裸で泳ぐ in Vabali Spa

夫が手術入院し、無事に退院したのが先週。
順調に回復しております。心配してくれた友人たちに感謝です

木曜日に入院し金曜日に手術。日曜日にイギリスから長女が旅行前に立ち寄ってくれました。
夫のお見舞いを兼ねてとは言え、せっかく来てくれたのだから、と二人で遊びほおけたのは言うまでもなく(笑)

で。前々から行ってみたかったスパへ誘いました。

Vabali Spa in Dusseldorf

家から少し南にUbahnとバスを乗り継いで45分ほど。Erbsee(エルプゼー)エルプ湖と言う小さな湖のほとりに立ってて、景色は抜群であります。
こちら、サウナと室内プール屋外プール、レストラン、マッサージとなかなか充実した施設です。

が。

ドイツのサウナは男女一緒ですっぽんぽん。初めての時は脳内破裂を起こしたので、二度とトライする勇気はなく。でも、ここのスパは女性専用のサウナがあるので、それなりに楽しめるのではないかと思って来たわけです。

受付で説明を受けていたら、
「館内のサウナ・プールは裸でお願いいたします。水着着用はしないでください」と衝撃のお言葉。

裸族のような男性がいっぱいいるのを見るのも無理!
しかも、そこで自分の裸をさらすなんて、さらに無理!

すぅ~っと意識が遠のいたけど、ここまで来て帰るのも何なんだし。
娘も、入っちゃおうよ、って言ってるし。
はい。思いきりました(笑)

鍵をもらったロッカールームは、当たり前のように男女一緒。
最初からひっくり返りたくないので、願わくは男性がいませんように、と念じながらロッカールームへ。幸い私たちだけでホッ。とにかく誰も来ないうちに、そそくさとスッポンポンになりガウンを羽織っていざ出陣!

館内マップをもって、まずは散策。バリ風のリゾート感満載の館内は、それはそれは素敵。
目の前の湖につながるようにインフィニティの屋外プール。
わぁ~。と喜んだのも束の間。素っ裸で泳ぐ人たちに、脳みそがぽんっ!
分かって入ったんだけど、やっぱりね。
「慣れなきゃあかん、慣れなきゃ~」と上田正樹の悲しい色やねの替え歌をつぶやきながら、幾人かの裸族に遭遇。

ではでは、そろそろ泳ぎましょうか、とまずは室内プール。
小さめのプールは周りに白いカーテンがかかっていて、ローマな感じ。すでに数人が泳いております。
「裸になる準備はいいかい?」と自問自答しながらガウンを脱ぎ捨て気持ち小走りになりながらプールへ突入。入ってしまえば、どうってことはなく。裸で泳ぐのも初めてで、「開放感があって気持ちがいいよ」って聞いてはいたけど、とにかく股間が寒い!泳いでも泳いでも冷たくて風邪をひきそう(笑)水着のありがたさを今更ながら実感デス。
リゾートプールは基本顔を上げて平泳ぎ。こんな全員すっぽんぽんで泳いでいるところで、ゴーグルをして水に潜ったら、どんなものが見えてしまうか、想像だに恐ろしい(笑)

第一チャレンジのプールを難なくクリアし、まだ少し残る恥じらいとともにガウンを羽織り、次はサウナに移動。中庭に点在する5つのサウナ。まずは、景色のいい湖を一望できるサウナへ。入り口でガウンを脱ぎ、バスタオルをまとって中に入り、すっぽんとなります。泳ぐ水鳥を見ているうちに、自分が裸なのも周りが裸なのも段々と気にならなくなり。自分の適応力の良さに感動すら覚えます(笑)あ、でも、コンタクトレンズを外していたのも勝因かもしれませんけど。

老若男女、全員裸でうようよ。だれも人の裸なんて気にもしてないさ。そりゃ、ちょろんと見ることはあってもじっと見ることは、さすがにないと。いやいや、そこは人間。ないとは言い切れなくも。なんて考えていた初っ端。

