浦島花子

あんなに楽しみにしていた日本生活。なのに、なのに、、、。
途端にアトピーが出始めた。なんでだろう?

一時帰国の時は、何ともなかった。別にいやいや帰国してきたわけじゃない。
でも、何か踏ん張っているところがあるのかもしれない。

夫もストレス性アレルギーが始まり、長女は日本の湿気が合わないらしく、ぜんそくが再発した。日本に住むなって事かしら、、、(涙

あれよあれよと、3週間が過ぎた。

ワンコの散歩の気配りに、まずはびっくり。
マンション内(敷地も含む)は、ワンコを歩かせてはいけない。これは、購入時に納得済み。でも、6キロ半とはいえ、5階から外まで抱いていると、結構つらい。しかも、この暑さじゃ、お互い迷惑だし。

初うんちを袋に入れ、ゴミ箱を探したが、ない。まったく、ない。あると言えば、コンビニの前。さすがにウンチを捨てるわけにいかないし。通りがかりのワンコ連れの方に質問する。そこで、ウンチは持ち帰りだと。しかも、わざわざ袋にいれたウンチをトイレに流すって、なんて手間。質問自体で、変な人扱いされ、しかも、いちいち驚くものだから、トリプル変な人扱いとなった。

イギリスもフランスもイタリアも、数十メートルごとにゴミ箱があり、みんなそこに捨てていた。っていうか、ウンチを拾っている人は、半分もいなかったような気がするが。

おしっこも、ペットボトルを持ち歩き、水で流すのが常識らしい。正直、今までの生活が生活だったから、面倒くさいと言えば面倒くさいが、さすがきれい好き日本人。ここまで来ると、あっぱれである。

新聞も契約した。初日の新聞を開いて、新聞ってカラーだったんだ、とまるで、初めてカラーテレビを見たような新鮮さ。だって、衛星版は白黒ですから。

それに、当日きっちり読める。イギリスは地方だったので、必ず1日遅れ。パリとミラノは、ほとんどその日のものが読めたが、土・日の分は月曜日にまとめて届くので、月曜日は3日分を読む羽目に。なので、読むと言うより、見る感じだった。

とにかく、毎日のチラシの量にはびっくりする。あんなに沢山。紙がもったいないと思うのは私だけだろうか。

一時帰国の時と違って、いろいろと買い足すものが沢山ある。最近、だんだんと生活を実感している。

何が一番嬉しいって、お刺身がスーパーで買える事。「こんなに沢山~❤」と、今だ興奮状態になっている。

でも、先週くらいから、ワインが恋しくなってきた。それもそのはず。ほぼ毎日飲んでいたわけで川島なおみ曰く「私の血はワインでできてるの~」とまでは行かないが、ちょっとドラキュラ状態になった。

そこで、週末、航空便で届いた赤を開けた。これで、しばらくは禁断症状がでないだろう。

25年前の生活と比べると、格段にいろんなサービスがある。既にあたりまえになっている事を聞かなくてはならないのは、少し恥ずかしい。

日本でのマンション暮らしも初めてで、コンシェルジュに『この辺の酒屋さんは?」と尋ねたら、「は?酒屋さんって?」って反対に聞かれた。

実家に住んでいた頃は、お酒やお米は近所の酒屋さんが配達してくれたものだ。
これは、今というより、都会は、こう言う事をしないのだろうか?

25年。四半世紀。浦島花子は今日も行く。
by suzume-no-oyado | 2010-07-17 17:24 | 暮らし
<< 普通の顔・ひどい顔 帰国しました! >>