<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Week-end in Key West その1

f0095873_1194477.jpg

命の洗濯をしてまいりました。

行き先は、マイアミの南にあるKey West。シカゴからだと、飛行機でマイアミまで3時間。そこから乗り換えて、さらに1時間弱。

マイアミから、ながーく連なるKEYアイランド。Key Westは、その一番下のヘミングウェイの愛した島。ニワトリがコッコ言いながら、その辺をうろうろしているような、のどかな雰囲気。島好きには、たまらんです❤

ベストシーズンは12月から4月で、それ以降は、徐々に降水量が増える。5月半ば過ぎ。まだ雨が多いとは言えない時期だったけど、天気予報ではあんまりぱっとしない模様。「雨が降らなければ、いいね」と、あまり期待せずに行ったけど、3泊4日のうち、曇ったのは到着した日のみという、ラッキーさ。それでも、目の前に広がるエメラルドグリーンの海を見たら、「来てよかった~!」と感激しまくり。

宿泊したのは、島の南側のCasa Marina。賑やかななのは北側だったけど、広い砂浜が広がっているのにこだわって、ここに決定。空港から10分以内と言うのも、嬉しい。

ホテルのHPの写真に騙される事がしばしばあった、ここ数年。マイナーな口コミを見ると不安になったけど、いやぁ、よかったです!帰りたくないほど、よかったです。

予約した部屋は、海側の1階。バルコニーから直接プールやビーチにアクセスが出来るけど、そこからは外からカギがかからないので、誰か部屋にいないと、そのメリットはなし。子供がいる時は、便利かな。
f0095873_121037.jpg

ロケーションは最高!確かに、ところどころ老朽化はあったけど、不快になるほどではなかったし。なにより、ビーチサービスの良さに感激。朝食も種類が豊富で美味しかった。
f0095873_142156.jpg

f0095873_1442025.jpg

ハンモックに寝ころび、本を読む。疲れれば、海を眺め、海風に揺れるヤシの葉の音に癒されウトウト。なんともぜいたくな時間。
f0095873_1303748.jpg

海に面したエントランスは、ハリウッド映画に出てきそうな美しさ。そこで絵にならない自分が、すこーし悲しかったけど(笑)
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-29 01:25 | 旅行 | Comments(2)

Shrimp&Grits

f0095873_12254293.jpg


再び、グリッツです。最終調整が終わりました。

どうもヨーロッパ生活が長かったせいか、自分がアレンジをすると、なんとなくヨーロッパっぽくなってしまいます。いいのか、わるいのか...。「これは、アメリカ料理じゃないわ!」と言われちゃうかも。

何料理でも、美味しけりゃいいんです、美味しけりゃ♪

前回帰国した時のレシピに手を加え、チーズ風味のふわふわのグリッツの上に、野菜のグレービー。とっても、優しい味に仕上がりました。

初めてのグリッツ体験、楽しみにしていてください♪

6月のレッスンは、22日(日)に1名だけ残席があります。
リクエストが多いので、7月にもレッスンを増やしましたが、こちらの残席数がはっきりしたら、またお知らせします。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-24 12:54 | お料理 | Comments(0)

おねだりリス

写真だけ載せて、説明なしでした〈涙)

やっと春らしくなり、恒例のチューリップが咲き乱れているシカゴです。5月前半は、夏日が来たかと思えば、10℃以下の初冬の寒さがぶり返しで、20℃近い寒暖差と戦う日々でありました。

5月後半ともなると、さすがに10℃以下にはなりませんが、それでもコートなしではちょっと寒過ぎ。数日前は25℃だったのに、今日は14℃。それでも、夏に切り替わった人たちは、14℃にもかかわらず、半袖やノースリーブと、たくましい姿で歩いてました。

f0095873_3372386.jpg

ミシガン・アベニューのチューリップ
f0095873_3384169.jpg

ミシガン湖には、いくつか人口ビーチがあって、そこら中にビーチバレーのコートが。
f0095873_3391279.jpg

f0095873_3392769.jpg

そう、これがタイトルのおねだりリス。

ミレニアムパークの奥を歩いていたら、ちょろちょろとリスが逃げるどころか近づいてきたんです。目の前で座って、期待いっぱいのうるうる瞳で見つめられてしまいました。「ごめんね。何ももってないの」と立ち去ったのですが、あきらめられないのか追いかけてきました。「まぁ、かわいい❤」と思ったのもつかの間、いつまでも着いて来れれたら、だんだん怖くなりまして。食いつかれたらどうしよう、と。道を渡ったら、さすがに諦めてくれました。実はリスは凶暴って、誰かが言ってたような。本当なんでしょうかね?
f0095873_3402688.jpg

通りでは、チェスのテーブルが出ていて、挑戦している人たち。
f0095873_341138.jpg

ミレニアムパークでは、噴水が出始めました。友人が、「自分の顔があんなに大きく出たら、いやだ」って。私も嫌!
f0095873_3414140.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-12 13:35 | 暮らし | Comments(0)

ひとりランチ

本日のひとりランチは、以前から行きたかったBig Jonesで。

目的は、こちらのShrimp & Grits のグレービータイプ。
f0095873_785167.jpg


はるばるバスで1時間揺れて来た甲斐がありました!近所のレストランでは、このグレービータイプが無くて、ずっと食べてみたかったんです。もう一口目で、「来てよかった~♪」と。

テレビ番組をみて、材料だけの知識で作った自作の物が、かなりいけているのも分かったのも収穫です(笑)

現地のものを食べたわけじゃないので、はたして、これも本物なのかどうかは定かではありませんが、美味しいと思えたからいいといたしましょう。そう、美味しければいいんです。

