フルーツ・フラン


f0095873_16532999.jpg
4年ぶりぐらいに、フルーツ・フランを焼いた。
写真はピーチ・フラン。

フランスに来て以来、クイック・ゼリーなるモノが見つからなかったから。

フルーツ・フランとは、フラン型で焼いたスポンジの上にフルーツがのったケーキ。
フルーツの上はジャムが塗ってあったり、ゼリーがかかってたりする。

プルプルをこよなく愛する私としては、勿論ゼリーの方が好き。

フラン型は、パイディッシュのようだけど、真中が盛り上がっている。
だから、焼いた後逆さにすると、真中が凹んだ状態になるので、
そこに好きなフルーツをのせられる、ちょっと気の利いた型。

クイック・ゼリーは、作った先からトロッとしてるので、そのままかけて、冷やすだけ。
それが手に入らないので、普通のゼラチンにピーチのシロップを加え、
少し固まってから使わなくちゃならない。
今まで楽してたから、ちょっと面倒。

はっきり言って、とてつもなくシンプルな味。
なんだけど、甘さひかえめ、しかもプルプル。

食べても罪悪感がないんだよね。
by suzume-no-oyado | 2006-05-15 16:55 | お料理
<< トフィーのしあわせ 一目惚れ >>