「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゲスト・ディナー

f0095873_1514528.jpg

先日、ドイツで初めてのお客様をお迎え。単身赴任中のTさん。

初めてのお客様へのメニューは、いつもの定番を作ってしまう。どうしても絶対食べてほしい物。

ドイツのアパートはキッチンにアイランドがあり、ダイニングルームと別れてる。まずは、キッチンのカウンターに来ていただき、泡でストレーゲとフリットを楽しんでいいただいた。
f0095873_1523424.jpg

白アスパラの季節なので、まずはグリルで数本。その後、アスパラ、ブロッコリーの茎、しし唐のフリットをトリュフ塩で。そして最後に、ラディッシュの素揚げをはちみつと黒コショウで。
f0095873_1535944.jpg

口がまったりしたところで、さっぱりトマトのブルスケッタ。
f0095873_1542531.jpg

ダイニングの方に移動して、定番焼きリゾットのスープ仕立て。カリッとしたドライトマトとバジルのリゾット。焼きおにぎりのお茶づけのような食感が郷愁を誘う一品。タイムの効いたスープとルッコラを添えて。
f0095873_1544451.jpg

そしてメインディッシュ。今回はラインヘッセンの白(リースリング)とペアリングで、ハーブソースのチキンソテー。1週間前に作ったら夫がこれを今夜のメインにリクエスト。よっぽど気に入ったらしい。
f0095873_155715.jpg

鶏のガラと野菜で取ったスープを煮込んだソース。エストラゴンがほのかに香りチャイブスをたっぷりかけていただく。カリッとソテーしたポテトを一緒に。
f0095873_252051.jpg

デザートはこれも定番、ストロベリー・パブローバ。初めてきちんと使ったオーブン。パブローバはきっちり1時間で焼き上げる。低温で焼いてるので、オーブンの温度がきちんとしてるかよくわかるのでいい。

ドイツの砂糖の細かさもわかる。パブローバは普通のグラニュー糖だとパリッと焼けない。アメリカの砂糖はフードプロセッサーにかけても十分でなく、パリッと感は合格点にならなかったけど、ドイツのお砂糖は二重丸。

新しい場所で、いつものものをいつものように作る。
これって、けっこう難しいんデス。

お話が弾んで弾んで、お帰りは午前様でした。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2016-05-27 01:56 | お料理 | Comments(0)

ワインを求めてリューデスハイム2

f0095873_4373848.jpg

思った以上に盛り上がった一日目。
打って変わって二日目はお天気は下がり気味。朝ぱっと晴れ間がのぞいたけれど、次第にしとしと。
f0095873_59175.jpg

朝食後チェックアウトをしてから、時間があったので歩いて数分の自動演奏博物館(ブレムザー館)の見学へ。が!ガイドブックには10時開館ってあったのに実際は11時から。次の目的地のアポが12時だったので時間的に余裕がなくて断念。こちら45分のガイド付きの見学で、かなり見ごたえがありそう。次回の楽しみにとっておこう。

ということで、次の目的地Westhofenヴェストホーフェンへ。ここは、ラインヘッセンワインの中心地。小さい町の中にたくさんのワイナリーがある。今回の訪問はWittmannのワイナリーのみ。

どうしてもフェリーに乗せたいGPSと、どうしても逆らいたい夫との戦いを経て、なんとか目的地に到着。

Wittmannのワインは、初めて一人ご飯をしたレストランで飲んだドイツワイン。「えー!これがドイツワイン⁈」とびっくりするほど、さわやかな辛口ワイン。昔のドイツワインは甘いイメージで好きじゃなかったんだけど、今は品種改良されて辛口が主流なんですって。「昔はね、酸っぱすぎて砂糖を入れざるを得なかったんだよ」と。

若かりし頃、初めて口にしたのはドイツワイン。ジュースのように甘くて、それはそれで美味しかった。が。段々食事とワインのペアリングをしだしたら、いかんせん甘くて飲めなくなった。
f0095873_5495024.jpg

