<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バジルの揚げパスタ プロシュートサラダ

f0095873_07401827.jpg
シカゴ生活2ヶ月限定の今回。なもので、7月末に帰国しても8月末まで家族サービスなので自由時間はなし。9月のレッスンの準備は今しかない!

と言う事で、いろいろアレンジしております。

メインは、だいたい決まったので、あとはスターターとデザートの選択。

トップの写真はバジルを練り込んだパスタを上げたものに、プロシュート(生ハム)とベビーリーフ、チェダーチーズを散りばめたもの。色を添える意味でチェダーを使ってみたけど、一口食べて、やっぱりパルミジャーノの方が合う事に気がつきまして。チェダーは却下となりました。

ナイフとフォークでおしゃれに食べるのもいいけど、ぱりぱり割りながら食べるほうが、ずっと美味しく感じられました。うーん、性格でしょうかねー(笑)

大きめのパスタディッシュにしてみましたが、もっと小さくして、一口サイズでパクリの方が食べやすいでしょう。トルティーヤの様に、サイドに出して、ディップや、具材を載せて食べてもいいかと。いろいろ使い勝手がいいと思います。
f0095873_07404998.jpg
バジルのポットから摘んだだけなので、ほんの少しのパスタしか作れませんでしたが、少し余ったので、細めのスパゲッティも作ってみました。こちらは、シンプルにガーリックとトマトのみ。
f0095873_07412799.jpg
20%バジルを練り込みましたが、もう少し入れてもいい気がしてます。

どうせならスターターは、ふたつともにしましょうかねー♪


[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-25 07:43 | お料理 | Comments(0)

Earl Grey Teacake

f0095873_23164222.jpg

ティーケーキは、ティータイムに食べるスナックパンの事。半分に切って、トースト+バターが王道の食べ方。

最初は、紅茶味なのかと思ってみたら、紅茶は何も入らず、ドライフルーツやピールが入っているのが普通。

で、今回は本当にお茶が入っているタイプを焼いてみた。参考レシピをそのまま使う素直なタイプではないので、多少こねくり回し、生地にもレーズンにもアールグレーを使用。

トースト+バターで食べたら、ほんのりアールグレーの香りがする♪もっと紅茶の香りを感じたければ、茶葉を練り込んだ方がいいんだろうけど、わたし的には、これくらいがいい気がする。

ただのバンズ型のブドウパン。でも、このシンプルなのが時々無性に食べたくなる。

世評は散々だけど、Traditional English Food は、美味しいデス❤

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-21 23:16 | お料理 | Comments(0)

チキンパイ

f0095873_09160355.jpg
冬の間、ずっと「チキンパイが食べたい」って言ってた割には、つくるタイミングを逃していて、今日やっと実現!

どうせなら、アメリカのレシピを参考にしてパイ生地を作ってみたけど、さっくり感が少なくて、もうひとつ。イギリスの生地に軍配かな。

ソースはホワイト。チーズ系にするか迷ったけど、あっさりワインソースに。あとは、骨付き胸肉をふっくらローストして、沢山のお野菜と合わせる。

実は今日から1週間おひとりさまなので、今回は通常の半分。フルレシピは、中身がぎっしりになります。

昼から、白ワインをコクコク。で、ひとりでパイをもぐもぐ。

なんだか、これもまた楽し♪

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-21 09:17 | お料理 | Comments(0)

ビーブ・ストロガノフ

f0095873_23573734.jpg

作るものも決まっていないのに食材を買う事がある。たぶん週末に食べるかも、と。そんな好い加減な気持ちで買われたステーキ用の牛肉。冷凍しそこなったし、もう食べなきゃ。

煮込みにはもったいなかったので、牛刺しでもイタリアンのビーフ・サラダのタリアータでも。と、とりあえず焼いてみた。で、その日は牛刺しサラダに。でも、薄切りにしたら1枚分食べたのみ。

2日目。残りのお肉、どうしましょ。またサラダも飽きちゃうし。

で、思い出したのがビーフ・ストロガノフ。かれこれ10年以上作ってないかも。

たいして煮込まなくてもいいので、忙しい時に便利な一品。にんにく、玉ねぎ、トマト、マッシュルーム。冷蔵庫には使いかけの軽めの生クリームもあるし。

ご飯は白でもいいけど、やっぱりちょっと硬めに炊いたバターライスにしよう。

夫は、2回目をおかわりした。

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-19 23:58 | お料理 | Comments(0)

