人気ブログランキング |

不倫のお誘い

毎週、木曜日と土曜日は近所にメルカート(市場)が立つ日。

月曜日のレッスン用にお魚を買わなくてはならなくて、土曜の朝、ひとりマルシェに行った。

途中、日本人らしきご夫婦を見かける。「うーん、どこかでお見かけしたような??」と思いつつ、あちらもこちらに気がついたようなので、とりあえずお互いお辞儀。

それ以上はなしだったので、やっぱり他人のそら似?と思いながら通り過ぎた後、なにやら視線を感じる。振り向くと通りの向こうで、ご夫婦二人でこちらを見てらっしゃる。

奥様の顔を見て、やっぱり知り合いだと気がついた。一度、ご夫婦で家に遊びに来てくださったにも関わらず、記憶が薄れていた。

「そうかなーと思ったんですけど」とご主人。私も同じです。

最近、特に人の顔が覚えられない。いろんな事を、さらっと流しすぎる傾向がある気がする。でも、若いころは、さらっと流していても、記憶の端に残っていたのに。うーん、もっと頭を使わなくちゃいけないかも。

で、彼らはメルカートへ。私は、その前にバールへトラムのチケットを買いに。
相変わらず、「カルネ(回数券)」を聞きなおされる。嫌いだ。この単語。
で、バールを出たところで、呼び止められた。

「あなた、中国人?」ってバーテンダー。
「いえ、日本人です」と私。でも、何人だからって関係なさそうな反応。だったら、聞くな。
「結婚しているの?」
「はい、してますよ。」と答えると、なにやら嬉しそうに「僕もしているんだ」と。

なんか不思議な反応だなーと思いつつ、尚彼の質問は続く。

「子供は?」
「娘がふたり。でも、ここには住んでいませんけど]とつい余計な事を。
「うちは娘がひとり。ミラノに一人で住んでいるんだ」と男。

もういいだろう、と立ち去ろうとすると、男はまた話し続ける。

「ね、夫婦生活って疲れない?疲れるよね。ね?そう思わない?」
「はぁ?いや、別に、、、」
「夫婦生活に疲れるのって、普通の事だよ。特にイタリアではね。
だから、そういう時は、変化を求めるわけ。」

ここまで言われて、やっとその男の言っている意味が分かったわけで。
しかも、この「疲れる論」を二度も三度も繰り返し、私に同意を求める。

その変化を私に求められてもねー。  それに、、、。
そういうお誘いを受けただけで光栄って思える人なら、まだしも。
なんだか、誘われて悲しくなるような奴じゃ、記念にもなりゃしない。

「別に疲れちゃいませんし(本当は疲れてたりして)、やりたい事沢山あるから、忙しいんですよね」って、しょぼい奴の顔を見ながら、ハッキリくっきり言った。

ちょっと残念そうな顔をしながら「また、来てねー!」だって。 アホか!

せっかくの爽やかな土曜日の朝が台無し。ああ、なんだか胸やけを起こした。

これを、イタリア生活5年目の友人に話したら、「よくあることよ」と。
家族ぐるみのお友達の夫が、別の友人を平気でパリ旅行に誘ったらしい。もちろん、二人旅行。どういう神経しているんだ!とその友人は怒り、その後はぷっつり友好を絶ったという。

既婚者がそれを隠すことなく、しかも、「不倫」という背徳行為のような後ろめたさもなく、どうどうとやってのけるイタリア人。

石田純一なら理解はできるだろうけど。私にはムリ。
by suzume-no-oyado | 2009-05-07 00:32 | 暮らし
<< 嬉しい再会 トマトスープとスパイシーボーイ >>