人気ブログランキング |

カテゴリ:お教室( 103 )

帰国レッスン終了!

f0095873_09535473.jpeg
帰国レッスン全9回、全て終了致しました。
ブログでお知らせする前に、あれよあれよと満席に。
2013年以来、行ったり来たりの生活で、段々と過去の人になりつつあるのかなぁと思ってたのですが、こうして忘れずに来てくださる生徒さん達に感謝です。
皆さま、ありがとうございました。

さてさて、肝心のレッスンですが、今回はドイツ料理とスカンジナビア料理でした。

スターターは、スカンジナビア半島の郷土料理グラヴラックスGravlax。サーモンの塩漬けです。スモークしないスモークサーモンです。あっという間に仕込めるのが嬉しい一品。
f0095873_09542796.jpeg
f0095873_09545147.jpeg

これをふたつの食べ方で。ひとつはカナッペ。ふたつめはサラダ仕立てをトラディショナルなマスタードソースと一緒に。それに、食感と味の違いを楽しむために、軽くグリルしたものも。

お酒好きな生徒からのリクエストで、皮だけをカリカリに焼いてみたら、おつまみに最高だと(笑)

メインは、南ドイツシュヴァーベン地方の郷土料理マウルタッシェンMaultaschen を3通りの食べ方で。

ひとつめは、トラディショナルな食べ方で、マウルタッシェンをビーフコンソメに浮かべて。
f0095873_09555096.jpeg
ふたつめは、甘く炒めたオニオンとグレービーソース、シュヴァーベン風ポテトサラダ。
f0095873_09561135.jpeg
3つ目は、イタリアンにアレンジして、トマトソースで。
f0095873_09563175.jpeg

デザートは、バウムクーヘンリンデBaumkuchentinde。特別な器具がなくても、家庭でバウムクーヘンが楽しめます。
f0095873_09565439.jpeg


薄く焼いたスポンジを重ねて、マジパンローマッセクリームをはさみます。マジパンローマッセを手作りしたり、簡単とは言えませんが、なかなか生意気なバウムクーヘンになります。3日間寝かせなきゃいけないけど、日持ちのする便利なケーキだと。
f0095873_10071119.jpeg

盛りだくさん過ぎて、作るのも食べるのも時間がかかりましたが、試食会のような楽しい時間となりました。

皆さま、お疲れ様でした。

by suzume-no-oyado | 2019-07-15 09:30 | お教室

パエリアレッスン追加しました!

f0095873_23473685.jpeg
色々ありまして、ただ今ドイツに戻っております。
急なことで、キャンセルしてしまったレッスンもあり、ご迷惑をおかけしました。

で、ですね。
またすぐ帰国しまして、
7月28日に、パエリアレッスンが追加となりました。
空席1名がでましたので、参加可能な方、至急ご連絡下さいませ。
今年最後のレッスンですので、お見逃しなく〜。

メニューは以下の通りです。

アミューズブッシュはクリームチーズとルバーブのコンポート
マヨルカスタイルのガスパチョ
シーフードパエリア
アングレーズソースのフルーツテリーヌ

夏の乗り切りメニューにもってこいです!

参加ご希望の方はこちらまでご連絡下さいませ。
cadelpassero@gmail.com

すずめ

by suzume-no-oyado | 2018-07-19 23:42 | お教室

イタリアンビーフサンドイッチのレッスン

f0095873_13420553.jpg
只今帰国中です。
まったくもって無計画な今回の帰国。なので、申し訳ないほど突然なお知らせです(涙

7月8日(日)にイタリアンビーフサンドイッチのレッスンをいたします。

イタリアンビーフサンドイッチは、シカゴでもっとも美味しいと思ったサンドイッチです。
イタリア移民が作ったとされています。

アメリカらしいスパイスを使って焼き上げたローストビーフを限りなく薄く切り、セロリやにんじんのピクルス、ハラペーニョをパンにはさみ、グレービーでびしょびしょにしていただきます。

