<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2月のお教室のお知らせと変更

2月のお教室のお知らせです。

メニューは、

玉ねぎのラビオリ セージクリーム、または、キッシュ
(週半ばにはどちらかに決めます)

チキンのハーブソース

TOP'S風チョコレートケーキ


実は、2月に娘が帰国する事になりまして、3週目に予定していたレッスン(20日、22日)をキャンセルし、代わりに、2月6日(水)と8日(金)になりました。

以下の日程に残席がございます。

2月6日(水)、2月8日(金)、2月14日(木)

お申し込み、ご質問の方は、こちらからご連絡ください。
cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-26 20:37 | お教室 | Comments(0)

ホームメイド・粒マスタード

f0095873_13245313.jpg


今回、パテ・ド・カンパーニュの為に、粒マスタードを手作り。

自分で作っておきながら、「へぇ~、家で作れるんだ」って、感激。

作り方はいたって簡単でしたが、作った直後は、お気に入りのMailleに比べたら、パンチがなくて、苦みも多い感じで、ぱっとしません。

「ちっ!時間の無駄だったか、、、」と、気を落としていたのですが、時間をおいたら、何やらいい感じに。

気を取り直し、レッスンの当日、皆様に出してみたら、かなり好評。ちょっと、気をよくいたしました(お調子者?)

時間をおいたら、味が落ち着いてきて、市販のものより、フレッシュさはあるし、マイルドだけど、辛みはこちらの方があって、甘みを少し加えたので、パテには、ばっちりでした。

かなり有頂天になったすずめ先生は、口頭にてレシピをお伝えいたします。

お楽しみに~♪
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-18 13:27 | お料理 | Comments(3)

2013年1月のお教室スタートです!

1月のお教室のスタートです。

年始から色々あって、お教室の開催が危ぶまれていたのですが、なんとかクリア!です。

そんなわけで、今月はあろうことか、ウェルカムの焼き菓子、アミュゼがなしです。
その代わり、お土産たっぷりで、許してくださいませ。

f0095873_13762.jpg

さて、スターターは、以前からリクエストのあった、Pate de Campange パテ・ド・カンパーニュ。

いろいろなレシピがあります。フランスでは、豚レバーが多く使われていますが(または両方)、日本だと鶏レバーの方が入手しやすいので、こちらを使ってます。

豚肉は、赤身と脂身を分けていましたが、今回は、ちょっと脂身の多いバラ肉を使ってます。ポイントは良い肉を使う事!リエットもそうでしたが、特に脂身を生かしたものは、良質のお肉でないと脂が美味しくありませんので、せっかくのお料理が台無しになってしまいます。レバーとお肉の割合も大事です。

くるみやピスタッチオを入れるのもありましたが、パリで最初に食べたパテが忘れられず、これに近づけて、シンプルなものにしました。

焼く時に、網脂で覆いたかったのですが、こちらも入手しにくいので、代わりに極薄ベーコンを使いました。横浜そごうのKIRNで、良質のベーコン(脂身の多い物)をパルマハムのように切ってもらいました。これが、取ってもいい仕事をしてくれて、大満足です!

ベーコンは主張が強いので、主役を取られちゃう感があります。少し入ってても「オレオレ」って感じ。さりげない名わき役でいてくれません。控えめベーコンのお陰で、パテのお肉のうまみがどーんと前面にでてます。

パテは難しくはないのですが、日数がかかります。仕込んで、一晩。焼いて、最低でも一晩ですが、3日目からの方が、美味しいです。

あっさりフレンチドレッシングで和えたサラダと、ピクルス(ガルキン)とホームメイドの粒マスタードを添えてます。

f0095873_1372919.jpg

メインは、ブイヤベース Bouillabaisse。

フランス・マルセーユの漁師料理で有名ですが、本家本元は、日本で知られているようなおしゃれなお料理ではありません。あちらは、もっと豪快な料理です。まず、魚も姿ごと煮ているものが多く、食べ方も、魚介類とスープを分けて食べてます。トマトも入ってなく、とてもシンプルなものでした。

だから、日本から、本場のブイヤベースを食べるぞ~!と意気込んできた人には、かなり拍子抜けされる事が多いようです。

ブイヤベースは、アイオリと呼ばれるニンニク入りのマヨネーズを付けて頂きます。魚臭さを取ってくれるんだと思うのですが、これが、マヨネーズ好きには、たまらない美味しさなんです。

エビは、もちろん有頭えびが見栄えがしますが、食べやすさを優先して、むきえびにしました。普段だとアサリを使う事が多いのですが、ちまちま食べるのもなにか、と思い、ハマグリを使用。食べがいがありました。

f0095873_13122820.jpg

そして、デザートは,Galette des Rois ガレット・デ・ロワ。

1月6日の主顕節(エピファニア)で食べる、お祝いケーキです。フェーヴェと呼ばれる(フランス語でそら豆)小さな陶器が一つ入ってます。昔は、乾燥そら豆を入れていたそうです。で、それが当たった人は、その日の王様になるとか。って、なんだか、合コンの王様ゲームみたいですね~。あ、ちなみに私は合コン経験なしですから。一般には、当たると、その1年幸福でいられる、と言う縁起物です。

