<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

American Carrot Cake

「美味しいキャロットケーキを教えてください!」とのリクエストを貰ったのはいいが、実は、あまりキャロットケーキが得意でない事実が...。

さてさて、どうしよう、と思いながら、アイデアを探して出会ったアメリカのレシピ。

にんじんもたっぷり使ってあるし、くるみやパイナップル、ココナッツもあるのでいけるかと。

でも、いくら試作といえども、アメリカのレシピは、ドーンと重たく、どひゃ~っと甘い。そこで、いろいろと策を巡らし、分量を変え、やり方を変えで、作ってみたのがこちら。
f0095873_423563.jpg


焼き立ては、パウンドケーキ同様、材料が落ち着いてなく味見をしても意味はないけど、やっぱり我慢が出来ず、パクリ。

う~ん、美味しいような、ないような。甘さをおさえすぎたかな~。

と、半分失敗かと思いきや、一日休ませてから食べてみたら、食べた瞬間、ハートが飛び出した。また、食べたいと思うケーキの出来上がり。

あっさり目に仕上がったので、もう少しボリュームを出すため、アイシングはクリームチーズ入りのリッチタイプを。材料のココナッツは中に入れずに、トッピングに。

あとは、ほんの少しの調整をして、出来上がり♪

7月のレッスンでやりましょうかね~。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-04-27 04:25 | お料理 | Comments(0)

6月のお教室のお知らせ

4月も後半に入り、だいぶ暖かくなってきたシカゴですが、春にはまだ時間がかかりそうです。せめて新芽くらい早く見たいんですが、それも、もう少しおあずけです。

6月の帰国まで、あと1カ月少し。このところ本腰を入れて、帰国時のレッスンの内容を決めております。

いつものヨーロッパスタイルのお料理にしようかと思っていたのですが、せっかくアメリカに滞在しているので、こちらで出会った美味しいをご紹介したいと思っております。

テーマは、ザ・アメリカン!

まずは、最近はまっているホームメイド・グラノーラをご紹介します。
f0095873_512376.jpg

まぁ、好きなものを入れればいいのですが、基本を知っていれば、マイ・グラノーラを楽しく作れますからね。この味を知ってしまったら、もう市販品は買えなくなりますよ~。

そしてそして。

実は前回ご紹介しようと思っていて、すっかり忘れこんでいたこちら。
f0095873_5134520.jpg

Ebleskiever エイブルスキーバー
f0095873_5154576.jpg

デンマークのスタッフド・パンケーキです。たこ焼きではありませぬ。でも、たこ焼きの得意な方は簡単に作れる事間違いなしです!(笑)

ふわっふわの生地で焼いてます。今回は、お食事前に、2種類のエイブルスキーバーを楽しんでいただきます。

その他には、

★Shrimp & Grits : アメリカ南部のお料理。白トウモロコシの粉をミルクで煮て、ほんのりチーズ味の上に海老と野菜のグレービーソースをかけます。

★タコス・チキン・サラダ。
タコスの中身をサラダにしたてました。ビールをがっつり飲みたくなります♪
f0095873_5181857.jpg

★トマト・マカロニ・チーズ
アメリカのマカロニチーズは、もうこてこてに重いんですが、少し軽めにして、カイエンペッパーを効かせた、ちょっぴり大人味に仕上げました。

★キャラメル・マカデミア・チーズケーキ
f0095873_519876.jpg

チーズケーキ・ファクトリーからインスパイアされて、仕上げたケーキです。
甘さを抑えて、少し軽めにしました。今、一押しのケーキです。


以上を予定しておりますが、気まぐれメニューが登場するかもしれません。

日程と残席状況は以下の通りです。

6月19日(木) 残席あり
6月20日(金) 満席
6月21日(土) 満席
6月22日(日) 残席あり

お教室への参加ご希望の方、お問い合わせは、こちらまで。 
cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-04-23 11:39 | お教室 | Comments(0)