想像を絶するグレービーのびしょびしょ感に手を汚しながらビールと一緒に食べると、思わず声をあげてしまう美味しさ!この至福の味が癖になって、シカゴに行ったらぜったい外せない食べ物のトップです。

今回のレッスンは、無国籍で、
スターターは、ローストパンプキンとレンズ豆のサラダ(イギリス発)
メインは、ジャンキーですが、このイタリアンビーフサンドイッチ(シカゴ発)
デザートは、ドイツからサンドクーヘン。バターケーキですが、ドイツらしいほろほろとした軽さが特徴のケーキです。
f0095873_13420883.jpg
f0095873_13421215.jpg
残席はあと2名。

ご質問や参加申し込みは、こちらのコメント、もしくはメールにてお願いいたします。
cadelpassero@gmail.com




by suzume-no-oyado | 2018-06-24 14:09 | お教室

帰国レッスン ドイツ料理・グラーシュ

f0095873_12335068.jpg
今回の帰国レッスンは、ドイツ料理の定番・グラーシュをいたします。
グラーシュとは、牛肉をパプリカや数種類のスパイスで煮込んだ料理です。ドイツビアフェスト(オクトーバーフェスト)やクリスマスマーケットなどで必ず見かけるお料理です。

前回に引き続き煮込み料理ですが、このグラーシュも下ごしらえは簡単でほおっておけば出来上がる料理。しかも日持ちがするので、とても便利です。

デザートはこちら。
f0095873_12392272.jpg
エンガディナー・ヌストルテ。スイス・エンガディン地方のクルミのタルトです。こちらも日持ちのするタルトなので、お客様が来る前々から準備ができる、これまた便利な一品です。

スターターは、また未定。バランスのいい一品を考え中です。お楽しみに。

日程は、

1月28日(日)、29日(月)、30日(火)、31日(水)
2月1日(木)、8日(木)、9日(金)

を予定しております。上記日程が合わない方はご希望の日をお知らせくださいませ。

このほかにリクエストレッスンも受け付けておりますので、過去のレッスンの中で気になるコース、お料理一品でもございましたら、ご連絡くださいませ。


お教室へのお申込み、ご質問はこちらにメールくださいませ。
cadelpassero@gmail.com



by suzume-no-oyado | 2018-01-17 12:40 | お教室

9月のお教室 まだまだ続くドイツ料理

9月のお教室、そして今年最後のお教室は残すこと、あと1回になりました。

f0095873_12074983.jpg
アミュゼは、この季節どうしても食べたくなるイチジクのサラダ。
モッツァレッラとイチジクを手でほぐして、クルミをパラパラ。仕上げはオリーブオイルと黒コショウたっぷり、はちみつ少々。いつものキャラメライズしたイチジクとはまた違ったお味になってます。シャンパンや白ワインと相性抜群です。
f0095873_12142100.jpg
スターターは、アルザス地方の郷土料理、Flumm Kuchen フラムクーヘン。
アルザス地方はフランス北東とドイツ南西部にまたがっており、フラムクーヘンはドイツ語名。フランス語だとタルトフランベと呼び方が違います。フラムは炎、フランベは仕上げに炎で焼き上げる事。その名の通り、薄い生地を高温でさっと焼き上げた薄いピザみたいなお料理です。

フラムクーヘンは、生地が発酵生地ではなく、小麦粉と水とオイルでさっと練って、さっと伸ばして、さっと焼いて終わり。とってもお手軽なのが特徴。生地の上に塗るベースはトマトではなく、サワークリーム。今回は伝統的な玉ねぎとベーコンで。あっさりとして、いくらでも食べれちゃいます。
f0095873_12095456.jpg
メインは、ドイツ・フランクフルトの郷土料理シャオフェル Schaufele。シャオフェルとはシャベルの意味。豚の肩肉の形がシャベルのようなカーブであることから、この名がついたとか。

