人気ブログランキング |

第5回お料理教室

f0095873_329345.jpg
今日は、お料理教室だった。

カクテルは、ミントとライム、ホワイトラムのモヒート。
ヒヨコマメと練りごまのディップ『ハモス』
スターターは、クリーム・トマト・スープ。
メインは、コテージ・パイ。
デザートは、チーズ・スフレ・ケーキ。

実は、どれも特別な料理じゃない。
でも、簡単でリピートできるレシピが大事だものね。

カクテルのモヒートは、ライムとミントの爽やかなもの。
氷を一杯入れて飲む。
これって、氷が溶けたら、ミントの葉っぱが口に入るんじゃないかと思ってたら、
底に張り付いていて、以外と問題ない。
ペリエで割って、好みの強さに調節できるのも良い。

やっと、TAHINI(TAHINA)が手に入ったので、ハモスを作った。(写真)
タヒニ、タヒナ呼び方はまちまち。
日本の練りごまのようだけど、もっとトロリとしている。
これとヒヨコマメの水煮、にんにく、レモン汁、塩、こしょうをミキサーに入れ、ガーッ。
今日は、いつも通りポテトチップスとイタリアのブレッドスティック『グリッシーニ』を添えて。

クリーム・トマト・スープは、アクセントにペストを少し入れる。
バジルの香りが足されて、いい感じ。
トマトの水煮の缶詰は大抵すっぱみが強いから、
ほんの少し砂糖が入ると、おいしさアップ。
たまねぎのシャキシャキ感が残ってるのも好き。

写真は「魔女のスープ」のところを見てください。

コテージ・パイは、牛挽きとたまねぎ、にんじんをスープで煮て、
上にマッシュポテトをのせて焼いた物。
パイといっても、パイ生地は使われてない。
イギリスでは、パイ皿で焼いた物は、ぜーんぶ『パイ』と呼ばれる。

ちなみに、スコットランドでは、シェファード・パイといって、牛の代わりに羊が使われる。
フランスでは、アッシュ・パルマンティエールと呼ばれ、牛挽きとたまねぎは炒めて、
塩、こしょうしたただけなので、私にはちょっと物足りない。
ま、その代わりといっちゃなんだけど、マッシュポテトがバターたっぷりで
ボリュームはある。

結構、こってりしたのが続いたので、最後はシュワッとスフレケーキ。
甘さひかえめ、ボンヌ・ママンのアプリコット・ジャムを、
ケーキに入れたのと同じコアントローで伸ばして、上からとろりとかける。

でも、この時点で、かなりおなかが一杯だったので、ケーキは少しだけで、
あとはお土産にしました。
f0095873_17491778.jpg
皆様、お疲れ様でした。

夕飯は、食べれそうにない私です。
by suzume-no-oyado | 2006-04-20 03:32 | お料理
<< 初めまして。TOFFEEです。 眉のある犬 >>