「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Ca`del Passero カ・デル・パッセロ 5月のお教室のお知らせ

f0095873_1614151.gif



今月のお教室も無事終了。

想像以上のマッシュルームに驚いたり、「これぞマッシュルーム!」の本髄の味を楽しんだり。期待通りの皆様の感想に、つい、「どや顔」をしたくなりました。

シンプルなすずきのソテー。取り合わせ次第で、こんなにも味が変わると新しい発見。

おうちでさっくさくのタルトが食べれる、と喜んで頂きました。

皆さま、お疲れさまでした。
今月も、とっても楽しかったです。



    ***************************************



さて、5月のお教室ですが、3月に予定していた「イングリッシュ・アフタヌーン・ティー」のレッスンです。



メニュー 


スコーン :フルーツ・スコーン、マスタードチーズ・スコーン、メープルシロップでローストしたナッツのスコーンの3種類

ケーキ :洋ナシのチョコレート・タルト、ストロベリー・チーズムース・ケーキ

サンドウィッチ 数種類。イギリスで食べた、ちょっと珍しい組み合わせをご紹介。


その他、時間に余裕があるようでしたら、いつものように「おまけレシピ」を。


レッスン後は、シャンパンで乾杯。3段のお皿に並べたケーキたちとトラディショナル・ティーやフレーバー・ティーを楽しみましょう。




数名の残席がございます。


5月14日(土) 残席1名
5月28日(土) 残席0名

ご質問、お申し込みは、こちらまでご連絡ください。 cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-04-26 16:08 | お教室 | Comments(0)

あなたは誰?

ブログ友達のYさん。ミラノの頃からのお付き合い。
トリノ在住のイラストレーターで、「さかなとわに」のブロガー。
お料理教室を立ち上げる時に、イメージキャラと名刺を作っていただいた。

そんな彼女が、「今週のピックアップ・ブロガー」に選ばれた。

友人が選ばれたのは、これで2度目(最初は、ソレイユさん)だが、毎回、なにやら自分の事のように嬉しい。有名人を友人に持ったような気になり、つい自慢したくなる。

で、記事を読んでいて、思わず赤面した。

「会いたいブロガー」に私の名が書かれていた。光栄である。

が、しかーし!

「落ち着いた」「大人の女性」とお褒めの言葉を頂き、嬉しいやら、恥ずかしいやら。
私を知っている人が見たら、思わず吹いてしまうだろうけど。

「もうあったような気がしている」のは、私も一緒。

確かに、ブログやメールで、文章だけのお付き合いなのだけど、「人と成り」を感じるから不思議だ。

そう言えば、初めての生徒さんにも、「イメージと違う」と。
よく言えば、サバサバ、豪快、太っ腹。悪く言ったら、きりがないからやめておこう。

で、どんなイメージだったかというと、「どっしりとした、肝っ玉母さんの様な人」だそう。

体系的には、お腹とお尻はイメージ通りなんですが。
冬は着やせして見えます。ええ、騙すのがうまいんですね。

でも、確かに中身はそうかも。夫を始め、ピーピー言う小心者が多いので、一緒にピーピー言ってられないですからね。自然に、鍛えられました。多少の事では、動じません。

といっても、昔、娘の器械体操の大きな大会の場所を間違えて、パニクった事がある。
その時は、なんと、中央分離帯に乗り上げて、慌てて進路変更した事があったっけ。

夫の車のお腹を思いっきり擦って、冷や汗をかいた。
壊さなかったのが不幸中の幸い。

*****************************************

イタリア在住中に、Yさんに会いたかったなー。


これからも、素敵なイラストを描いてくださいね❤
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-04-21 18:46 | 暮らし | Comments(2)

matsuを落としたトフィー

穏やかな春の日が続いている。

昨日は、最後の桜を見に、赤レンガ経由~汽車道~桜通り~ドッグカフェで一休み。
風が出ていたので、ずっと桜吹雪の中を歩けて、なんとも風流だった♪

赤レンガでは、フラワーショーを開催中で、花の匂いに包まれた。

そして、今日の午後は、横浜公園のチューリップを見に出かけた。
お伴をしてくれたのは、昨日と同様、犬友の海くん。トフィーと同じノーフォークテリア。
まだ1歳で元気いっぱい。