屋外プールに行く頃には、足取りも優雅に裸で歩いている自身が(笑)
屋内より大き目のプールは温水で、水につかりながら湖を眺める時間は最高でした。

ただ何回泳いでも裸で泳ぐ解放感はわからず。娘に
「やっぱり股間が寒いわ」と言おうとしたら、
「やっぱり股間が寂しいわ」と言い間違え、爆笑されたアホな母デス。

平日なのに、そこそこの人がいて、マッサージは予約できず。マッサージを希望される方は、事前に予約をおすすめします。

カフェレストランも充実していて、味も景色も良かった。
ただサウナ三昧で、これだけの施設なのに水が自由に飲めないのが残念。わざわざレストランまでいかないと買えないなんてサービス不足かなぁと。

デュッセルドルフから1時間以内で(車だと20分程度)プチリゾートが楽しめるヴァバーリスパ。
覚悟さえあれば、おすすめです。
館内は携帯はNGなので、写真は撮れませんでした。




[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-09-24 20:15 | 暮らし | Comments(0)

商品開発・レシピ提供しております。

商品開発・レシピ提供のサービスを始めました。

イギリス・フランス・イタリア・アメリカ・ドイツ(現在)に30年近く駐在し、各国で美味しい料理を仕入れてきました。
その中にはあまり日本で知られていない物も数多くあります。

本当は美味しいイギリス料理、フランスイタリアはもちろんの事、アメリカのジャンキーなソウルフーズ、ドイツのビールワインにぴったりな肉料理などなど。

なんちゃって○○風ではなく、ほぼ本物を提供しております(笑)
あえて「ほぼ」と言うのは、どうにもこうにも日本人にはちょっと、と言う場合、できるだけ本場の味に近い感じでアレンジしてます。

インパクトのあるメニューを探している方。
メインになりそうなオリジナルなものを探している方。
新メニューに悩んでいる方。

そんなカフェ・レストラン関係者の方、ご興味がございましたら、ぜひご連絡ください。

レシピ提供から商品開発まで、必要であればスタッフトレーニングまでお手伝いいたします。

連絡先メール:cadelpassero@gmail.com
栗原すずめ



[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-08-10 01:42 | 商品開発 | Comments(0)

パエリアレッスン追加しました!

f0095873_23473685.jpeg
色々ありまして、ただ今ドイツに戻っております。
急なことで、キャンセルしてしまったレッスンもあり、ご迷惑をおかけしました。

で、ですね。
またすぐ帰国しまして、
7月28日に、パエリアレッスンが追加となりました。
空席1名がでましたので、参加可能な方、至急ご連絡下さいませ。
今年最後のレッスンですので、お見逃しなく〜。

メニューは以下の通りです。

アミューズブッシュはクリームチーズとルバーブのコンポート
マヨルカスタイルのガスパチョ
シーフードパエリア
アングレーズソースのフルーツテリーヌ

夏の乗り切りメニューにもってこいです!

参加ご希望の方はこちらまでご連絡下さいませ。
cadelpassero@gmail.com

すずめ

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-07-19 23:42 | お教室 | Comments(0)

イタリアンビーフサンドイッチのレッスン

f0095873_13420553.jpg
只今帰国中です。
まったくもって無計画な今回の帰国。なので、申し訳ないほど突然なお知らせです(涙

7月8日(日)にイタリアンビーフサンドイッチのレッスンをいたします。

イタリアンビーフサンドイッチは、シカゴでもっとも美味しいと思ったサンドイッチです。
イタリア移民が作ったとされています。

アメリカらしいスパイスを使って焼き上げたローストビーフを限りなく薄く切り、セロリやにんじんのピクルス、ハラペーニョをパンにはさみ、グレービーでびしょびしょにしていただきます。

想像を絶するグレービーのびしょびしょ感に手を汚しながらビールと一緒に食べると、思わず声をあげてしまう美味しさ!この至福の味が癖になって、シカゴに行ったらぜったい外せない食べ物のトップです。

今回のレッスンは、無国籍で、
スターターは、ローストパンプキンとレンズ豆のサラダ(イギリス発)
メインは、ジャンキーですが、このイタリアンビーフサンドイッチ(シカゴ発)
デザートは、ドイツからサンドクーヘン。バターケーキですが、ドイツらしいほろほろとした軽さが特徴のケーキです。
f0095873_13420883.jpg
f0095873_13421215.jpg
残席はあと2名。

ご質問や参加申し込みは、こちらのコメント、もしくはメールにてお願いいたします。
cadelpassero@gmail.com




[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-06-24 14:09 | お教室 | Comments(0)