で、事前に予約を入れていたワイナリーでのテイスティング。担当のソフィアさん。今飲めるワインリストから好きなだけ飲んでいいと。「ひぇ~好きなだけ~」と心躍ったけれど、30本以上あるのを飲めるわけもなく。頼めるわけもなく。

で、気になる物だけ。ベーシックな白(リースリング)から段々とレベルを上げ3種。シャルドネ、ロゼ、泡と続き、最後に赤(ピノノワール)。赤は趣味で作ってるレベルだと言ってたけど、ちゃんと渋みもあって美味しかった。
f0095873_441437.jpg

お気に入りを数種類選び、お買い上げ~!カルフォルニアのナパはシカゴから遠すぎて送るしかなかったけど、今回はお持ち帰り。

ワイナリーを後にして、そこから5分ほどの本日の宿泊地Landgut schill ランドガット・シルへ。
f0095873_4451217.jpg

到着したのはいいけれど、閑散としすぎて、まるでゴーストタウンのよう。人っ子一人いない。レセプションはどこ?それらしき建物はあれど誰もいない。そこに住人らしき女性が来たので聞いたら、ボードに紙がはってあり、名前と部屋番号が書いてあると。ってことは、勝手に行けと?部屋のドアには鍵がぶら下がり。ええ、勝手に入りましたわ。

ベランダのあるきれいなお部屋。時刻は2時前。ランチもまだのふたり。でもその前に今夜のレストランを予約してからにしましょ。敷地内によさげなレストラン。実はこれもお目当てのひとつ。でも。あれあれ?今日はお休みですって⁈ じゃ、近くのどこかに、と思ったけど、この街のレストランは火曜日がお休みらしく、開いてるのはピッツェリアくらい。

はぁ~?ここまで来てピッツェリアですかー?

夕飯のレストランが決まってないけど、とりあえず何かを食べたい。じゃ、近くにスーパーがあったね、と買い出しに。軽く食べるものを調達。のはずが、パーキングに肉のグリルのお店を発見。

はいはい。ご想像の通りです。空腹かつレストラン探しに疲れた夫婦は、もうどうでもよくなり、そこで鳥の丸焼き、スペアリブ、サラダ、チーズ、パテと買い込んで、キャンプのような食事ですませた次第です。

こんなワインの美味しいところまで来て、これです。
f0095873_4491911.jpg


f0095873_5112168.jpg

でも、ワイン畑の広がる景色に美しい夕日。 ベランダでゆったりもったりワインを飲み。まぁ、それはそれで、なにもしないホリデーって感じでよかったかな、と。結局、夜まで誰も見かけず、多少さみしい思いをしましたが。
f0095873_4515323.jpg

次の朝、本当に朝食が食べれるのかしら?と思ったら、きれいなレストランで他のゲストも居て、気持ちのいい朝を迎えられました。ちなみにレセプションの開いている時間は朝7時から10時まで。チェックアウトは11時だけど、10時までに支払いは終わらせないといけないんです。あとは、また勝手に帰ればいいと。不思議なシステムでした。

ワインづくしの二泊三日。充実した時間を過ごせました。
f0095873_5122112.jpg

あ、蛇足ですが。

スーパーで食料を買い込んだとき、お皿は買ったのですが、使い捨てフォークの量の多さにもったいなくなり、その代わりに楊枝を買ったアホな夫婦でございます。丸焼きチキン。楊枝でどうやって食べるんじゃ!そんなところケチってどうする?楊枝2本を使っても箸の代わりにはなりゃせん、と。今回の旅で一番悔やんだ出来事でした(笑)
[PR]
by suzume-no-oyado | 2016-05-21 04:34 | 旅行 | Comments(0)

ワインを求めてリューデスハイム1

f0095873_1734563.jpg

ドイツ在住と言っても休みは同じにGWに取る。

渡独してから初のホリデー。
どこに行く?  王道のなんとか街道とか?
と、いろいろアイデアはあったけれど、少しお疲れ気味の夫なので、近場で2泊3日のワインの旅に決定!