フォトレッスン

写真は本当に苦手で、歴代のデジカメは使いこなせず。それじゃぁと奮発してミラーレスのかなりのバカチョンカメラを購入しても、思ったように使えない、と言う器械オンチであります。

そんな私が、ずっと気になっていたレッスンを受ける事に。

それがこちらの 女子フォトレッスンサロン:ラフォト自由が丘 の さいとうおり先生のレッスン。

前回の帰国は、途中2週間のマンチェスターが入ったけれど、かなり長いはずだったのに、思い立ったのが遅すぎて。結局グループレッスンが2回(3回だったのに、大ボケで日にちを間違えて行けず)、あとはプライベートで詰め込み1日4レッスンで、基礎コースをめでたく終了~。

「とても気さくな先生」「お話が面白い」じゃないじゃない。こちらは、プラスアルファの部分。まずは「センスの良さ」に惹かれたわけで。

で。

レッスンを受けて、まさに目からウロコ。1回目ですでに以前の写真じゃない感じ♪器械オンチの私でも、自身のカメラを使ってのレッスンなので、本当に分かりやすい。

座学 → 実習 → 講評(個々の撮った写真を見て、解説)

他の方の写真を見るのも、とても勉強になる。直すべき自分の癖も分かってきた気も。

プライベートでは、なんせ4レッスンだったので、どこまで習得できたかは疑問ですが、とりあえず、日々「作っては撮り」を続けております。自身では以前よりいい感じだと思っているんですが、いかがでしょ?

カメラの操作法だけではなく、構図や光の入れ方とかのセンスが欠けているので、こちらは次回の帰国時にレッスンをお願いしようと思っております。楽しみ楽しみ♪

ただ、センセ。一番に買わなきゃいけないレンズがまだでして。まずはこれを購入してから練習しなきゃいかんとです。

久しぶりの習い事はわくわくがいっぱいでした。
f0095873_03212575.jpg
初回レッスンの写真。
f0095873_03205400.jpg
光の粒を入れるレッスン。
f0095873_03202944.jpg
そして、卒業フォトの水滴(お茶)が流れる一瞬を撮ったもの。





[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-18 03:22 | 暮らし | Comments(0)

Salted Pecan Cookies 塩ピーカン・クッキー

最近のシカゴは天候不順。一日晴天の日がなかなかなくて、急に雷雨になったりする。肝心の天気予報も外れっぱなしで、当てにならないし。

「今は晴れてますが、これからすぐに雨になり、一日降ります」
って言ってたのに、一日降らず。

「今日は、お昼過ぎから雨」
は、朝から一日中、荒れっぱなし。ショッピング・カートを引いて、出れる状態じゃない。

つい先日は、初トルネード警報にビビった。TVを見てたら、急に音声が無くなり警報が!字幕では、何時ころにどこを直撃すると告げている。我が家のエリアは外れてはいたけど、携帯も警報がなって、俄かにどきどき。トルネードと同時に洪水警報もあり、雨脚はどんどん強くなり、空は真っ黒。

ビビった割には数十分後にトルネード警報は解除。シカゴは地震がないかわりにトルネードの恐怖がある事を実感した日でもありました。とはいえ、ダウンタウンは大丈夫らしいとは言われてるんですが、自然の事なので、何がどうなる事やら。用心に越した事はないのでは、と。

そんな日々なので、晴れ間を狙って外に出る感じ。そんな時に、どうしても甘いものが食べたくなってきた。チョコを買いに出ようか。でも面倒くさいし。こんな天気だし。

と、引き出しをごそごそ探ってみたら、なんだか作れそう。
f0095873_02080029.jpg
で。作ったのが、こちらの Salted Pecan Cookies 塩ピーカンクッキー。塩と言っている割には、塩っぽくなかったので、仕上がりに少し岩塩をぱらぱら。多いのは嫌だけど、一粒二粒あるといい。ピーカンの他にチョコも入ってます。卵を使わないので、冷やして切る時が危ういけど、崩れたら戻せばいい、という好い加減クッキーです。