ドイツだとシャオフェル用のお肉で売ってたりするけど、日本だと豚の肩ロースがピッタリ♪
このお肉をキャラウェイシードの香りとともに、ポットローストで蒸し焼き。最後に表面をカリッと焼いて仕上げます。オリジナルソースは、もっとあっさりでしたが、一緒に煮込んだ玉ねぎをピュレにしてソースにしてあるので、たまねぎの甘さと肉汁ソースが絶品なお気に入りの味に仕上がりました。グリーントマトサラダを添えて。
f0095873_12095822.jpg
デザートは、プルーンクーヘン。ちょうどプルーンが出回ってたので、フレッシュなプルーンをたっぷり入れこんだ焼きっぱなしケーキにしました。甘さ控えめでプルーンの酸っぱさが嬉しいケーキです。

準備も少なく、工程も少なく、あっという間のレッスンでした。
皆さま、お疲れ様でした。

新学期ということもあり、皆様の予定となかないか合わずに受けれなかった方。
年明けに帰国した時、ご希望の日にリレッスンいたしますので、ご連絡くださいませ。



by suzume-no-oyado | 2017-09-05 12:15 | お教室

9月のお教室のお知らせ フラムクーヘンとシャオフェル

先月帰国いたしました。間髪入れずに夫が会議で帰国。で。昨日ドイツに戻り、来週にはお盆休みでまたまた帰国。この時期、彼は行ったり来たりの大忙しです。

私はと言えば、毎年8月は、ほぼハズバンド・シッターです(笑)

9月のお教室は、今年最後のレッスンになります。

日程は、9月4日(月)
    9月7日(木)
    9月8日(金)
    9月10日(日) 

このほかにも、9月第3週もレッスン可能ですので、ご希望の方はお知らせくださいませ。

メニューは、今回もドイツ料理です。
f0095873_13224097.jpg
スターターは、Flummkuchen フラムクーヘン。アルザス地方のお料理で、ドイツ語名はこちらですが、フランス語だとタルトフランベと呼ばれてます。発酵生地ではないので、粉を練って伸ばして焼いて、と、簡単で美味しいお料理です。
f0095873_13233099.jpg
メインは、Schaufeleシャオフェル。フランクフルトの郷土料理で、豚肩肉を蒸し焼きしたもの。名前のシャオフェルはシャベルの意味で、シャベルのように曲がってるからだとか。とても柔らかく、あっさりとしてるので、分厚い肉でもペロッと食べれる危険な一品です。

デザートは、ただいま悩み中。おそらく、クルミのペーストを使ったパイになるかと思います。

お教室への質問、お申込みはこちらまで。cadelpassero@gmail.com
または、このコメント欄に鍵コメでお願いいたします。



by suzume-no-oyado | 2017-08-04 13:24 | お教室

pancake party for Kids

f0095873_10105551.jpg
4月に控えているキッズパーティの試作。

前回どうなるかと思ったキッズレッスンですが、なかなか楽しい時間となりました。小学3年生と女子会状態になる50代。今の子はなかなか深いと悟った日でもありました。

前回は、テーブルマナーもあったので3コースメニューでしたが、今回はとにかく楽しく遊ぼうとパンケーキ・パーティ♪

チョコレートソース、キャラメルソース、ホイップバターを手作りします。

あとはフルーツ三昧。形を変えてカット。
そうするとパンケーキに表情が出て面白い。

全部準備できたら、あとは盛り付け。プレゼンタイムです。

今回はお助け隊二人で大人3人でやったのですが、これが童心に戻って楽しい楽しい。
あーだこーだと、それぞれこだわりでモリモリ。

もうどう盛りつけたって、かわいく見えるパンケーキ。
お申込みいただいたママさんに、「こういう風にやりますよー」と写真をお見せしたら、大人もやりたい!とのお返事。お子様からお習いくださいませ、ね。