本日のコースは、横浜美術館~桜通り~汽車道~赤レンガ~ゾウの鼻公園~横浜公園。

ちょうど汽車道にかかったところで、人だかり。何かやっているのかと思ったら、撮影をしていた。場所が場所だけに、よく撮影現場を見かける。

端を歩いていたら、撮影が始まるような声が。「通れますか?」とスタッフの方に聞いたら、後ろからエスコートされ、撮影の横を通った。

前から、女の子があるいてきて、「なんだ、知らない子だ」とちょっとがっかり。
どうせなら、有名人を見たい、野次馬根性。

そうしたら、後ろから、「matsuさん、犬の方見ていたでしょう」とスタッフの声。
「ん?matsuさんってエグザイルの?」
で、よく見たら、エグザイルのmatsuさんが、すぐ横に立っている。

スタッフの言葉に、「だって、可愛かったんだもん」と、matsuさん。

トフィーをかわいいと思ってくれただけなのに、私の中で彼はすっかり「いい人」になった。
相変わらずの親ばかである。

あ、でも、もしかしたら、可愛いと思ったのは、
前を歩いていた海くんだったのかもしれない。

いやいや、たぶん両方だろう。うん。両方だ。
f0095873_234258.jpg

赤レンガ近くの橋のたもとにある桃の花(だと思う)。ピンク、白、白とピンクのまだらの3色が一本の木に咲いている。


f0095873_2344261.jpg

横浜スタジアムの横の横浜公園。恒例のチューリップ・フェスティバル。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-04-15 23:58 | ワンコ | Comments(2)

4月のお教室

今月のお教室です。

f0095873_22534175.jpg
ウェルカム・ドリンク用のスイートは、ビスキュイ・アラ・キュイエール。
通常の粉砂糖をまぶしたものは、ふわっと焼き、まぶさないものは、カリッと焼いてチョコをディップ。(写真はチョコのみ)


f0095873_22545025.jpg

今月のアミュゼは、野菜のジュレ、バルサミコとタイム風味。
細かいダイスに切ったお野菜をコンソメで煮て、ゼラチンで固め、崩し、トマトの酸味を加えたもの。とてもシンプルな味なので、アクセントにバルサミコとタイムを添える。白トリュフの香りの濃厚なバルサミコが、シンプルな味を豪華にしてくれる。


そして、白ワインとイタリアのパリパリパンのストレーゲ。

f0095873_22561377.jpg
ワインは、カルフォルニアの白・Carmel Road。シャルドネのワインで、レモン、グレープフルーツの香りのする爽やかな味わい。後味に樽の香りがするのが特徴。
白ワインは、イタリアのガビが一番のお気に入りで、シャルドネは香りはどちらかというと、あまり選ばないでいた。今回、ソムリエの方とメニューを踏まえてワイン選びをした際、ガーリックの強い香りに負けないようにと、シャルドネをあえて選ぶ。個人的には、甘さを感じたけど、後味の樽の香りが、その甘さを抑えてくれる。




f0095873_22565134.jpg
ワインのお共に、ストレーゲ。ボローニャ付近で食べられている、極薄のパン。
「ストレーゲ」は、「魔女たち」という意味。とんがった形が魔女の帽子みたいからだろう。
パリッパリの食感は、かなり癖になる。焼いた先から、食べてしまうほど。
チリガーリックとローズマリーの2種類の味。




f0095873_236224.jpg
スターターは、スタッフド・マッシュルーム。

ヨーロッパは、大きめのマッシュルームが手に入るが、それより大きいマッシュルームを発見。
本来なら、取り寄せてまでの材料は使わないのだけど、たまたま食べた、このジャンボマッシュルーム。かなりツボにはまったので、ぜひぜひ試して欲しかった。これは、岡山産のもの。京野菜を専門に扱っている「川政」さんからお取り寄せ。

クリームチーズを使った中身を、石づきを取った中にたっぷりと詰める。その上には、ブーギニヨン・バターにパン粉を混ぜたものでカバー。それを、オーブンでカリッと焼く。

お約束の味だけど、肉厚のマッシュルームがなんとも美味しい。
サクッとしながらふわっとした食感。

「シイタケではだめでしょうか?」と必ず聞かれるが、残念ながら、代わりにはなりません。
やっぱりこれは、マッシュルームでないと出ない味でしょう。


f0095873_22584671.jpg
そして、メインは、スズキのソテー。マリアージュ・フレールスタイル。
パリのマリアージュ・フレールのランチで食べたもの。フレンチなんだか、イタリアンなんだか分からないけど、付け合わせが青梗菜という意外性に感激。バジルの香りが、なんとも爽やか。ソースは、鶏ガラから取った、濃い目のブロード。





f0095873_22594424.jpg
デザートは、レモン・メレンゲ・パイ。白と黄色のコントラストが、春らしい。
エコノミーレシピで、砂糖や卵の量がかなり控えめ。つまりは、カロリー控えめな、ちょっと嬉しいレシピ。