カフェ れもんの花 商品開発のお仕事

もう半年も経ってしまいました。早くアップしなくちゃと思いながら、こんなに遅くなるなんて情けないデス。

去年の12月に鴨川にオープンした山沿いの小さなカフェ・れもんの花のメニュー開発のお手伝いをいたしました。

嬉しい再会からのご縁でお仕事の依頼を受けたのが8月。
以前から興味はあったので、とても嬉しかったのです。

ただ初めての事、しかも急なお話しで、何をどう始めてよいのやら。しかも、デンマークのパンケーキ・エイブルスキーバーを、鴨川レモンを使ったレモンカードで。と、かなりアバウトでのスタートでした。

決まってたのは、スタッフのトレーニングと12月半ばのオープン。

ドイツを行ったり来たりの状態でできるのだろうか、と不安はありながらも、引き受けるという事は帰国が必須という事でして。初めて世にでる自身の子供をレシピだけ渡し出来上がりを確認しない状態でほおりだすわけは行かず。夫に11月の帰国を了承してもらい実現となりました。

f0095873_18581751.jpg
ドイツにいる間に、素人さんでも作りやすいレシピにしたり、レモンカードの改良を何度も試み、数日キッチンがラボ状態。

レシピが完成した後は、プレゼンのアイデアをいくつか考え、持っているお皿でいくつか試し、でも今時カフェはインスタ映えしなきゃいかん!とお皿の物色に街に繰り出し。

で、出来上がったのがこちらです。
f0095873_18573498.jpg
少し深めのお皿に王道のプレゼンでも良かったのですが、白い粉砂糖で作るシルエットと黄色が映えるように黒いスレートのお皿を選択。

丁度ドイツに戻る前にステンシルの話がでたのを思い出し、カフェの名前にちなんでレモンのデザインで作ってみました。試作はボール紙でしたが、お店用にはプラスチックで洗えるものに仕上げました。

10月の初めに数日帰国しなければならず、出来上がったメニューの試食の機会を得て、オーナー様からOKサインをいただきました。これで一安心です。

11月の半ば、2泊3日でスタッフトレーニングに鴨川へ。
集まっていただいたのは、カフェのスタッフの他に会社の社員の方々10名あまり。地元のおばさま方は素人さんですが、さすが主婦歴が長いので、それはそれは無駄のない動きをなさいます。これが同じ素人さんでも、料理をしたことのない若い娘さんではこう上手く事が運ばなかった気がします。

1日目は、全員でどういうものかわかるように共同作業で作っていただき、2日目は個人で一通りできるように。最終日はお客さんがいつ事を前提にシミュレーション。皆さま、やる気満々で頑張ってくださいました♪

2017年12月15日。プレオープンのお手伝い。関係者の方々が入れ替わり立ち代わりで大忙しでしたが、スタッフの方々のスムーズな動きで無事終了。

12月16日。晴れてオープンを迎えることができました。

山小屋風の小さなカフェ れもんの花。
鴨川レモンを使ったスーベニアを展開している会社「さわらび」の敷地内にあります。
水曜定休日で、午前11から16時まで。

廃校になった小学校の木の窓枠を使ってあったり、なんとも暖かな感じのするカフェであります。
最近ランチを始めたとの情報がありますが、基本的にはこのパンケーキのみ。

ましゅまるパンケーキ(エイブルスキーバー)レモンカード添え
オーナー厳選のドリップコーヒー、紅茶

まん丸ふわふわなパンケーキに、イギリス発のレモンカードというカスタードのような食感の甘酸っぱいソースと生クリームを添えていただきます。

パンケーキには砂糖が少ししか加えてないのであっさりとしています。
こちらに、たっぷりなレモンカードをつけて。癖になるおいしさです。

サイクリングにドライブに。房総はますますいい季節です。
近くにお出かけの際は、ぜひ、カフェれもんの花にお立ち寄りくださいませ。
f0095873_19023701.jpg






[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-05-28 19:09 | 商品開発 | Comments(0)

Waldorf Salad ウォルドーフ・サラダ

f0095873_19072476.jpg

某英語教材の会員向け雑誌のコラムを書き始めて1年。
「すずめのDelicious World」のタイトルで、隔月世界の美味しい物をご紹介。簡単なものはレシピ付きで、生活のエピソードを交え、ケーキ、お料理を始め食材や珍しい食料品まで。

