危ない国のティー・パーティー

さて、時も時。
あの悲惨な9.11事件が起きた後の事。

久々に我家でカレッジの友人を招いてお茶会があった。
来てくれたのは7,8人くらいだったが、よく顔ぶれを見ると、リビアやらイランやらトルコの友達。
今、言われてる危ない国の近くの人々。

「ねぇ、みんな、大丈夫?嫌がらせとかされてない?」と聞くと、
「そりゃ、ちょっとはね。ま、我慢ができる程度かな。」と、ひとり。
「わたしなんて、ひどいのよ。悪口バンバン。でも、あたしはトルコで、関係ないじゃんね。」と、もうひとり。

そんな事を話してる時に、うちのワンコが頭にショールを巻きつけているリビアの彼女にご挨拶に行った。
彼女は嫌な顔もせず、丁寧に、
「ごめんなさいね。私は貴方をさわれないのよ。」と。
彼女はイスラム教。イスラム教では、犬は汚らわしい者なのだそう。
でも、彼女は自分の立場を主張せず、自分はこうだから、許してね、って感じ。
で、私も、そう、そういうものなのね、と納得する。
なんか、いいなぁ、こういうの。
お互いの文化を認めて、尊重しあえるのって。

そんな横で、一人のイランの友人が、
「私、イスラム教だけど、犬、触っちゃってるわ。」
「エ~、信じられない。だめじゃない。」とリビアの彼女。
「だってぇー、かわいいんだもの。」と、おきらくイラン。

フーン、イスラム教って言っても、いろいろいるんだ。
あ、これって、日本人の仏教と似てるかも。
一応、家は仏教といったって、仏教の何たるかは、よくわかってない。
特に私なんて、幼稚園から高校までキリスト教の学校に通ってたから、そっちの方が詳しかったりする。

その後、読んだ本で、ヨースタイン・ゴルデルの「クリスマス・ミステリー」が心に残った。

『信じるものが少しくらい違ったからって、争うような事はしちゃいけない。』

宗教って、心に救いをもたすものなのに、どうして争いの素となるんでしょ。

納得いかないなぁ。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-04-03 04:55 | 暮らし | Comments(4)

バンザイ!日本の英語教育!?

色々あって、やっとカレッジの英語クラスに通い始めたのは良いが、何せド田舎。

クラスは夜7時から2時間。しかも、レベルなんてない。初級も上級もいっしょくた。
日本人は私一人で、後はヨーロッパや中東の人がほとんど。

「なんで英語習ってるの?」と思うほど、彼らは喋れる。
だから当然、先生はフツーに話しちゃってるわけ。
わかるかって?ハハ、、、。わかるわけないじゃない。
あ、今日は言ってる事がひとつ分かった、二つ分かった、の世界。
こんなんで、上達するんだろうか???

そんなこんなで、数ヶ月経ち、試験のシーズンがやってきた。
当然、クラスの皆は、私が初級試験を受けると思ってた。
ブー!はずれです。
私は無謀にも中級をいきなり受けた。
というのも、過去の試験を見たら、ヒアリングは無理としても、スピーキングは無いし、読解と文法はそんなに難しくない。じゃ、いけるじゃない。

結果は、無事合格。やったね。

試験後のクラスで、いつも隣に座っていたポルトガル人の彼女が、
開口一番、「あたしも、落ちちゃったよ。」と、私を慰めた。
う~、なんて言ったらいいんでしょ。受かっちゃったんだな、私は。
もごもごしている私に、「もしかして、まさか受かったとか?」と聞く。うなづく私。
ドヒョーッと、すっ飛んだのは無理もない。だって、ポトポトとしか喋れないのにさ。
先生がクラスで、結果発表をしたとき、みんなの驚きの顔を見て、
フフン、とちょっと得意げの自分がいた。

そうさ、棄てたもんじゃない。日本の英語教育も。
受かるじゃん。試験に。
バンザイ、ニッポン!

っていっても、やっぱり、話せるほうがいいよね。ずーっと。
だから、文法は滅茶苦茶でも喋れる貴方が羨ましかった。

で、数年後、なにはともあれ文法なんて知ったこっちゃないと、
むちゃくちゃに喋ってる私がいた。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-04-02 22:19 | 暮らし | Comments(5)

ヤッコちゃんちのフレンチ・トースト

f0095873_22152428.jpg「この世にこんなに美味しい物があるなんて~!」
と、感激したのは、小学生の時。
おさななじみのヤッコちゃんのお母さんの作ってくれたフレンチ・トースト。

思えばこれが私の中にある「食いしん坊」を呼び起こしたんだと思う。
洋風のものとは縁のなかった我家の食卓。
彼女のうちへ行く度、見たことのない、きれいな、可愛い、キラキラしたお菓子が出てくる。
手作りキャラメルなんて、色とりどりのセロハンに包まってて、夢みたいだった。

