「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春の口紅

新しい口紅を買った。

別に春だからって言うわけじゃない。
 
春になると、化粧品メーカーがこぞって、口紅の新色を発表。その度、購買意欲に駆られたのは、一体いくつまでだったんだろう?

そういや、松田聖子の「ロックン・ルージュ」の時は、口紅より、髪型がかわいかった。週刊誌から、資生堂の広告をひっぱがし、美容師さんに、「この髪形にしてください」と。

でも。

切り終わった鏡に映る自分は、似ても似つかぬ松田聖子。どこがどうしたら、こんな髪型になるのか!ええ、もちろん顔が違うのを踏まえたうえでの、怒りです。

ちょとフェミニンなショートカットのはずが、どうみたって「プロゴルファー」。今こそ、アイドル化している女子プロゴルファーですが、当時は、化粧っけのない女っけのない人が多かったわけで。今までの服が全てに合いそうもなく、泣きたくなったのを覚えている。

で。

春だから、口紅を新調したわけではなく、たまたま底をついただけの事。

同じ口紅を買うのも、なんだったので、少し明るめを選ぼうと、デパートへ。どうせなら、いろんな色を試してから決めようと、メーカーの女の子にお願いする。

席に座り、希望の色を説明。後から思えば、この時点で失敗だった。自分で、いくつか選んでからすべきだった。

あんなに色があるのに、3本くらいしか持ってきてくれず。見た目で、すぐ却下、と言うのもあったが、薦められるままに、つけて見る。

なんだか、手際が悪い。

自分でつけたいが、彼女の仕事を取り上げても行けないし、と、されるがままになる。紅筆でつけてくれるのはいいが、先っちょだけしか使わないから、まるでくすぐられているよう。特に上唇の上が、どうにもこうにもむずむずしてきた。

「いかが?」と言って、手を離した彼女の手元が狂い、上唇から、赤いひげがにょきーん

「チッ! このへったくそっ!」と、ついののしりたくなったが、そこはいい年をしたお・と・な。「すみませーん」と謝る彼女に、「平気、平気」とにっこり。

だから、明るめの色って言ったのに。どうみても、これは秋の色だろう。却下。

上唇のむずむずを我慢しつつ、他に3色つけて見る。つけては取り、つけては取りで、やっと納得のいく色を見つけた。

「じゃ、これください」 いそいそと選んだ口紅を探しに行く彼女に隠れて、上唇を下の歯で思いっきり掻いた。うーん、もう我慢できなーい!

「さ、買って帰ろう」と、レジの前で待っていたら、彼女が来て言う事には、「すみませーん、この色、もう作られていないんです。なので、別の色にしていただけますか?」って。

はぁ~~??? 何のために、今までの時間を費やしたのか? しかも、紅筆のくすぐりにも耐え忍んできたのに、、、。

結局、買わずじまい。無駄足だった。
で、後日、大型店で勝手に選び、やっと新しい口紅を買えた。

最初から、そうすればよかった。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-23 23:46 | 暮らし | Comments(0)

縁の薄かったお話

先日、スコットランドにいる次女との電話。

「TVのニュース見ていたら、空港でレポーターが話している後ろを、酔っぱらったスコットランド人が

アイスランドなんて、でーきれーだ―!!!

って叫んでいて面白かった」って。

事も折り。ちょうどアイスランドの火山噴火が起き、飛行機が次々にキャンセルされ始めた時。楽しみにしていたホリデーに行けなくなり、空港でヤケ酒した客の暴言だったんだろう。

で。今、同じ気持である。

事の起こりは、夫の出張。3週間から、なんと3日に風変りした出張は、とうとうゼロ日となった。夫自身は出張を楽しみにしていたわけじゃないのに、自分のがダメになった途端、それに合わせて決めた、私のイギリス行きも「無理、無理、絶対無理!」と、人の気持ちを無視して、頭ごなしに決めつけている。

面白くない、、、、。

金曜日から日曜日まで、最新のフライト情報が欲しくて、tvにかじりつき。金曜日は、かろうじてバーミンガム行きは飛んでいたが、土曜日はさすがにキャンセル。それが、「日曜の朝1時まで」「月曜の朝1時まで」になり「月曜の午後1時まで」のキャンセルが決定される。

私のフライトは午後1時40分。って事は、まだ飛ぶ可能性、あり?

