人気ブログランキング |

舌打ちする男

夫がミラノに単身赴任になって、半年以上になる。
最初はそれでも、2週間に一度位の割合で、パリに戻って来ていたが、最近は月2~3日。私もすっかり夫のいない生活に慣れてしまい、というより満喫状態。
だって、正直ラクチン。 昔のCMにありましたでしょ。「ダンナ元気で留守がいい」って。

でも、今はあんまり離れていてはいけないような気がしている。
私にとってはもちろんだけど、お互いにとって、かな。

前々回ミラノに行った時の事。 夫のアパート暮らしの手伝いが目的。
夫が常駐しているホテルに転がり込んだワタクシ。
普段はひとりの夫は何もさえぎる物がなく、自由にホテルの部屋で過ごしていた。
が、そこに私という障害物が。

あれを取ろう、と思った先に私がいる。 「チッ!」
あっちに行こうと思っても、二人は通れないので、譲り合わなくちゃいけない。 「チッ!」

「チッ!」っと三回目の音が聞こえた時、聞いてみた。
「ね、自分で『チッ!』って言ってるの知ってた? それとも、無意識?」
そう聞かれた夫は、ちょっとビックリ。
「え?俺、『チッ!』って言ってたの?」って。

ふ~ん、無意識なんだ。 って、それの方が性質が悪いじゃない。
顔には出ていないが、邪魔だと思っているのは確かってことだもの。
でもね。彼を責める気は全然なかった。だって、私も同じだから。
たまに家に帰って来ると、トイレに行こうと思ったら夫がいたり、洗面所に何かをとりに言ったら、夫がいて邪魔で取りにくかったり。
「ああ、めんどくさい」とその度思っていた。

夫も同じなんだって思ったら、なんか可笑しくなった。でも、その反面、お互いの生活にお互いがいないことを実感して、ちょっとした危機感。

こんな生活もあと2ヶ月ちょっと。 ちょうどいい頃合いかもしれない。

それにしても、この夫の舌打ち。 正直言って妻はムカツク。
今に始まった事じゃない。
「怒り」のハードルが極端に低い彼は、些細な事で「チッ!」っとなる。
正直といっちゃ正直だが、耳にするたび、「こんな事で」とムッとなる。

何が嫌いって。

「先に寝るから」と寝室に行った夫。同時期にベッドに行けば問題はないが、時間差がある場合、大変である。寝入り場に物音を立てようものなら、その度「チッ!チッ!」と連続攻撃。だから、そういう時は、彼がすっかり寝入ってから寝室に入るようにしている。気を使う妻。もう大丈夫だろう、と抜き足差し足で寝室に入っても、タイミングが悪けりゃ「チッ!」っとなる。その度、身が縮む思いの妻。なんで、こんなに気を使わなくちゃいけないんだっ!って腹も立ってくる。

よく言うじゃないですか。世の中には二種類の人間がいるって。
この場合、気を使う奴と気を使わせる奴。あ~あ、、。一度で言いから気を使わせる奴になってみたい。

「夫婦別寝室を夢見る」妻の独り言でした。
by suzume-no-oyado | 2007-05-03 08:05 |
<< 5月のメニュー 愛を誘うベジタブル >>