その後、お菓子の本を買い込み、マドレーヌやキャラメルを作ったっけ。
そのキャラメル。
丁度いい入れ物がなかったので、勝手にみんなのアルミのお弁当箱を使った。取り出す時に使ったナイフで、見るも無残な弁当箱になって、かなりしかられたのを覚えてる。
ごめんなちゃい。

だから、我家のフレンチ・トーストは、ヤッコちゃんのお母さん風がベース。
甘さを抑えた卵液(ミルクを少し混ぜた物)をサッと浸けて焼いたトーストに、バターをチョコっとのせ、電子レンジでチンしたアツアツの刻んだ缶詰のピーチを添え、軽くメープル・シロップをかけていただく。
ただ、それだけ。なんだけど、やっぱりおいし~!
あ、今日はそれに、クレーム・フレッシェを少し。それがなければ、砂糖を入れない固めのホイップクリームでも良い。

それから、もうひとつ。卵液は、ミルクを入れすぎないでね。じゃないと、パンに液が浸りすぎて、ベチョベチョになっちゃうから。
カリッ、フワッがベスト。

だまされたと思って、食べてみて。

それから、お友達のソレイユさんが、ブログを再開。
覗いてみてください。
「食卓から愛を込めて」 bonapetiti.exblog.jp
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-04-01 22:23 | お料理 | Comments(6)

初産

長女は予定日より1週間早く生まれた。

私の家系では、2週間前に子供が生まれる。ちなみに、私、私の姉兄は勿論、姉の子供2人もそうだった。そういう私も、かなり前から子宮口が開き始め、ドクターからはもういつ生まれてもおかしくないと言われてた。で、確かに丁度2週間前に陣痛は始まったけど、どういうわけか途中で止まった。気まぐれもホドホドにして欲しい。ったく、迷惑な話。

その後の検診で、ドクターに「来週の水曜日に生んじゃいましょう。」と。
えっ?待たないの?次の陣痛を。
質問すると、「もう十分育ってるし、育ちすぎはお産が大変。」、と言う理由だった。
ふーん、なんかわかるような、わからないような、、、。
お産が大変、と言う言葉に、妙に納得させられ、次の週、病院へ。
人口破水で陣痛を起こし、その後は自然分娩の筈が、想像以上の痛みに、最初の意志はどこへやら。
「ガスください~。」痛みを和らげるガスを貰うが、ちっともききゃしないっ!
で、とうとう、
「麻酔おねがいしま~す。」だって。
なーにが自然分娩よねぇ。蓋をあけたら、結局、無痛分娩だもの。なんか情けない。
でも、なんかリラックスした楽しいお産だった。

無事、長女を産み、ホッとしている時に、ドクターが会陰切開の処置をしてくれた。
ナースとドクターの会話。
「ドクター、ホリデーはどこに行かれるのですか?」
「うん、来週からポルトガルにね。」

な、なんですとー!今日の予定は、自分のホリデーの為だったのぉ?
なーにが育ちすぎは良くない、よねー。いーかげんたりゃ、ありゃしないっ。

まっ、元気な赤ちゃんだったから、許してあげよう。
うん。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-04-01 21:06 | 子育て・娘 | Comments(2)

グレープフルーツ・クーラー

f0095873_647257.jpgお料理教室でも、カクテルを紹介している。
最近、夫婦でよく飲むのが、この“グレープフルーツ・クーラー”。
ピンクグレープフルーツジュースとウォッカとスパークリング・ウォーターと言う、いたってシンプルなカクテル。夏向けのカクテルだけど、ま、いいよね。
ウォッカは強いので、ちょっと入れるだけで、ホロッと酔えて、クっと寝れる。悪酔いもしないはずだった。
そう、つい先日の事。確かにいつもより多めにウォッカを入れた次の朝。
起きた途端、夫が「なんか調子悪い。」と言う。「昨日ウォッカが多かったんだよな。」
ふーん、ウォッカのせいねぇ。ッて事は、作った私のせいって事??と思いつつ黙ってると、数分後にまたウォッカが多かった、とまた言ってる。しつこい。
行ってらっしゃいと見送った後、直ぐ戻ってきた。珍しくタバコを忘れたんだって。
で、また、「なんかおかしい。」と。
それも、ウォッカのせいかいっ!わるーございました。
以後、気をつけますよーだッ!

でも、このカクテル、すっきりして美味しいの。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-29 06:50 | カクテル | Comments(3)

グワカモーレ

とにかくディップが大好き!