とは思ってもみたが、あの火山の噴煙を映像で見てしまうと、明日どころか、何カ月も続く可能性も否定できない。

で、日曜の夜、月曜日の全部のフライトのキャンセルが決定された。やっぱり。
ある意味、すっきりした。

イギリス旅行の為に、既に預けたトフィーを連れてきてもらう事にする。心配してくれていたイギリスの友人にも電話を入れる。

「危ないフライトで、死んじゃったら元も子もないじゃない。完全に大丈夫になってからいらっしゃい。うちはいつでもいいからね」と優しいお言葉。

次はいつにしようか、とカレンダーをめくって、「5月半ばか6月の初めかなー」と夫に言うと、

「え~、その頃、忙しいんだよな~」と迷惑そうな顔。

鼻から夫の参加があるわけじゃなし、一体何が問題???
私は、それこそ6月の初めを逃したら、引っ越しでますます忙しくなって、イギリスに行ってなんてられなくなるわけで。

さすがに、ムッとした。

「あなたの忙しい時期と私の忙しい時期は違うので、
私は私の忙しくない時に行かせていただきますっ!」と、宣言!

これ以上、縁の薄い話になりませんように、、、。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-19 14:45 | 暮らし | Comments(2)

Caramella al radicchio

f0095873_4325490.jpg


イタリアで初めて取ったコースが「パスタ・フレスカ」。フレッシュ・パスタのコースである。成形が苦手なシェフだったが、味付け、盛りつけはなかなかのもので、メンバーも楽しかったし、文句なしのコースだった。

その中の一番のお気に入りが、この Caramella al radicchio。ラディッキョと玉ねぎ、quartiroloというロンバルディアのチーズ、生ハムをビーツのバスタでキャラメルのように包んだラビオリ。
 
中身だけ食べると、「ふ~ん」って感じで、特に感激は無いが、ラビオリにして、セージバターに絡め、パルミジャーノをかけて食べると、「おっ」となる。

中身をソース代わりにしてもイケるので、他のパスタで食べた事はあるが、今回、やっと面倒くさがらずに、ちゃんと復習をした。

シェフから教わった形は、「これはソーセージかっ!?」で、どうやってもパスタには見えなかったので、別の本のキャラメルのパスタを参考にする。でも、まだまだ不格好。こりゃ、そうとう練習しないといけない。

長い道だ。

でも、まだマシですよね、Mさん!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-16 04:36 | お料理 | Comments(2)

花粉症とピクニック

パスクワの途中から、なんとなく体調を崩し始めた。
「あれ?また甲状腺の再発か?」と危惧したが、どうも花粉症らしい。

それでも、のどと目のかゆみ、くしゃみ、鼻づまりと、まだまだ一般的な症状。ただ、外にいると微妙に呼吸が苦しくなり、気分が悪くなってくる。しかも、貧血気味。

今日、ドクターに会ってきたら、やはり低血圧で、これもアレルギーからだと。

イギリス時代は、究極の症状で死ぬ思いをしていたが、パリ時代は都会のせいか、ほんのり感じるだけで、軽く乗りきっていたこの時期。

ミラノは、パリよりかは来るな、とは思っていたが、今年はやけにキツイ。

そんな状態になるとは思わず、先日、ブログ友達で生徒さんのさとみーなさんに誘われ、センピオーネ公園でピクニック。

他にも、もうすぐ日本へ3カ月の旅行に出かける、23歳のイタリア人学生マッティオとイタリア生活10年以上の現地に根付いている日本人奥様とその子供たちと合流。

パリに移動して以来のピクニック。なんて久々だろう。お寿司やサンドウィッチ、サラダ。ビールやワインを御馳走になる。天気にも恵まれ、なんとも気持ちのいい時間を過ごした。

日本語勉強中のマッティオは、「言葉のなりたち」にやけにこだわる。一応、説明はしてあげたが、終いには「とにかく覚えるっきゃないのよっ!」って皆で説得。


若い奥様たちは、只今子育てで大忙し。今日はどこどこ、明日はどこどこと、子供のスケジュールで回っている。やっと作った自分の時間を有意義に使っていて、なんともはやエネルギッシュ。

