人気ブログランキング |

頭でっかち

ミセス・ヒップキス。 
次女のAOでの同級生リディアのお母さん。
これがなかなか、稀に見るお母さんである。

とにかく自分の娘が一番じゃないと気がすまない。
勉強でもスポーツでも。
娘にも常に「貴方が一番よ。」と言い続けてる。

幼稚園から一緒だった。
彼女は確かに賢かった。その上、早期教育たるものをやっていたから、
幼稚園に入った時点で、当然ダントツ一番。

イギリスの教育は6歳からが義務教育だが、私立は4歳からが多く、
幼稚園と言えども算数や国語のお勉強が始まる。
学校によっては3歳前でも、オムツが取れていれば受け入れてくれる所もある。
日本のように全員一緒に4月入学ではなく、例えば4歳から受入れ学校の場合、
4歳になった後の学期から始められる。

例えば、長女の時は7月生まれだったので、9月から入学したが、
同じ学年でも前の年のクリスマス前から入ってる子もいれば、
春休み後から始めてる子もいる。
当然、算数だって国語だってかなり先に進んでたりする訳。
ドリルを使ってるから、進み具合も個人個人かなり違う。
娘なんか、だいぶ損している気がしたが、ところがどっこい、どうしたもので、
6,7歳くらいまでには、旨い事、能力順に落ち着いていた。

で、このピカイチ・リディアちゃん。
一学年が終わり、学校の近くのお宅でパーティーがあった。
学年の殆んどの親と子供が集まった。
お母さん達のテーブルで。

「次の学年の担任、まだ決まってないんでしょ。」と、一人のお母さん。
「ミセス・モーリスか、新しい先生だってウワサよ。」と、もうひとり。
「困ったわ~。」と、リディアのお母さん。
皆、なんで?って顔。
「だって、゜次の学年もあなたが一番よ゜って言ってあげられないじゃない。」って。

「・・・・・・・。」

みんな、開いた口が塞がらなかった。
自信過剰もここまでくるかっ!
呆れると言うより、お見逸れしましたって感じ。

その後、次女がバイオリンを始めれば、リディアも始め、
器械体操の選手になったかと思ったら、彼女も別のクラブでやり始めた。
まねっこめ。
真似されるのがイヤなんじゃない。
できることなら、同じ土俵に立ちたくないのに、、。

母親がすっかり彼女を頭でっかちにしてしまったから、周りの子供達はえらい迷惑。
だって、彼女より出来たりすると、「自慢してる」とか「見せびらかしてる」とか言われちゃう。
じゃあ、自分はなんなんだって。
そう言えば、頭でっかちって、英語でも big headedって言うの。
同じなのね。

小さな学校で、ミセス・ヒップキスは有名になった。
勿論、バカッ母でね。

我が子信仰もホドホドにしないとね。
by suzume-no-oyado | 2006-06-30 06:09 | 子育て・娘
<< カタカナ英語 おてんば娘シボーン >>