なにより、ここのグリッツが他とちょっと違って、円やか+プチっとした触感。これは、市販のグリッツには無かったです。食べたきゃ、ここに来いって事でしょう。

思ったよりも軽かったので、あっという間に完食!それじゃ、と何か他を試したくなり、本家本元のフライドチキンを注文しようとしました。

が!いかんせん量が多すぎ。しかたなく諦めて、フライドチキン入りのサラダを注文しました。

f0095873_79786.jpg


が!ここで、また性懲りもなく失敗を。アメリカのサラダは、ドレッシングまみれで、サラダを食べてるのか、ドレッシングを食べているのか分からなくなるんです。なので、ドレッシングはかけてもらわずに別に貰うのが得策。分かっていたのに、頼むの忘れてしまいました(涙)

フライドチキンのスパイシーなお味は、ブルーチーズドレッシングにかき消されて、わけわからなくなってます。ああ、やっぱり多くてもフライドチキンを頼むんだったと、後悔しきり。とりあえず、分からなくなった味を探して、三口、四口で無駄な抵抗はやめました。あとは、お持ち帰り。


f0095873_792422.jpg

レストランの外観です。ダウンタウンと違って、高層ビルが無くて、穏やかな雰囲気。小じんまりしたカジュアルなレストランやカフェが連なっていて、穏やかなアメリカらしさを感じられて、けっこう気に入りました。

バス停の近くで出会った、イタリア出身のシープドッグ。ドレッドヘアのようで、イタリアンというより、やっぱりアメリカンでしょ。
f0095873_791873.jpg


このレストラン、他にも南部のパンとか、数種類のピクルス、加工肉、朝食、デザートなどなど、食べてみたいものが沢山。

しばらく通ってみよう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-08 17:07 | 暮らし | Comments(0)

シカゴ 物乞い事情

私の子供時代には、人の集まる道や地下道に物乞いがいたものだけど、最近は取り締まりが厳しいのか、あまり見かけなくなった気がする。

あの時代に見たのは、負傷兵の物乞い。汚いし、しかも足が無かったりして、今から思えば気の毒な気がするが、子供の私には、とっても怖くて、いつも足早に通り抜けていたっけ。

さて、ここシカゴのお話。どうも、物乞い同志のテリトリーがあるようで、ある時、3人くらいでシェアしているセブンイレブンの前の場所を、よそ者が勝手に座ったことから大騒ぎ。3人対ひとりで、すごい言い争いが。よっぽど、美味しい場所なんだろう。

アパートの近くは、観光名所の一つのピザ屋が近いので、路上駐車が多い。彼の前で駐車をしようとしている車があると、丁寧に指示をしてあげている。余計な御世話な人もいそうだけど、縦列駐車のへたっピーには、ありがたい気がする。どうも、それをしてチップを貰っているらしい。ふぅん。これも生きる術なんですね。

その彼はもちろん、いつも行くスーパーの前とか、同じ人がいるので、いやでも顔見知りになってしまう。日本の物乞いと違って、やけにフレンドリーというか、ずうずうしい、こちらの方々。通りがかりの人には、ほとんど声をかける。

昔から挨拶魔なので、挨拶されると、つい反応してしまうのは、この場合困りもの。

「ハロー」や「ギブ ミー チェンジ」くらいなら、聞かなかったふりが出来るのだけど、「ナイス ブーツ!」とか「ナイス コート」とか、褒められると、つい笑顔で「サンキュー」と答えたくなってしまう。反応して、どうする!と自分で突っ込みながら、いつも通り過ぎるのですが。

いかにも健康な物乞いもいるけれど、車いすの人もたまに見かける。

先日、交差点で信号待ちをしていたら、反対側を渡っている車いすの物乞いになんか違和感が。何気に見ていたら、ハタ!と気がついた。

横断歩道から歩道に上がる、少し傾斜のあるところで、彼、足で思いっきり地面を蹴って、車いすを動かしているじゃないですか。

渡り終えて、歩道に上がっても、ずっと足で椅子を動かしているし。手で押すより、ずっとハードに見えるんですがね。

う~ん。確かに、足の悪い人だけが、車いすじゃないとは思うのですが。
これって、新種のエクソサイズ?

どちらにしても、なんか嘘っぽい物乞いでした。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-07 01:09 | 暮らし | Comments(0)

トマト・マカロニ・チーズ

f0095873_771635.jpg

トマト・マカロニ・チーズの調整完了♪
あとは、帰国してから、日本の乳製品を使っての調整のみ。

今日は試作って決めていたのに、相変わらず作り始めてからトマト缶の無い事に気がつく。数日前、トマトソースで使い切ってしまったんだった。ふぅ。こんなのばっかり(涙)なので、かわりにフレッシュ・トマトを使用。

フレッシュは、味も色もあっさり目。トマト缶の方が、味も見た目もコクがあって、トマト缶に軍配あり。

レッスン当日は、オリジナルの分量もお伝えするので、怖いもの見たさの方は、トライしてみてください。こってり、ねっとりは、未知の世界ですよ~(笑)

なんせ夫婦二人なので、半分の分量で作ったので少ないですが、実物はもっとボリューミーにみえます。パン粉のカリカリ感も食欲をそそります。

アメリカのマカロニチーズは、グラタンのようにメインとしてより、サイドで食べる事が多いようです。本当は、こってりをちょっと食べるのが、たまらなく美味しいんですよ。でも、やっぱりカロリー考えちゃいますからね。アメリカ人からクレームが来そうですが、これくらいで、許してもらいましょう。

f0095873_735461.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-02 07:05 | お料理 | Comments(0)