数年前は私もこうだった。なのに、最近の自分ときたら、、、。

子供たちも巣立ち、夫が会社に行った後はぜーんぶ自分の時間だと言うのに。体調が不良の去年の秋を過ぎてもなお、なんだか、だら~っとしている気がする。いけない、いけない。いい意味で、ちょっと焦ったピクニック・デー。

10歳前後の子供たちに接したのも久々。体力的にはきつかったけど、子供ともみくちゃになるのも楽しかった。まだ、抱えられる年齢ってかわいい。

「女ばかりの家で育ったので、男の子の遊びが今一つわからない」と、さとみーなさん。

女なのに男の子の遊びばかりしていた私は、女の子の遊びが得意じゃない。なので、必然的にふたりの娘もお人形遊びが苦手な、まるで女の子らしくない娘に育った。なので、気にする事はない、と自己肯定。

今の時代。男はこう、女はこうと、定義づける必要もないような。

願わくは、ストレス時代に負けないような精神力がついてくれればいい。
そんな気がする。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-13 18:55 | 暮らし | Comments(3)

正夢??

夫の日本行キャンセルを聞いて以来、2度同じ夢を見た。

日本行のフライトを待っている間に、フライトの時間を間違え、乗りそこなった。家に帰り、必死になって夫に、フライトをミスった事を隠している。夢の中の自分に、「隠せるはずないのに、、、」と呟いている。

チェックインしたら、どういうわけかキャンセル待ち。いよいよ、乗れる人の発表。空港内のスクリーンに顔が映し出された。が!最後まで自分の顔は出てこなかった。ってことは、乗れないって事??? そんなのあり?こんな事はじめて~、とショックな自分。でも、なんでJALじゃなくってルフトハンザなんだろう?とずっと?????状態。

こんな2度も、フライトをミスる夢を見るなんて、正夢になるんじゃないか、とちょっと不安に思っていた。

あんなジェットコースター気分を味わった後に、またもや夫から報告が。

「5月くらいに、日本に行かなくてはならないかもしれない」と。

今度ばかりは、小躍り出来ません。期待して、またガッカリしたくないですから。
心はすっかりガードを固め、話し半分に聞いておいた。

その夜。夢を見た。

飛行機じゃないが、電車に乗っている。でも、ちゃんと乗っている。
どういうわけか、石田純一他、有名人が周りに座っているし。

やはり、微妙に期待しているんだろうか?

人間って不思議だ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-06 02:47 | 暮らし | Comments(7)

Buona Pasqua !

あいにくパスクワで連休だと言うのに、ミラノは雨、雨、雨。

せっかくだから、ヴェローナくらいには行こうかと思っていたが、天気予報を見て諦めた。トフィーと一緒で雨じゃ、彼がかわいそうだし。

実は2月末に予定されていた夫の日本出張。予定では3週間とのこと。それを期待して、日本から友人が来たが、あいにく延期となってしまった。

いなくなったら、「あれをしよう、これをしよう」といろいろ考えていて、「まだか、まだか」と待つ事1ヶ月。まるで、蛇の生殺し。

いよいよ決まりそうだ。

水曜日に、「いつからになりそう?」と聞くと、「たぶん、土曜日から」と。

「大変だねー。」と言いながら、内心、もろ手を挙げて、ばんざーい!!

鬼の居ぬ間に、どこかへ息抜きに行ってしまおう
木曜日の午後には、OKUとスカイプで3時間。夫のいない間にイギリスに行こうかと、伝えると、彼女ものりのり。話はすっかり盛り上がった。

そして、金曜日。朝、会社にいる夫から電話が。

「日本に行かなくてもよくなったんだよ~!」喜々として報告。

「よかったじゃない~」と言いながら、立ち直れないくらいガックリ、、、、。

昨日の盛り上がりがあっただけに、気持ちの急降下についていけない、、、。

3週間の予定の日本出張のかわりに、3日間のパリ出張となった。

3週間が3日に化けた。おんなじ3と言ったってね、、、。はぁ~~~。

それでも、最初に予定していたイギリス行きは、これを逃したら行けなくなる可能性も出てくるので、やっぱり決行とした。

心持ち短くなるが、まあ、良しとしよう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-05 02:43 | 暮らし | Comments(6)