「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Ca`del Passero 3月のお教室のご案内

f0095873_19554075.gif

Ca`del Passero カ・デル・パッセロ 3月のお教室のご案内です。



3月は、かねてからリクエストのあった、イングリッシュ・アフタヌーン・ティーのレッスンです。

3月ウサギのティー・パーティー」と題しまして、
アフタヌーン・ティーパーティーをいたします。

 
メニュー 

スコーン :フルーツ・スコーン、マスタードチーズ・スコーンの2種類
ケーキ :洋ナシのチョコレート・タルト、ストロベリー・チーズムース・ケーキ
サンドウィッチ 数種類
その他、時間に余裕があるようでしたら、いつものように「おまけレシピ」を。


レッスン後は、シャンパンで乾杯。3段のお皿に並べたケーキたちとトラディショナル・ティーやフレーバー・ティーを楽しみましょう。


残席情報は以下の通りです。

3月12日(土) 残席2名
3月18日(金) 残席0名
3月23日(水) 残席0名
3月26日(土) 残席2名


*****************************



それから、メニューはまだ未定ですが、4月の日程です。


4月 8日(金) 残席2名
4月13日(水) 残席0名
4月16日(土) 残席1名
4月23日(土) 残席2名


ご質問、お申し込みはこちらまで。 cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-02-18 19:58 | お料理 | Comments(0)

妻禁止用語

Ca`del Passero カ・デル・パッセロからのお知らせ。

おかげ様で、2月のお教室は全日程、満席となりました。
皆さま、お申込みありがとうございます。

    

       *************************


世の中には、「放送禁止用語」というものがあるが、ここで私は強く訴えたい!!
「妻禁止用語」なるものもあってはいいのではないか、と。


ちょっと寝付かれなかった、朝の出来事。

寝ぼけ眼でトイレに行けば、スティック芳香剤に手を引っ掛け、ひっくり返す。(涙
幸い、残りわずかだったので、被害は最小限に。

何もなかったように、夫に朝ご飯を用意。

「もぉ~」っとした顔で支度していたのは確かだが、朝一番で交わした会話が、

お前の横顔って、
オラウータンだよなー

って。

ええ。いっぺんに目が覚めましたわ。

確かに、私は、かつて「サルだの、ポケットモンキー」だのと呼ばれた事はありますわ。
鼻の下の長さは、ええ、ええ、確かにおサルのようでしょうよ。

でもね。

25年以上も一緒に居て、い・ま・さ・ら、ですわ。
なにも、朝一番の会話でする事じゃないでしょうー。

眉目秀麗の夫に言われたなら、諦めもつきます。
が! 顔が武器の様な夫に言われちゃ、立つ瀬がありませんわ。

オラウータンって、、、。(ため息~~

チッ!自分の顔を棚に上げて、バカも休み休み言えって。(再びチッ!

デリカシーの無さは、確かに今に始まった事じゃない。
先月のニキビ事件もあったし。


こうなると、芋づる式に過去の暴言がよみがえるわけで。

結婚前の、とりあえず、アツアツ(?)の頃。
仕事帰りのデートでの一言。

「君って、変な目」って。

耳を疑った。失礼にも程がある!

一重で生まれた私は、大きくなるにつれ、目がだんだん落ちくぼみ、とりあえず二重に変身。でも、奇麗な二重ならいざ知らず、片目はきっちり二重なのに、もう片方は、どんより二重。で、このどんより二重の方が、夕方目が疲れてくると、一重に戻ってしまう。

そこで、夫の、この失礼な一言。
夫の言葉を借りるなら「ちんば」。これも立派な放送禁止用語。

悔しいやら、情けないやら。

それからというもの、一重に戻ろうとする瞼を引っ張り上げ、無理やり二重にする努力の日々。そんなこんなしているうちに、今では、疲れても一重に戻る事は無くなった。

人間、悔しさをバネにする、という一例。

結婚後も、要らぬ一言は数知れず。

しゃもじのような私の足を見ては、

「お前の足って、カタワなー」って、放送禁止用語ふたたび。

手も足も白魚のような、には程遠く、悲しいかな、まるで粘土で丸めたような手足の持ち主。

努力でどうこう出来る事なら、あがきはしましょう。
でも、生まれついての事は、持ち続けなければならないコンプレックス。

これをこれを、一番身近な夫が、そんなの分かって結婚した夫が、軽々しく口にするもんじゃないだろーがーーーー!!

思わず、「それならこっちだってー!」と負けん気を起こしたくもなるが、そんなこと、人間を捨てなきゃ、言えない。

虚しい射し合いは、止めておこう。

所詮、とどめは刺せない性格なんだもん。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-02-07 11:13 | | Comments(6)