スペシャリテの「パブローバ」に始まり、
「白アスパラガス」
「レモンカード」
「マーマイト」
「エイブルスキーバー」
「クランペット」
「スティッキートフィプディング」
そして、今回は「ウォルドーフ・サラダ」

できるだけ季節感のあるものを選ぶようにはしてますが、特にそうでないものも。このサラダは、爽やかってことで初夏のコラムに。

以前ブログでもご紹介してますが、このウォルドーフ・サラダ、NYのウォルドーフ・ホテルが発祥とされています。1800年後半のセントメリー子供病院のチャリティパーティに出されたのが最初だと。

当初は、りんご、セロリ、グレープをマヨネーズベースのドレッシングで和え、レタスの上に載せたものでした。その後、レシピが進化して、ナッツ(くるみ)が入ったり、グレープの代わりにドライフルーツが使われたり、ドレッシングもヨーグルトベースになったりと、今やいろんなレシピが出回ってます。

イギリスのデリカテッセンでも必ず置いてあるウォルドーフ・サラダはがっつりマヨネーズで和えてあります。個人的に、マヨネーズとフルーツの組み合わせは大の苦手。なので当然パスしていた訳ですが、このレシピと出会ってからは大好きなサラダになりました。

おかずサラダと言うより、デザートに近い感じ。医者知らずと言われているリンゴ、繊維たっぷりのセロリ、ビタミンEやミネラル豊富なくるみを存分に食べられるのが嬉しいサラダです。



[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-04-05 19:08 | お料理 | Comments(0)

クリームチーズの醤油麹漬け

f0095873_21084127.jpg
今月のアミュゼは、クリームチーズの醤油麹漬けです。

昨年末、ヨーグルトメーカーを買って以来、大発酵ブーム中。
ホームメイドのヨーグルトには特に興味はなかったのですが、発酵食品が沢山出来る事が分かって、俄然興味がでて、ついぽちっと。

それ以来、完全おもちゃ状態で、楽しいのなんのって。

まずは手始めにヨーグルト。牛乳に市販のヨーグルトを混ぜるのですが、
内臓脂肪を減らすガゼリ菌か免疫力を高めてくれるL-21かR1か
好きな菌、選び放題で楽しさマックスです(笑)

段々にわか健康志向になり、ならば豆乳でヨーグルトを、という事で色々な豆乳で試作。なかなかまろやかな仕上がりで気に入ってます。

ヨーグルトで落ち着いたところで、醤油麹を作りました。これが、大ヒット!
減塩醤油で作ると、まろやかなもろみそのような感じでそのまま野菜のディップとしても美味しい。
たまたまあったクリームチーズを付けてみたら、これが癖になるおいしさ!
分厚く切ったキュウリに、ジェラートのように載せてみたら、こじゃれた一品になりました。

おしゃれに変身したキュウリは、一口でパクっと。
皆さま、かなり気に入っていただけたようでした。

麹つながりで、甘酒。
ヨーグルト繋がりでは、サワークリーム、発酵バター、バターミルク。
その他、天然酵母。海外組に嬉しい納豆も、このおもちゃ(笑)でできちゃうんですねぇ。

大人のおもちゃって言うと、とんでもない物になってしまいますが(笑)
おもちゃ感覚で楽しめる調理マシンです。
絶賛おすすめ中♪

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-02-19 21:16 | お料理 | Comments(0)

帰国レッスン ドイツ料理・グラーシュ

f0095873_12335068.jpg
今回の帰国レッスンは、ドイツ料理の定番・グラーシュをいたします。
グラーシュとは、牛肉をパプリカや数種類のスパイスで煮込んだ料理です。ドイツビアフェスト(オクトーバーフェスト)やクリスマスマーケットなどで必ず見かけるお料理です。

前回に引き続き煮込み料理ですが、このグラーシュも下ごしらえは簡単でほおっておけば出来上がる料理。しかも日持ちがするので、とても便利です。

デザートはこちら。
f0095873_12392272.jpg
エンガディナー・ヌストルテ。スイス・エンガディン地方のクルミのタルトです。こちらも日持ちのするタルトなので、お客様が来る前々から準備ができる、これまた便利な一品です。

