなれず、「大丈夫?」と声をかけると、答える気力もないらしく「ちょっと、黙っててくれる?」と一瞬むかっとするような返事。夫の顔が引きつるのを見た。

おーまーえー!!
と、怒鳴りたい気持ちを抑えて、待つ事しばし。

ウェイターが来て、「お水をもう少しいかがですか?」と聞きながら、答える前に「いりますよね」と、娘に水を注ぐ。分かってらっしゃる。

私たちも唖然としたが、それよりびっくりしたのはウェイターだったであろう。こんなおしゃれなレストランに泥酔状態の客が来るなんて。しかも、若い娘。

ろれつが回らない状態で、友人に電話をする娘。聞いてると、持っていたコートが無いという。お店に置いてきたのか、持って出たのか。数人に聞いた後、持って出た事がわかる。って事は、途中で落としてきたかも、、、と、がっくりする娘。

「大切なものは持っているから、良かったんじゃないの」と慰める父母。

こんな状態で食事ができるのかしら?と思っていたら、メインが来るころには、なんとか元に戻り始め、美味しい食事をのがさずに済んだ。

すっきりした顔で、デザートを食べ終わる頃に、はた!と思いだした彼女。
「もしかしたら、レストランの受付にコートを預けてあるかもしれない」と。

帰り際、ウェイターに一言お詫びをする彼女。
「卒業式だからしょうがないね」と寛大な態度の彼ら。
そして、手渡された、探しまくった彼女のコート。
「酔っていても、しっかりしてるじゃん」って娘。

半ば呆れながらも、「今夜は本当に済みませんでした」と謝る娘。
まー、多めにみましょう。今日ばかりは。

そして、とにもかくにも、

卒業おめでとう! 

9月からは、日本で一人暮らしをしながら、大学の研究生として学ぶ。
いい人たちと巡り合える事を心から祈っているからね。

ps:このレストラン。かなり美味しい。ミシュランのふたつ星を取っているとか。お勧めです。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-09-12 21:14 | 子育て・娘 | Comments(6)

パリ~フィレンツェ・ピザ

日本から戻ったその週末、よしときゃいいのにパリに行った。で、案の定ぐってり。

前回、カーテン生地を買った時にいただいた185ユーロのバウチャー。
大人3人で、しかも2泊で行ったら、それ以上に費用がかかるのは分かってはいたが、なぜがバウチャーを無駄にするほうがもったいない気がした。

美味しいフランス料理を、とのリクエストがあったが、ぜひに!と思うレストランは土日がお休み。いろいろ選んでいるうちに、なんとタイム・アップ。

なかばやけくそで、行き当たりばったりでいいや、と。

1日目は、遅くなってしまったので、ホテルの近くのレストランへ。
雰囲気満点、しかもウェイターは、「ここはホストクラブ?」と思えるほどのイケメン揃い。
が、お味のほうは、批評できるレベルではなく、ちょっと残念。でも、気持ちよく過ごせたので、よしとしよう。

二日目は、オルセー美術館やポンピドーのあと、La table de Lancasterへ。

以前、ランチをした事があるが、夜は初めて。
中庭がライトアップされ、なんとも気持ちがいい。

お料理は以前より、ずっと美味しくて、家族全員、大満足。
以前いらっしゃった日本人女性のパテシエの方は引き抜かれたと聞いていたので、デザートが心配だったが、もう一度食べたい!と思うほどの美味しさ。

なにより、サービスが良かった。
控えめでいて、そつが無い。丁寧なのに堅苦しくない。
おかげで、すごくリラックスして過ごせた。
また行きたい。

ミラノに戻って、一息入れたところで、娘のリクエストでピザの斜塔とフィレンツェへ。
トフィーと娘と3人で、電車で行く。

行きはミラノからピザまでの直通電車。ジェノバ経由なので、時間はかかったが、海沿いを行くので景色が楽しいかった。

駅について、バスで斜塔へむかう。
あまりに有名で写真やテレビでおなじみだけど、見たとたん、思わず「おおー!」と雄たけび。聞くと見るとは大違いを体感。分かっているのに、「本当に斜めなんだ、、、」と娘と二人感心する。

