La Plagne パート2 欧米化??

クラブ・メッドで行くスキーホリデーのいいところは、3食飲み放題・食べ放題はもちろんだが、何よりスキーレッスンが含まれている事。もちろん、グループレッスンで、手とり足取りまではいかないが、とりあえず教えてくれる。3年前は、ヨーロッパのゲレンデは初めてという事もあって、コースに慣れるにはもってこいであった。

朝、9時半から始まり、12時で一区切り。お昼を挟んで、2時から4時まで、いろいろなコースに連れて行ってくれる。

去年、初日の午後に肉離れを起こし、かなりのビビりになっていた。なので、基礎を固めるべく、無理のないレベルを選ぶ。

私と友人オクのグループは、イギリス人夫婦、イギリス在住のイスラエル人夫婦、おひとり様旅行のイスラエル人の中年女性、これまたイスラエル人の男性、オランダ人の女性。

中には、ビギナーに毛が生えた程度の人もいて、途中、止まれずに、雪の中に頭から突っ込んだりしていた。転んだ隣に木があって、みんなでぞっとしたのを覚えている。その転んだ彼女は、さすがに自信を失くしたのか、次の日には戻ってこなかった。

今回、初めて、靴の調子が悪かった。初日、右のくるぶしが当たって痛かった。2日目、右は慣れたが、今度は左のくるぶしが痛くて堪らない。滑ってる時は平気だが、歩くと痛くて、レッスンが終わるころには限界に。3日目の朝に、スタッフに相談したら、「モデルが合わないのかも」と、靴を交換。すると、ぜんぜん痛くない。こんなんだったら、我慢せずに、すぐ変えればよかった。

オクはオクで、足の両親指の爪が、真っ青に。彼女は、結局4日目に靴を交換してもらい、これまた一件落着。

それにしても、どうして日本人って、まずは自己反省をしてしまうんだろう。私も彼女も、足が痛い時、まず「滑り方が悪いのかな?」「自分の足のかっこが悪いのかな?」と思ってしまった。なんで、すぐ靴のせいにしなかったんだろう。

かたや、同じグループの連中の転んだ理由。

「前の人との距離が近すぎたから。」
「怖いわけじゃないけど、人が多すぎるから」
「後ろの人が近づきすぎて、嫌。」

何から何まで、人のせい。距離が近けりゃ、待てばいいじゃない。大丈夫?って聞いただけなのに、いちいち言い訳しないっ!後ろの人が近づきすぎるのは、あなたが途中で止まるからでしょーが。

こんな連中の言い訳をずっと聞いていたら、すぐ自己反省をしてしまう自分たちがアホらしくなってきた。

欧米化、欧米化と言われている昨今。
まずはここから変わらないと、彼らと対等には付き合えないかもしれない。
by suzume-no-oyado | 2010-01-26 20:40 | 暮らし
<< La plagne パート3 La Plagne  ラ・プラ... >>