人気ブログランキング |

老人力

いろいろなブログを見ていると、「すごい人」が沢山いる。ソツなくいろいろな事が出来る人。先日、そう言う人は「こんな間違いはしないんだろなー事件」が発生。


夏の帰国以来、お寿司を食べていなかった私は、どうしてもその日お寿司が食べたくなった。夕方夫と、車で10分ほどのお弁当屋さんにお寿司を買いに出かけた。その帰り、ついでにスーパーで買い物を済ませた。

家に帰って来て、玄関で椅子に座ってブーツを脱ぐ。

黒いブーツを2組持っている。ひとつは、娘が置いていった古いバックスキンで白いステッチが施されているカジュアルブーツ。もうひとつは、ヌメ皮のスッとしたお出かけ用。

片方を脱いで置いたら、その横に脱いだはずのカジュアルブーツが見えた。

「あれ?カジュアルな方を履いたつもりだったけど、そうじゃなかったんだ」と、単純に思ったのだが、もう片方を脱ごうとして、ギョッとした。だって、履いていたのは、やっぱり
カジュアルブーツ

え?! なぜに、どうして???

って事は、右と左、違うブーツを履いていたって事???

げげっ!そ、そんなばかなことが、、、。

でも、考えようによっては、不幸中の幸い。気がついたのが家に帰って来てでよかった。だって、途中で気がつきようものなら、恥ずかしくって堪らなかっただろう。脱ぐに脱げないし、、。

その話を、友人OKUにしたら、

「よかったね~。山手線じゃなくて。足揃えて座ってたら悲惨だよね。前の席の人の全員の視線、一人占めじゃない。よかったね~、イタリアで。ファッションだって思われたかも。」

いいや。ただのアホだろう。同じ黒ったって、かなり形も違う。

「でも、履いた時に気がつかなかったんだ」と、彼女。
だって、ほとんど同じ高さのヒールだったし、それになにより、鈍感ですから。

老人力、全開だね~!」

そうか、老人力か。いい言葉だ。
「衰え」だと、なんだか悲しくなってくるけど、この言葉、なんだかポジティブ。

笑い飛ばせそうだ。
by suzume-no-oyado | 2010-03-28 19:00 | 暮らし
<< Buona Pasqua ! アンテナ >>