ピザの駅に戻るバスの中で、スリ騒動発覚。

駅に着くひとつ前のストップで、スリとすられたご夫婦が捕り物帳。
バスから降りて、追っかけたが、さすがに逃げ足が速く、逃げられた様子。

「怖いねー」と言いながら、駅に到着。
前を歩いていたアメリカ人の男性ふたり。そのうちの一人が、騒ぎ出した。

膝上のサファリ・パンツの足のポケットに入れていた財布を取られた。
財布だけならまだしも、パスポートから全部。悲惨。あまりの悔しさに電柱を殴る彼。

そして、目の前で起こった出来事にあせる、母娘ふたり。
「あの人、私の横に立ってた人だ」の一言で、慌てて自分の荷物を確かめた。
無事、財布を確認。

しかし。被害にあった彼。お腹のへんに小さなバッグをぶら下げていたのに、その中には財布もパスポートも入れずじまい。ボタンで留めてあるとはいえ、足のポケットに貴重品を入れていたなんて。敵は、こうしたはしゃいだ観光客を獲物にしているわけで。

ああ、気をつけよう。

ヒヤッ!としながらフィレンツェに着き、ホテルに入る。
1泊だから、三ツ星ホテルでいいや、と思ったのが、ビッグ・ミステイク!

3つ星どころか、2つ星だって取れそうもない、貧弱なホテル。
愛想のないレセプション。部屋は3階。エレベーター無し。
部屋は広いが、窓を開けても景色は見えず。
辛気臭い部屋には、見た事もないような、エアコンがベッドの横にどーんと置いてある。
スイッチを入れると、ぶ~んぶ~んと不快音。エアコンのすぐ横で寝ろとおっしゃる、、、。
だだっ広いバスルーム。ちんけなシャワーのみ。しかも、いまどきヘア・ドライヤーがない!
「髪洗えないじゃん」って、娘ぶーたれる。。そして、肝心のベッドは、簡易ベッド並みの品質。

ここで、少しケチった事を大きく後悔。

腐る気持ちを抱えながら、フィレンツェ観光。
ミラノのドウモは真っ白だけど、フィレンツェのは色がついてメルヘンチック。

ドゥモを眺めながら、白ワインを一杯。場所を変えて、また一杯。
夜はワインバーに行って、また2杯。

ご機嫌で、ちんけなホテルに戻り、煩いエアコンを切って寝たら、暑くてうなされ、
朝は朝で、これまた、恐ろしくしょぼい朝食。かっすかすのパンとソーセージ・ハム。ジュースは果汁が入ってなさそうな甘ったるいもの。朝食命の娘でさえ、さすがに手が出ず。

午前中は、ウフィツィ美術館でボッティチェリの「ビーナスの誕生」と「春」を堪能。
誰の作品かは忘れたが、2作の「アダムとイブ」があり、そのひとつのアダムがすごいチャラ男に描かれていた。あたかも「彼女、ちょっとお茶しな~い?」とイブを誘っているかのよう。ある意味、感激。

昼前に、悲しいホテルをチェックアウト。
シニョリーナ広場でお昼を食べ、今度は内陸経由でミラノに帰った。
楽しかったけれど、かなり、しんどい。もう、動きたくない、、、。

だけど、明日からは、娘の大学の卒業式に参加するため夫婦でロンドンに行ってくる。

以前、娘が「いろいろな国に行けるビジネスマンっていいよね」なんて言ってたが、今回休む暇なくあっちに行ったりこっちに行ったりした後、言った言葉が「ビジネスマンって大変なんだ」。

夫が、あまり出張に行きたがらない理由が、わかった気がした。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-09-08 00:10 | 暮らし | Comments(6)