ブータンの王子

これは、独身時代の夫の話。

彼は、大学時代に独学でドイツ語を学び、希望通りドイツ留学を果たした。
その、ドイツ時代。
かなり苦労したらしい。
大人しい僕ちゃんだった彼は、揉みに揉まれて、泣くこも黙る今の性格になった。
黙っていたら損をする、そんな社会で怒る事を身につけた。
身に付けすぎなんだけど、、、。

そんな彼が、バスに乗っていた時の事。

隣にアフリカ系の黒人が座った。
外人同士のへんな連帯感があるのか、彼は夫に話し掛けた。

「おい、おまえ、何処から来たんだ?」
「何処だと思う?」

「中国か?」
「この手の顔を見たら、直ぐ中国人って思うなよ。」
ここで、夫はちょっと、からかいたくなってきた。

「おまえ、ブータンって国、知ってるか?」
「知らねぇな。どこだ、そりゃ。」
「ネパールの横だよ。 俺は、そこの王子なんだ。」
と、腕にはめてたロレックスの時計を、何気に見せびらかす。

「えーっ!王子かよー!ホントだ、そういわれて見ればどこか違うよなぁ。」
と、なんて素直な彼。
何を思ったのか、彼は他の乗客に、

「おい、こいつ、ブータンの王子なんだってよー。」
と、王子と喋った自分を自慢するように言った。

「じゃあな。」
と、我が夫はブータンの王子としてロイヤル・スマイルで、バスを降りたのであった。

でも、何で、ブータンだったんだろう??
by suzume-no-oyado | 2006-04-25 23:30 | | Comments(2)
Commented by マリーゴールド at 2006-04-26 02:44 x
すごい逸話をお持ちのご主人様なのですね~。かっこよいなぁ、と拝読させていただきました。初めまして、マリーゴールドと申します。先日よりお料理ブログを初めまして、素敵なサイトさまを見つけては喜んでリンクをはってしまっています。こちらのLA MAISON DE MOUINEAUさまももう拝見してすぐにリンクしてしまいました。挨拶なく勝手に、申し訳ありません。今日はご挨拶申し上げねばと、勇気を振り絞って書き込ませていただいております。よろしければこのまま、リンクを張らせて頂いてよろしいでしょうか。

下のTOFFEEちゃんのお写真、とってもかわいいですね!ナデナデしてみたくなります。私も以前ほんの短期間コッツウォルズでホームステイをしておりました。その際に、日本人は動物虐待するということが誤解だということを中々理解してもらえずに、悲しい思いをしたことがあります。多くの人間をひとくくりにしてしまう考え方は、乱暴ですよね。

私もsuzume_no_oyadoさまのお料理教室に通ってみたいです。それはかなわぬ夢なので、こちらのブログを拝見して、我慢と夢心地の狭間で揺れています。それでは、突然の書き込みでこんなに長くなりまして、失礼いたしました。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-04-26 04:28
マリーゴールド様。はじめまして。ブログ開設おめでとうございます。リンク勿論大歓迎です。短期間なのに、イギリスでそんな体験をなさったのですね。だから、私は"generally"と言ういい方があまり好きじゃないです。ブログのサイト、教えて下さい。遊びに行きます。
<< 水浸し パヴローヴァ Pavlova >>