<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

英国大使館での学園祭

夫のシカゴ出張中、のんびり過ごそう!なんて思っていたのに、超多忙な日々を送る事となった。

2週間中、レッスンがあったお陰で、すさんだ生活を送る事はなかった。元来、怠け者で、自分ひとりとなると、いつ部屋が片づくのか分からないような生活になってしまうのだが、なんとかそれは回避。

そんな時に、イギリスの友人からメール。

お姉さんが、日本で仕事をするので、その手伝いをしてくれないかとの申し出。そりゃあ、私にできる事なら、喜んで。しかも、折よく、自由時間もたっぷりあるので、気兼ねなく、と。

そう言ってはみたが、最近、使っていない記憶の引き出しに入ったままの英語が、まだ生きているのか、超心配になってきた。

今回は、英国大使館主催で、イギリスの製品の売り込みショーケース。各々、テーブルを並べたブースで製品を展示する。バイヤーや問屋、小売店の方々との契約が目的。

「ムードメイカーでいいから」って。

そういや昔、そう言って気楽に引き受けた通訳で、いきなりビジネスミーティングを約す羽目になった、苦い経験があったっけ。

結局、シリアスなビジネスや数字を使ったものは、ダメだからね!と念を押した上で、お手伝い。不安はあったけど、食事つきの英国大使館に行ってみたいという、好奇心が勝っただけ。英語は二の次、後は野となれ、山となれ!あはははは~、である。

彼女の会社は、アウトドアグッズ、ブーツとウェア。ウェアに至っては、イギリスの上流階級が来ているような、エレガントな上品なデザイン。丁度、キャサリン妃が来ているようなイメージ。

日本で売り込むのは初めてな彼女。お客様が来ても、「どうぞ、ご覧になってください」と遠慮がち。ブーツや小物に至っては、見て分かるが、コート等は、来てみなければ、そのデザインのよさが分からない。

大学時代に、マネキンの仕事をやっていた経験が生きたのか、こういうのは得意中の得意。客に着せるは、自分が着て見せるは、売り込むだけ売り込んだ。

重宝がられて、隣のブースのお手伝いまで。すっかり学生気分。楽しい学園祭のよう。
打ち上げパーティーにも呼んでもらい、なんとも楽しい経験をさせて頂いた。

初めて行った英国大使館の大使公邸は、とても美しかった。英国調インテリア、他の国と何が違うかと明確には説明できないが、カーテンのプリント柄とか、家具の配置の仕方とか、微妙に違う。一番違うのは、もちろんエリザベス女王の肖像画が掛っている事ですけど。

何より感激したのが、トイレ。ドアを開けたとたん、「どこでもドア」でイギリスに来たようだった。

広いトイレ。きれいな壁紙。個室ももちろん壁紙。洗面所の前には、下まで下がったテーブルクロスのかかった大きなテーブルとソファー。寝泊まりできそうなくらい美しい部屋。

さすがに16年半もいたせいか、イギリスらしさに接すると、ホッとする。

でも、ピンクのギンガムチェックのシャツに、ピンクの蝶々のプリント柄のネクタイのおっさんを見た時には、のけぞった。

「いたいた、こういう趣味の人」と、呆れながらも、妙に似会うおっさんに、感心さえしてしまった。恐るべし、イギリス紳士。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-27 14:51 | 暮らし | Comments(2)

リレッスンのお知らせ

4月11日(木)に、「真夏の暑気払いパーティー」のリレッスンをいたします。

かなり気が早いですが、以前からずっとリクエストがありまして、やっと実現となった次第です。

メニューは以下の通り。

ハムのムース トマトドレッシング添え
冷製シーフード・パスタ
チリコンカーン
シーザーズ・サラダ
レモンのセミ・フレッド


あと2名の残席がございます。
ご希望の方は、ご連絡ください。cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-27 12:27 | お教室 | Comments(0)

ホワイトチョコレート・ババロアとチョコレート・ムース 塩キャラメルソース

f0095873_9444895.jpg


今月のデザートの「ホワイトチョコレート・ババロアとチョコレート・ムース 塩キャラメルソース」。

最初は、ホワイトチョコのババロアと塩キャラメルソースだったのですが、2日目のレッスンの前日に、ホワイトチョコを買い忘れ!という、おまぬけな事態が!

ホワイトチョコのババロアは前日に作ってあったので、当日のレッスンは、苦し紛れにチョコレートを使いました。どうせなら、違った触感を味わってもらいたく、チョコの方はババロアでなくムースに仕上げました。

「災害転じて福になる」と申しましょうか、白黒のコントラスが綺麗な一皿に仕上がりました♪

イチゴは、カットサイズを変えて、見た目を楽しくしてみました。

春らしいデザートです。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-27 09:45 | お教室 | Comments(1)

3月のお教室 ラクレットパーティー

f0095873_22474486.jpg

今月のレッスンは、通常のレッスンと少し違います。

フランスのサヴォア地方の郷土料理、ラクレットを楽しむ会です。

レストランで食べるラクレットは、大きなチーズの断片を火で炙り、溶けたチーズを茹でたポテトにかけて食べます。

家庭用には、ラクレット・ストーブを使います。日本でも、二人用から8人用くらいまでのサイズがあります。我が家のストーブは、フランスから持ってきたティファールのもので、6人用。
f0095873_22482013.jpg


f0095873_22484478.jpg

小さなフライパンに具材を入れ、上にラクレットチーズをのせ、こんがりと焦げたら出来上がり!茹でたポテト、またはバゲットにのせて頂きます。チーズ好きにはたまりません♪

パーティー用に今回は、オニオン、トマト、マッシュルーム、パプリカ、サラミ、オリーブ等を用意しました。

食べたいものを選ぶ楽しさ、チーズが焦げるまで待つ楽しさ。子供から大人まで楽しめる事間違いなしです!