スターターは、また未定。バランスのいい一品を考え中です。お楽しみに。

日程は、

1月28日(日)、29日(月)、30日(火)、31日(水)
2月1日(木)、8日(木)、9日(金)

を予定しております。上記日程が合わない方はご希望の日をお知らせくださいませ。

このほかにリクエストレッスンも受け付けておりますので、過去のレッスンの中で気になるコース、お料理一品でもございましたら、ご連絡くださいませ。


お教室へのお申込み、ご質問はこちらにメールくださいませ。
cadelpassero@gmail.com



[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-01-17 12:40 | お教室 | Comments(0)

2018年スタート

f0095873_10474356.jpg

2018年がスタートしましたね。
新年早々やらかしたのは、喪中でありながらしかも友人に伝えていたにもかかわらず、自分から「お○○とう」と言ってしまった事。まぁ。そんなものです。

さ。肩の力を抜いてできるだけストレスレスな一年を送りたいものです。
本年もよろしくお願いいたします。

で。気が付けば昨年9月に投稿したあと、ほったらかしのブログ。
FBやインスタの投稿が増えるのと比例して、少なくなっていくありさまで反省しております。

FBは基本お友達設定なので、ご興味のある方はこちらのインスタからもお料理の写真やドイツの模様が見えますので、どうぞ。https://www.yooying.com/suzume1015

昨年夏から暮れまで、日本とドイツを行き来したのが4回。シカゴの引っ越し以上の忙しさでありました。
クリスマスには娘たちが来るので、直前に渡独し、あわててクリスマスデコ、4日分のフィーストの買い出し。そして料理三昧食べ放題飲み放題(笑)娘たちが帰るやクリスマスの片付け、帰国準備、夫の保存食、と今から思いかえしてもくらっとする忙しさでありました。

年末に帰国して、夫の短い休みは常にフル回転。正月温泉帰省をこなして即ドイツで間髪入れず仕事始めです。いつもながら時差ボケを感じる暇なく働いている夫に今年も感謝。

その夫。今年は早々にいいことがありまして。
お正月散歩からのスカイダック初体験。スカイダックとは水陸両用の観光バス。みなとみらいの日本丸前から出発し、日本大通り経由で赤レンガを回り、コスモワールドの横から、海への船出となります。大桟橋の横を通りベイブリッジ近くまで行き赤レンガを眺めます。思ったよりも遠出をしてくれて、なかなか楽しいものでありました。所要時間やく45分(かな?)

ガイドさんはお子様が飽きないように喋りっぱなし。じゃんけんでプレゼントがもらえる企画もあり、1等賞は夫婦揃って一回戦敗退。2等賞が始まる前、なにやら横の夫が本気モード(笑)で、2等賞ゲットでございました~(笑)

で、いただいたのが写真のスカイダックのチョロQ。
夫、ご満悦(笑)

今年は、このチョロQのように、エネルギーを小出しにして突っ走って行きたいものです。



[PR]
# by suzume-no-oyado | 2018-01-12 12:04 | 暮らし | Comments(0)

Engadiner Nusstorte エンガディン風ナッツトルテ

f0095873_12181072.jpg
Engadinder Nusstorte エンガディナー・ヌストルテ
スイスのエンガディン地方のくるみのタルトです。聞きなれない地名ですが、スイス南東部、主要都市はサンモリッツと聞けば、「ああ、あの辺ね」とうなづく方も多いはず。

この地方で最も使われてるのがドイツ語ですが、もう一つスイスの国語としてのロマンシュ語があります。
以前、サンモリッツを訪れた時、独、伊、仏、英語のしゃべれるホテルの従業員にびっくりしたのを覚えてます。

さて、このタルト。くるみがぎっしりのペーストをフィリングにしてます。
生徒さん曰く、「鎌倉のくるみっこに似ている」と。

フィリングはしっかりとした甘さがあるので、タルト生地が多い方がバランスがいいようです。今回の試作は、少し生地が薄めだったので、次回はたっぷり生地で焼き上げたいです。

焼き上げた日よりも、1~2週間後の方が味が落ちついて美味しい。
冷凍も可能だし、便利なお菓子のひとつになりそうです。
f0095873_12182288.jpg

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-09-10 12:30 | お料理 | Comments(0)