「ちょっと甘いもの」用なので、4cmほどの小さなサイズ。

私はひとつで終わるけど、夫はふたつ。やっぱりね。



[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-18 02:08 | お料理 | Comments(0)

Rhubarb Custard Pie ルバーブ・カスタード・パイ

f0095873_06334243.jpg
先日、近所のスーパーでルバーブを見かけ、急に食べたくなった。実は、ヨーロッパで一番好きなヨーグルトがルバーブの入ったもの。日本は似たのはあっても、味が違うし、ここシカゴでは見かけないし。欧州は葉っぱ付きで蕗の様に売ってたけど、ここのスーパーでは、ざっくり切ってパックになってた。

砂糖とジンジャーパウダーで煮込む。それを、ヨーグルトにかけるだけ。甘酸っぱくて、繊維質もたっぷりで、お腹にいい感じ。

その後、パイが食べたいと思ったけど、パイの上に飾るには煮込み過ぎていてNG。ならば、クランブルにするか、メレンゲを載せて隠してしまうか、と迷った結果、まずはクランブルで。

3月に次女の住むマンチェスターへ行った時食べたルバーブ・パイは、カスタードが入っていた事を思い出し。クラフティのような軽いカスタードにするか、ねっとり気味のカスタードにするか。で、後者を採用。

きれいに焼けたけど、全体的に甘さが抑え過ぎていて、ぼやけた味になってしまった(涙)案の定、夫はコメントなしで食べたし。

グラニュー糖を振りかけて、もう一度焼いてみたら、なんとか許せる味になった。やれやれ。

レシピを調整して、やり直し。

f0095873_06342196.jpg




[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-12 06:36 | お料理 | Comments(0)

キノア(キヌア)のタブレ

f0095873_10520215.jpg
先日、気持ちのいいテラスでランチを食べたのが、キノアのタブレ。

見た目はクスクスに似ているけれど、こちらは雑穀。ミネラルやたんぱく質が豊富に入っている。食感は、クスクスよりプチっとした感じ。アンデス山脈で栽培され、インカ文化で育まれた食材だそうだ。

今回は、冷蔵庫のあり物野菜で作ったので、きゅうり、紫玉ねぎ、にんじん、セロリ、赤パプリカ、アボカド、ミント、他。味付けはいたってシンプルで、オリーブオイル、レモン、塩、こしょう。

これからの季節に、さっぱりサラダでお勧めデス。
f0095873_10523398.jpg
そして。こちらは、今日、マーケットで見つけたゴールデン・ラズベリー。
「黄色のラズベリーなんて初めて~」と思って食べたら、なにやら記憶の端に残ったお味。昔、近所のお姉さんちにあったラズベリーの味にそっくり。赤より香りが柔らかく、甘さも優しく、かといって甘くないわけじゃない。強いて言えば、野性味とか緑っぽさとかがある感じ。ああ、あのきれいなお姉さんは、今どうしているのでしょう?と、ついついノスタルジックになるワタクシ。

フルーツの季節、到来♪

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-10 10:52 | お料理 | Comments(0)

シカゴは夏です

f0095873_10015508.jpg
長いようで短かった帰国を終え、シカゴに戻って1週間が経ちました。

戻ってきたら、また寒気をしょって来たのか10℃以下と言う、嘘のような天気。日本は、その頃30度超え。20度の温度差に着いていける体力の無さと時差ボケのダブルショックで、ふらっふらな数日でした。

それでも1週間で、それも脱出。只今すごぶる元気に過ごしております。

去年、元生徒さんとの再会を果たしたと思ったら、今回は、同じマンションの犬友がシカゴに赴任。「車のない生活」「わんことお散歩が楽しみたい」と言うのを聞いて、ワタクシ、ダウンタウンに住む事をそそのかしまして(笑)

ええ、その甲斐あってバスで2,30分のミシガン湖を望むアパートを選んでくれました~(ぱちぱち)

そしてそして。先週うめまりとミシガンアヴェニュー・デートをいたしました。
f0095873_10014696.jpg
シカゴも連日夏日になり、テラス席が気持ちのいい季節です。

次の帰国は、7月末。今回のシカゴ生活は短め。この一番いい季節を存分に楽しまなくてはね♪
f0095873_10002292.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-06-10 09:58 | 暮らし | Comments(0)