そして、ラクレットと一緒に頂いたのが、
f0095873_22524291.jpg

クリーミィチキンと白いんげんのサラダ。柔らかく火を通した鶏胸肉をタラゴン風味のクリームマヨネーズで和えてます。白いんげんは、玉ねぎとドレッシングでマリネ。トマトを添えて頂きます。

赤いのは、紫キャベツのサラダ。紫玉ねぎ、ドライトマト入り。どんだけ食べれる?と言うくらい好きです。

もうひとつは、麦のサラダ。シーフード、オリーブで、さっぱりと。
f0095873_22503676.jpg

そして、最後は、牛肉のタリアータ。イタリア、トスカーナの牛刺しサラダと言う感じ。バルサミコとオリーブオイルとシンプルな味付け。欠かせないのが、パルミジャーノ・チーズ。ラクレットのチーズ味と重なるので、メニューに加えるか迷ったのですが、ぜんぜん違うタイプなので加えて正解でした。

f0095873_22493584.jpg

デザートは、ホワイトチョコレート・ババロア。
ホワイトチョコは、ヴァローナを使用。ホワイトチョコのコクのあるなめらかなババロアに仕上がってます。ストロベリーとブルーベリー、塩キャラメルのソースと一緒に。

ワインは、横浜そごう・エノテカから。新店長・上田さんお勧めの南フランスの白のコルビエール。コクのある白ワインは、チーズにピッタリでした。

DOMAINE DE VILLEMAJOU
CORBIERES
2011

明日のレッスンに1名のキャンセルが出ました。当日でもご連絡くださいませ。

21日(木)に数名の空席がございます。参加可能な方、至急ご連絡ください。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-15 22:49 | お教室 | Comments(0)

ラクレット・パーティーのレッスン

娘の帰国でバタバタして、お知らせが遅れました。

3月のレッスンは、完全に暖かくならないうちに、ラクレット・パーティーを行います。

ラクレットは、フランスサヴォア地方の郷土料理。
ラクレット・ストーブで、ふかしたポテトにラクレットチーズを載せて、こんがり焼いて頂きます。

外で食べると、ポテトとチーズだけのラクレット。それを、お家パーティー用に具材を沢山用意して、「次は何を載せよう」と、みんなでワイワイ楽しめます。

我が家のラクレット・ストーブはフランスから持ち帰ったものですが、今はネットでもお店でも、2~8名用まで、手軽に手に入るようになりました。

準備も簡単で、大盛り上がりと、嬉しいラクレット・パーティーです。

ラクレットの他に、2~3品、サラダ・パスタが入ります。(すみません、まだ未定です)
デザートもさっぱり系を考え中。

以下の日程に空席がございます。

3月15日(金)
3月21日(木)

参加ご希望の方は、至急ご連絡くださいませ!
cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-05 09:59 | お教室 | Comments(2)

娘の帰国 空回りの母心

2月半ばから、次女がイギリスから帰国していて、昨日、帰って行った。

松本の行きつけ温泉に1泊、スキースノボーに北海道2泊3日、そして、夫の実家の松山2泊3日と、大忙しの3週間でありました。

何が大変かって、自分で動いてくれない!何から何まで一緒という、なかば軟禁生活でありました。

もちろん、楽しかったです。久々に聞く、娘の暴言でさえ〈笑

来る直前にかかったインフルエンザの残りの咳を持ち越しての帰国。温泉から戻ったら、咳も戻ってきてしまい、帰ってきた日に、医者に連れて行こうとしたら、揉めました。

夕方の帰宅。家から3分の医者に、すぐ行こうと言ったら、「休みたい」と。
じゃ、30分くらいしたら行こうと言ったら、少なくとも1時間は休みたい、とと言いながらipadで遊び始める。

こっちは、夕飯の買い物、支度が控えてるので、先に済ませたいわけで。

それをごり押ししたら、大げんかに。

「もう、医者なんか連れてってやらないからねっ! こっちは、北海道で辛くないように、治した方がいいと思って言ってるんであって。行かないなら、行かないでいいよっ!一生、咳でもしてればいいわっっ!」

と、捨て台詞。

「別にいいわよっ!スキーホリデー中、マミーの顔にずっと咳をかけつづけてやるからねっっ!」

と応酬。

まぁ、後で思えば、大人げないやり取りですが。その時は、ブリブリ。

なんたって、先回りした心配は、常に空回りの空しい母心。心配なんて、もうしてやるもんか!と思ってみても、のど元過ぎれば、やっぱり心配。

いくつになっても、娘は娘。
例え、私が100歳で、娘が70歳でも、やっぱり心配するんだろうなー。

元気で頑張るんだよ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-05 09:46 | 子育て・娘 | Comments(2)