焼きナスとガーリックを始め、タラモサラタはカリッと焼いたピタブレッドと一緒に。
ヒヨコマメと練りごまのハーモスはポテトチップと相性がいい。

今日は買っておいたアボカドが丁度柔らかくなってたので、メキシコのグワカモーレを作った。
グワカモーレは、アボカドをマッシュしたものに、ライムジュースやチリを混ぜたもの。
シンプルなのも良いけど、細かく刻んだ紫たまねぎやトマト、グリーンチリを入れるとボリュームが出てサラダ代わりになる。
サルサとグワカモーレを食べる時は、絶対トルティーヤ・チップス。
バクバク食べ過ぎて、野菜とは言えども太りそう。

でもいいや。美味しい物食べてる時が、一番幸せだもの。ね。

f0095873_15384644.jpg

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-29 03:50 | お料理 | Comments(2)

ラスベリーとホワイトチョコのマフィン

f0095873_6522028.jpg娘が料理雑誌から見つけたレシピをアレンジ。
彼女はホワイトチョコが大好き。
いつか北海道の六花亭のホワイトチョコを食べさせてあげたい。

私はあまりこの手の、いわゆる「焼きっぱなしお菓子」と言うのを作らない。
というのも、大人のお客が多いので、おやつというよりデザート系の方が作る機会が多かった。
だからというわけじゃないんだけど、あんまり得意じゃない。

でも、このレシピは、クレーム・フレッシェがたっぷり入ってて、しっとり目のマフィン。
ラズベリーのすっぱさとホワイトチョコの甘さのバランスがとってもいい。
今回はフォションで買ったハートのシリコン型で焼いてみたけど、周りに焼き色がつきにくいので、やっぱり紙を敷いて普通に焼いたほうが美味しそうに見える気がする。
といってみても、このシリコン型は、お手軽。

しかし、、、上手に写真を撮るって、けっこう難しい。
これからの課題かな。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-28 06:55 | お料理 | Comments(7)

オバサン論

中高時代一緒だった友達に大塚ひかりと言う古典エッセイストがいる。
先週、彼女の新刊「オバサン論」が出た。
彼女は[「美的」にも連載をしてたり、今までも数多く本を出している。ちょっと自慢の友達。
近年、古事記等に興味を持っている私には、先生である。身近に自分の興味のあることに精通している友人を持ってる私はなんとラッキー。
「ポポ手日記」というブログも開いているので、覗いてみて。
http://d.hatena.ne.jp/hikario/

しかしである。
何で、私の周りには、優秀な人が多いのだろう。
彼女を始め、元テレビ製作のダイレクター、元新聞記者、バリバリの翻訳家とか。
特にそのうち3人は同級生ときてるから、娘2人は首をかしげる。
「なんでマミーだけ普通なの?」と。
いいじゃぁないか。普通のどこが悪いって言うのよっ。

とはいえ、そういうことを言われても、気にならなくなってきた今日この頃。
若い頃は、人と比較してあせりもしたけど、40も半ばになってくると、煮ても焼いても自分でしかない。
どんな一品に仕上げたいか、自分が決める。
美味しくなくたって、自分で食べるからいいんだもん。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-27 17:01 | その他 | Comments(5)

ウンチング・スタイル

長女がおなかにいた時の事。

母親学級で、エクソサイズを習ってて、そのひとつにいわゆる、ウンチング・スタイルがあった。
和式トイレで座る時のあのカッコである。

ひょいと私が座った横で、次々に他の母親が転がった。
出来ないんだ、彼らは。アジア系は知らないが、少なくとも白人達は、コロコロと。
先生の言われるがままにお手本を見せた私。
みんなの羨望のまなざし。チョコっと気持ちいいかも。
そこで、先生が「フロアの生活様式なので、できるんですよ。」と。
「椅子の生活の私たちにはちょっと難しいんですね。」って。

ちっ、違うだろう。え?でも、そうなのかしら?
昭和一桁、大正、明治時代ならともかく、バリバリ戦後生まれの私は椅子生活だったはず。
そんなのが、影響するのかしらと、半信半疑だった。

娘が少し大きくなって、一時帰国した時、デパートの和式トイレで、彼女が転がった。
先生は、嘘をついてなかったんだ。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-25 06:56 | 子育て・娘 | Comments(2)

スパイ顔

私の夫は、空港のパスポートコントロールでよく引っ掛かるタイプである。
通常だったら、「渡航の目的は?」「観光です。」「仕事です。」で、すんなり通してくれる。
が。彼の場合は違う。

初めてイギリスに行ったときなんて、3時間も拘束された。
質問攻めに、キレた彼はドイツ語でまくし立てちゃった。(ドイツ語の方が英語より流暢)
これが、よくなかった。
益々、怪しい。アジア人で、変にドイツ語がうまい。奴は何者だ、と。
会社の人が、出てくるのがあまりに遅いので、問合せてくれて、やっと釈放された。

本人は、「怪しいとこなんてないのに、あんまりだよなー。」と文句を言ってたが、あるんだなそれが。大きな声ではいえないが、間違いなく顔。
決して、こそ泥顔ではない。彼の名誉の為に言っとくけど。
目がとにかく鋭い。これが知的を通り越して、スパイか政治犯に見られちゃうんだろうね。
家族と一緒の時は、フツーすぐ通してくれるんだけど、彼だけはだめ、だった。
そ、今はもう大丈夫。コツを覚えたからね。

にんま~り、優しい目をして「ハロー」。これで、バッチリ通してくれるんだって。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2006-03-24 22:25 | | Comments(1)