今回は、ライン川沿いのワインを飲もう!と、ラインガウの中心地リューデスハイムと、ラインヘッセンのヴェストホーヘンへ。
f0095873_18315156.jpg

ライン川沿いのリューデスハイムは、ドイツらしいメルヘンチックな街。徒歩圏内ですべて見れるコンパクトな街。どんよりお天気の続いたドイツだったけど、やっと気持ちのいい青空に。
f0095873_18364459.jpg

デュッセルドルフから2時間半ほどでお昼すぎに到着。まずは、繁華街のつぐみ通りDrosselgasseへ。食べたいものは決まってて、それを見つけた最初のお店へ。こちら、つぐみ通りで一番古いお店だとか。
f0095873_18393699.jpg

こちら。ライン川地方の郷土料理ザウアーブラーテン。酢漬けにした牛肉を煮込んだもの。まあるいのはジャガイモのお団子クネーデル。もっちりねっちりとした食感で美味しかったデス。牛肉と紫キャベツはビネガーが効いたお味でさっぱり。お肉はほろほろ。さっそく地元の赤ワインを合わせて。もうこの時点で、「来てよかった!」感で満たされ。
f0095873_1995796.jpg

泊まったホテルは、つぐみ通り沿いのBreuer`s Rudesheimer Scholss ブロイヤース リューデスハイマー シュロス。シュロスとはお城の意味だけど、見かけは別に普通。中はモダンなインテリアでドイツらしい清潔なお部屋。夫いわく、ドイツのホテルは安くてもどこもピッカピカにきれいなんだそう。

中庭はつぐみ通りに面しているレストラン。そこに街唯一の仕掛け時計があり、鐘とともに人形が出てくる。
f0095873_1848896.jpg

チェックインした後は、ゴンドラで高台へ。あたり一面のワイン畑を見下ろしながら、少し花曇りのライン川の景色を堪能。いやー気持ちよかった~。
f0095873_1849796.jpg

再び街に戻り、もう一つのお目当てのリューデスハイマー・カフェを飲みに。Asbachアスバッハというブランデーのような地酒をカップに入れて、まずはフランベ。それからコーヒーを注ぎチョコレートを散らした生クリームを上に載せる。アイリッシュコーヒーに似た感じでしょうか。美味。
f0095873_18511961.jpg

アイアンワークの標識が楽しくて。手動オルガンを回すおじいさんがいたり、散策しているだけでほっこりしてくる。
f0095873_1852752.jpg

夕飯の前に、またワイン。ラインガウ白ワイン2種。印象はあっさりしすぎ。もう少しコクがほしいかな。ワインのおともに地元のチーズのマリネを頼んだら、これがおおはずれ~。大根の煮物のようなチーズが二切れ、リンゴと玉ねぎ、レーズン他のマリネは美味しかったが、チーズ自体はチーズの味もせず、ただただ生臭い牛脂のような(涙)ま、はずれもあるさ。

夜はホテルのレストランでライブ演奏付きのディナー。お料理は観光客向けっぽかたっけど、陽気なドイツ人(ってイメージなかったけど)が浮かれ騒いでるのが、とっても楽しかった。

お隣に居合わせた日本人グループ3人との出会いも嬉しかった。オペラ繋がりの方々。紅一点Aさんのノリがツボで。他のグループがやっていたイベントが楽しそうで。あれなに?私たちもやりたーい!と。
f0095873_2041678.jpg

メタルの板にショットが5つ。5人並んでリキュールの一気飲み。きつかったけど楽しかった~!及び腰の夫との旅行では味わえないこと。もう感謝です。

最後のショットが効いたところで、川沿いのジェラート屋さんに移動し、1日目終了デス。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2016-05-06 19:28 | 旅行 | Comments(2)