サブレ生地のパイなので、サクッホロッ。
よく、かっちんかっちんのパイ生地をレストランで食べる事があるが、あれは、大変。しかも、フォークで切らなくてはならないので、皿を割ってしまうか、パイがすっ飛ぶか、と気をもんでしょうがない。これは、安心して食べれるのが嬉しい♪

震災の影響で、すずきがあまり入ってこなく、初回のレッスンは、鯛を使う。
でも、この鯛の皮が、何ともごっつくて残念だった。素材選びは、本当に大切。
初回の皆さまには、申し訳なかったです。

来月は、3月に出来なかったアフタヌーン・ティーのレッスン。
そして、6月は、ガスパチョ、シーフード・パエリア、フルーツ・テリーヌの予定。

ビスケットやパウンドケーキ等のおやつレッスンのリクエストを頂いているので、それもそのうち、やりますね。

7月、8月はお休みです。

それから、今月の最終レッスン、23日(土)のお教室に1名の残席がございます。

参加ご希望の方は、こちらにご連絡ください。
cadelpassero@gmail.com
 *御蔭さまで、満席となりました。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-04-15 10:20 | お教室 | Comments(0)

たかが皿、されど皿

むかついた。しかも、すごく、くっだらない事で。
ま、所詮、夫婦喧嘩なんて、そんなもんなんだろうけど。

疲れていると、さすがに夫の呆れた思考回路に付き合う気力がなくなる。

今日は日曜日。お昼をはしょったので、3時過ぎから、DVDを見ながらワインを飲み始めた。ちまちまとおつまみから始まり、トスカーナのローストビーフサラダのような「タリアータ」で終わった。

DVDあとも、テレビを見ていたが、知らないうちに二人ともうたた寝。
目が覚めた時には、グッテリであった。

「なにか飲みたいね」となり、紅茶を入れ、ソファーに座ったら、今度は、
「なにか甘いものが食べたい」と言うので、ビスケットを持っていった。

「ポロポロしそうだから、お皿をくれ」という夫に、
「えー、ティッシュ使えばいいじゃん」と。だって、やっと座ったばっかりだし。

「こぼすの嫌だから、皿くれよっ!」と再び夫。
「紙で十分だって。そんなに欲しけりゃ、自分で持ってくればいいじゃない」と、
ちょっと突っぱねた。

そしたら、である。

「じゃあ、もういいよっっっ!」と、切れたんですね、夫が。

そこまで言うか?と思いつつ、仕方がないので、皿を持ってきてやりました。
ええ、当然、もう手をつけませんでしたわ。

こうなったら、こちらも引くに引けません。
いつもいつも、機嫌を取ると思ったら、大間違いなんだよー!と心の中で叫びます。

ちょうど電話があり、席を立った夫。結局、紅茶は冷め、捨てました。

電話が終わり、ムカムカオーラをひきつれて、夫がキッチンに。

「おまえ、パスタ作るって言ってなかったっけ?結局、作らなかったじゃないかっっ!」って。

「・・・・・パスタ??? はぁ? そんなこと言ってませんけどね。」と私。

「言ってたじゃないかっ! タリアテーレってパスタだろうがっ!」

アホかっと思いつつ、「タリアテーレじゃなくて、タリアータ。最後に食べたサラダですー。」と。

「そんな事、知るかっ! なんかお前えらそーだなっ!」と、攻撃態勢。

ま、いつものパターンなんですけど、むかつきを素直に出すと、必ずコレです。
慣れてます。

言う事を聞かない = 偉そうな態度

こう言う方程式なんでしょう。

若かりし頃は、怒らすと怖いので、すぐ謝ったりしましたが、ええ、思ってもいなくても、デス。でも、最近は、10回に1回くらいは、アホくさくなり、勝手に吠えさせておきます。

寝る準備をしていたら、何やら、夫からアプローチ。

しかたない。フルーツでも切ってあげるか。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-04-03 23:09 | | Comments(4)