パイ生地の中のクリームは、クレーム・ダマンドとクレーム・パティシエールを混ぜ合わせたクレーム・フランジパーヌを入れてます。

甘さ控えめのクリームとサクサクパイは、ちょっと危険です。ええ、そういう私は、試作で焼いたパイをほとんど一人で平らげて、「やっちまったぜ」と反省の日々を送ってます。

もうひとつの反省は、初日のレッスンで、中に入れるはずのフェーヴェを入れ損ねたという、とんでもない失敗を(笑)

なので、全員フェーヴェを同時に手にする事となり、かなり強引に全員1年間幸運と言う事に落ち着きました。

次回は忘れずに、入れます!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-18 09:46 | お教室 | Comments(0)

Feves フェーヴ

f0095873_16461029.jpg

今月のデザートは、Galette des Rois ガレット・デ・ロワ。

1月6日の主顕節(エピファニー)を祝って食べるお菓子。
ガレットの中にはフェーヴ(陶器で出来た飾り)がひとつ入っている。

年始から、いろいろ大変な事となり、未だ右往左往している状態で、気がつけば、レッスン直前。

かわいいフェーヴを買うには、ちょっと乗り遅れ感が。
それでも、何とか、そこそこかわいいものを発見し、ホッとした。

さぁ、明日からレッスン。運の良いひとは、誰だろう?
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-16 16:44 | お教室 | Comments(2)

1月のお教室と今年のスケジュール

新年のご挨拶もそこそこに、1月のお教室のお知らせです。

まずは、日程から。

1月17日(木)、19日(土)、23日(水)、25日(金)

メニュー

パテ・ド・カンパーニュ
ブイヤベース
デザートは、ガレット・デ・ロワ



そして、1月以降5月までの日程です。

2月14日(木)、16日(土)、20日(水)、22日(金)

3月13日(水)、15日(金)、21日(木)、23日(土)

4月18日(木)、20日(土)、24日(水)、26日(金)

5月16日(木)、18日(土)、22日(水)、24日(金)



質問、お申し込みは、このブログかこちらまで。cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-02 12:31 | お教室 | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます!

f0095873_12223420.jpg


皆様

新年 明けまして おめでとうございます。

今年は、夫と二人きりの横浜でのお正月。実は、結婚以来、自分たちで迎える新年は初めて。大抵は、お正月にこちらにいるときは、夫の実家で迎えていたから。

今回、初挑戦となったのは、おせち料理。

向こうにいた頃は、限りある材料で、なんちゃってお節は作ってはおりました。ま、雰囲気ニッポンって感じ。お煮しめに黒豆、お雑煮ってところでしょうか。それでも、塗り盆の上に盛りつけたりすると、それなりにお正月気分満載でございました。

帰国して3度目のお正月を迎えたわけですが、最初の年は、恒例夫の実家。お節は取り寄せ。
2度目の去年は、気ままな夫婦は、別々の国で新年を迎えたわけで。

クリスマス前に私はイギリスの娘たちに会いに行き、すれ違うように夫はイタリアへ飛び、お正月前に日本に帰ってきた私は、トフィーと二人だけの年明け。それを思うと、いまだホロリとしてしまいます。

なぜ、君がいない?(涙)

実は、去年2月から、日本食のレッスンを受けています。なんちゃって日本食から脱出すべく始めて、すっかり楽しくなってます。

で、今年最後のレッスンが、おせち料理。ええ、今回作ったのは、全部は無理でしたが、ほとんどレッスンで習ったもの。

お節の内容。

黒豆、金柑蜜煮、菜の花竹の子松前漬、明太子の出汁巻き卵、海老芋煮、五万米、結び白滝、曙梅、亀甲椎茸梅煮、牛肉の八幡巻、慈姑、いくらのしょうゆ漬け、塩炒り銀杏、鴨のたたき柚子胡椒、寒ブリの味噌幽庵焼き。写真には、いくらを載せそこないましたが、酢橘をくりぬいて入れました。

反省はいろいろ。

まず、黒豆がもう少し柔らかく出来なかった事。寒ブリが焼き過ぎた事。亀甲シイタケが亀甲に切れなかった事。でも、初めてにしては、まぁ上出来かと。

お雑煮は、関東風の焼きもち、お吸い物で。

夫は関西なので、丸餅,煮餅、白味噌です。新婚当時は、実家に敬意を払って、元旦は関西風、二日目は関東風にしていきましたが、結婚25年以上ともなると、勝手に関東風一色に。妻も強くなりました〈笑

元旦、朝から、がっつり食べ過ぎ、腹ごなしに近所の伊勢山に初詣。そして、その足で、元旦からオープンしているそごうで初買い物。

今年は、なにやら、また色々と起こりそうな予感。初詣で願った事は、平凡な日々。
なにしろ、色々な事があり過ぎ人生なので。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

すずめ
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-01-02 09:07 | 暮らし | Comments(5)