フルーツ・フラン


f0095873_16532999.jpg
4年ぶりぐらいに、フルーツ・フランを焼いた。
写真はピーチ・フラン。

フランスに来て以来、クイック・ゼリーなるモノが見つからなかったから。

フルーツ・フランとは、フラン型で焼いたスポンジの上にフルーツがのったケーキ。
フルーツの上はジャムが塗ってあったり、ゼリーがかかってたりする。

プルプルをこよなく愛する私としては、勿論ゼリーの方が好き。

フラン型は、パイディッシュのようだけど、真中が盛り上がっている。
だから、焼いた後逆さにすると、真中が凹んだ状態になるので、
そこに好きなフルーツをのせられる、ちょっと気の利いた型。

クイック・ゼリーは、作った先からトロッとしてるので、そのままかけて、冷やすだけ。
それが手に入らないので、普通のゼラチンにピーチのシロップを加え、
少し固まってから使わなくちゃならない。
今まで楽してたから、ちょっと面倒。

はっきり言って、とてつもなくシンプルな味。
なんだけど、甘さひかえめ、しかもプルプル。

食べても罪悪感がないんだよね。
by suzume-no-oyado | 2006-05-15 16:55 | お料理 | Comments(6)
Commented by ソレイユ at 2006-05-15 17:52 x
最近浦島太郎状態です!
フランのもともとの意味は、フラン型からきたのね。
クイック・ゼリー・・・聞いたことあるけど使ったことないです。
手作りケーキならではよね、甘さ調節できるの。
下の記事見てきま~す。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-05-15 20:43
ソレイユさん、お元気でした?
フラン型は日本で手に入るのか、ご存知ですか?
Commented by ソレイユ at 2006-05-16 00:46 x
今まで、こちらではフラン型って見た事ないです。製造されていたらいいのですが、今クオカのHPに行って、ざっと見たけどないみたい。検索で引っかかったのが輸入もので、5000円していました。もっと探せばあるかもしれないけれど、型ってありそうでないのよね。
Commented by 睦子 at 2006-05-16 14:16 x
今回もやはり美味しそうです・・・。お料理テキストを何冊か読んだことがありますが、説明のことばが魅力的なこともあってこんなにひきこまれることってありません。特に今回はプルプル系。私も大好きです!そうそう、罪悪感が全然ないんです。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-05-16 14:40
睦子さん、もひとつ言うと、これバターじゃなくてサラダオイルが使ってあるんです。ますます罪悪感がないでしょ?
Commented by 睦子 at 2006-05-16 18:18 x
はい。ますますないです。図々しくコメントさせていただくこと、実は少々気にしながらなのですが(これでも)、やはりどうにかして日本で一日セミナーでも開いていただけたらと切望いたします。
<< トフィーのしあわせ 一目惚れ >>