人気ブログランキング |

ベリー・ボタン

「ねぇ、私、AOの幼稚園の1日体験に行った日の事、よく覚えてるんだ。」
って、長女が言う。

AOとは、彼女が4歳から行った、イギリスの学校の事。
イギリス最初の女子校って言うから、お堅い事この上ない。
何であんな学校に入れたんだって、かなり恨み言を言われたっけ。

そう言われて、とっさに思い出したのが、イチゴの事。
初めての学校で、力入れて、可愛い格好をさせた。
なのに、出かける寸前に食べたイチゴを白いブラウスの上に落としてくれた。
チッ!落ちないジャン。
時間はないしで、かなりぶつぶつ言った記憶がある。
後から思えば、そんな大切な日に、イチゴなんて食べさせた私が悪いって。

その事を言ったら、ケタケタ笑って、そんな事あったんだーって。
なんだ、違ったんだ。
些細な事で結構キズついてたのねって、反省したの取り消し。

体験日にお絵かきをした。
その時、やはり体験で来ていた女の子が、長女の絵を見て言った。

「知らないの~?どんな人にも、ベリー・ボタン(おへそ)があるのよ。」

「そう言われても、、、、。この子、服着てるんだよね、、。」
彼女は困ってしまった。

その女の子は、教えてあげたにも拘わらず、彼女がおへそを描こうとしないので、
わざわざ自分の絵を見せに来た。

「ほらね、おへそよ、お・へ・そ。」

確かに、描かれた女の子に「おへそ」はあった。
赤いドレスの上に、グリグリとね。

服の上から、へそはないだろーって、幼心に思ったそうだ。
by suzume-no-oyado | 2006-05-13 01:34
<< 一目惚れ 第6回お料理教室 >>