マコちゃん

イギリスで同時期に駐在していた奥様達は、殆んど同世代だった。
子供達も1歳違いとかで、しかも、そろいも揃って女の子。
だから、時々集まって子供同士遊ばせていた。
気があったかって?
そりゃ、大人ですもの、、、それなりに、ね。

母親同士の子育てに関する考え方が似たり寄ったりなら、そう問題はない。
そうじゃない場合は、また、それなりに、大変である。

ある日、皆でNさん宅に集まった。
子供達が幼稚園に通い始めた頃だろうか。

Nさんとトイレから出て来た娘Eちゃんの会話。

「ちゃんとマコちゃん、拭いた?」
「うん。」

これを聞いていた、私達は、????
マコちゃんって、だあれ?

そしたら、Nさん。

「だってぇ、悩んだのよ、なんて呼ばせるか。
 まさか、マ○コ、なんて言えないじゃない。」って。

えーーーっっっ!その事だったのー!!
聞いた私達は、ヒョエ~。

そりゃー、言えないよ。それに、言わないって。普通、その言葉はっ!

おそらく彼女、どこかで大きな勘違いをしたんだろう。

しかし、マコちゃん、とは。
考えたものだ。

確かに、どこか、かわいらしい響きが、、、。

いや、しかし、である。

やはり、マコちゃんじゃ、まずいんじゃない?
子供の時に覚えた言葉は、ずーっと覚えてると言うし、、。

もし、彼女にマコちゃんと言うお友達が出来たら、どうするんだろう。
やっぱり、小さい時の記憶のまま、連想してしまうんじゃなかろうか、、、。

他人事ながら、ちょっと心配。

彼女は、今18歳である。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-04-17 04:13 | 子育て・娘 | Comments(3)
Commented by OkU at 2006-04-17 15:51 x
お久しぶりです。マコちゃんなんて言わなくても、「ちゃんとふいた?」で通じるよねぇ。日本語には便利な「省略」ってものがあるんだから~。でもこのお母さま、大のときの「ふいた」と小のときの「ふいた」を区別しているってことで、実はとても潔癖症なのかも??子どもって、前後ろの区別がなかなかできないから苦肉の策だったとか・・・。そう考えると母親っていろいろ苦労してるのね。でもマコちゃんじゃない方は何てよんでたのかしら。知りたいところ。
Commented by ソレイユ at 2006-04-17 17:01 x
あはは、面白い!!明るくて可愛い名前だわ。
どうして女の子のものだけ、ちゃんとした言葉がないんだろうね。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-04-17 17:04
だよね。ちなみに我家では、大も小も総称は『おしり』。たまに区別して言わなきゃいけない場面が生じることもあって、使ってたような気がする。
うーん、そういわれて見れば、彼女は少し潔癖症だったかも。
<< 眉のある犬 魔女のスープ >>