蟹づくし

シカゴにある2大クラブ(蟹)レストランに行ってきた。

こちらは、ついこの前行ってきた、Shaw`s crab house ショーズ クラブ ハウス。
21 E Hubberd St. Chicago

f0095873_2411364.jpg


兎に角、シーフードのメニューが豊富。
食べやすい蟹の爪にするか、足にするか迷っていたら、アラスカ産のレッド・キング・クラブの足がレストランのお勧めと聞いて、迷わずオーダー。
f0095873_2412334.jpg


一皿を夫と分けたので、この量。タラバより、ちょっと大きい気が。
思った以上の太さに、かなり感激デス❤

f0095873_2421748.jpg

これは、スターターで夫がオーダーした牡蠣の盛り合わせ。このレストランで食べれる全部の種類が一つずつ。「どれが美味しかった?」に「全部」と、大雑把な答えが返ってきた。
f0095873_2423881.jpg

体調によって牡蠣にあたるので、私は別のスターターで、ロブスター・カクテル。う~ん。コリアンダーやらアボカドやら、いろいろ入っていて、最初は美味しかったけど、相変わらず味付けの濃いアメリカの味に、最後は、ロブスターだかドレッシングだか、分からなくなり~。その後来たサラダも、まるでマリネ状態。次は忘れずに、ドレッシングは別で貰おう。

ワインは、ナパの白ワイン Frog`s leap ソービニヨン・ブラン。
グレープフルーツの香りの爽やかなドライ。お料理と一緒に飲むと、さらにドライな感じで、ナイスチョイス!次にナパに行ったら、このワイナリーに行ってこよう♪

デザートを食べる隙間があったので、アイスクリームを二つ頼んでみたら、お椀をふたつ重ねたようなアイスクリームの量にあ・ぜ・ん!そうだった、アメリカって、量が多かったんだった。あとの祭りでございました。



このレストランの前に行ったのが、こちらの
Joe`s seafood prime steak & stone crab
60 E Grand Av. Chicago

f0095873_2433100.jpg

レストランの看板であるストーン・クラブの蟹の爪。食べやすく爪を砕いてあるので、がっつり行ける。レモンとマスタードソースが付け合わせ。

サービスはよかったけれど、他のレストラン同様、照明が暗過ぎて、メニューもよく見えません。お年ごろにはちょいと辛い(笑)

付け合わせに食べたコールスローが、マヨネーズ抜きで、あっさりしてお勧め。
シーフードレストランだから、生牡蠣が食べれると思ったら、無かったのが残念!と夫。

デザートのキーライム・パイは、ふぅん程度の物でした。二度目はないかな。

ヨーロッパでは、こんな蟹の食べ方をしないので、シカゴ生活は、蟹三昧やロブスター三昧が出来るのが、とっても嬉しい♪

でも、気になるお値段は、そこそこ高いのが残念。蟹の足は、600gくらいで6000円くらい。二人で半分個が丁度いい感じ。

シーフードのお供は、大抵溶かしバターかマスタードソース。
美味しいけど、やっぱり欲しくなる醤油味。
次は、ポン酢を隠して持っていかなくちゃ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-04-14 12:38 | 暮らし | Comments(4)

ハラーブレッド

f0095873_374679.jpg


ソフトプレッツェルを作ったついでに、焼いたChaller Bread ハラーブレッド。

ユダヤのパンです。バターを入れてないので、あっさりとしたブリオッシュと言ったところです。

作り始めてから二つ分と気がついたんですが、事すでに遅し。もう作るっきゃありません。

量が多いと、かなりの力仕事。しかも、二人しかいないのに、こんなに焼いて、どうする(-_-;)

取り敢えず、きれいに焼けました。初トライにしては、まぁまぁかな。

で、肝心のプレッツェルは、茹で時間に失敗して、見た目が残念に終わりました(ToT) リベンジします。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-04-09 12:45 | お料理 | Comments(0)