嬉しい再会

先週の金曜日から今日まで、懐かしい友人が我が家に滞在。

ジルとボブ。イギリスでの最初のお隣さん。かれこれ、20数年のお付き合いである。

「覚えているわよ。あなたが初めてうちに来た時の事。
 辞書片手になんとか会話をしたわよねー」ってジル。

日本の英語教育 プラス 渡英前の会話レッスン。あれは、何だったのか、、、。
全然知らずに飛び込んンだフランス生活やイタリア生活よりかは、ましだった気もするけれど。

「あなたたちほどのネイバーはいなかった」とお互い認められる関係って、
なかなかできない宝物。

ホリデーの間の家の換気をしてくれたり、卵やミルクを切らしちゃ、お互い助け合ったっけ。

パリ滞在中は仕事が忙しくて時間が取れず、今回やっと実現した。
3年ぶりの再会である。

観光は2日間だけだったので、ミラノ市内とベルガモのみの見学。
天気にも恵まれ、何とも楽しい時間だった。

久しぶりのボケと突っ込みの会話。ウマが合うってこういう事かって思う。

中央駅でのお別れは、みんなでウルウル。

祭りの後のさみしさを感じながら家に帰ると、玄関にカードが置いてあった。
ジルとボブからのサンクス・カード。絶対タイミングを外さない、憎い演出。

本当にイギリス人ってカード好き。
誕生日、食事に招待した後、病気の回復祝い、などなど。
なんでもかんでもカードを贈る。

カードを開けると、見慣れたジルの字で
「本当にありがとう。おかげで楽しい週末だったわ。
 あなたたちに再会できて、とっても嬉しかった」と。

読んだ後、またウルっときた。
by suzume-no-oyado | 2009-05-12 01:52 | 暮らし
<< 一人暮らメニュー 不倫のお誘い >>