さぁ。楽しいレッスンになりますように。



by suzume-no-oyado | 2017-03-22 10:24 | お教室

3月のお教室 ドイツ料理第3弾

f0095873_21351916.jpg


3月のレッスンが始まりました。
先月に引き続いてドイツ料理です。

メニューは以下の通り。

アミュゼ:野菜のポタージュ
スターター:キャベツのグリル シイタケとアンチョビスープ蒸し
メイン:リンダールラーデン
デザート:マンデルショコラクーヘン(アーモンドチョコケーキ)

アミュゼは、メインのときに一緒に煮た野菜の再利用です。牛肉の煮込みでいい味を出しているので、無駄にするのももったいなかったので。サワークリームがいいアクセントになってます。

スターターは、キャベツのグリル。普通のグリルよりスープで蒸し焼きにしてるので、より柔らかくより甘みが出てます。最後にしゃかしゃかとパルミジャーノを振りかけて。リクエストしていただければ、好きなだけ振りかけますよー。これから美味しい春キャベツの季節。とっても重宝する一品間違いなしデス。

メインはドイツの伝統料理リンダールラーデン。通常ベーコンが使われるところを合いびき肉になってます。お気に入りのドイツのおばあちゃんたちのレシピ集から。

肉の肉巻きですが、とてもあっさりとした煮込み料理。とろりとしたマッシュポテトといんげんのソテーと一緒に。

デザートは、珍しく焼きっぱなしケーキです。ホワイトチョコを練りこんであるので、しっとりとコクのあるケーキになってます。そのままでも美味しいですが、トップにチョコのグレーザー(グラサージュ)を。

3月4月とこちらのレッスンが続きます。
4月14日までなら、お好きな日でレッスンを組みますので、ご希望の方はご連絡くださいませ。
by suzume-no-oyado | 2017-03-14 21:35 | お教室

2月のお教室 ドイツ料理第2弾

体調もすっかり戻り、帰国ライフを満喫しております。

レシピの調整も終わり、あとはレッスンを待つのみ。

時折ふらっと帰ってきてするレッスンなのに、待っててくれる人がいる嬉しさ♡
おかげさまでほぼ満席になっております。

2月23日のみ、残席がございます。
参加ご希望の方は、ぜひご連絡くださいませ。

2月のメニューは以下の通りです。

f0095873_18302324.jpg

Zwiebelkuchen  ツヴィーベルクーヘン(たまねぎケーキ)
ドイツ版キッシュとでも申しましょうか。違うのは生地がパン生地であること。アパレイユ少な目で甘い玉ねぎがぎっしり詰まってます。

f0095873_18304854.jpg


サーモンのソテーとシュヴァーベン風ポテトサラダ
バイエルン地方のポテトサラダをシンプルなサーモンソテーと合わせました。簡単なのに満足度があって、最近の手抜き料理の第一位です(笑)

f0095873_1831820.jpg

Eiershcecke アイアーシェッケ
ドレスデン風チーズケーキです。底がタルト生地が多い中で、ドレスデンで食べたケーキの軽さを目指しスポンジにしてみました。カスタード部分もしっとりスフレになってます。


f0095873_18313258.jpg

サーモンと合わせる前のシュヴァーベン風ポテトサラダ
by suzume-no-oyado | 2017-02-13 18:34 | お教室

帰国レッスンのお知らせ

先週、ドイツに寒波が来ていましたが、今日本が寒いことになっているようですね。
皆さま、お風邪なと召されないように。

さて、次回の帰国レッスンのお知らせです。

 ★ 日程 ★

2月23日(木)、24日(金)、25日(土)、26日(日)
3月14日(火)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、19日(日)


を予定しております。

2月のメニューは、玉ねぎケーキとシュヴァーベン風ポテトサラダとサーモンのソテー

3月のメニューは、リンダールラーデン(ドイツ風牛肉巻きの煮込み)


です。スターター、デザートはまだ未定部分がありますが、決まり次第お知らせします。

お教室への質問、参加ご希望の方は、こちらのメールまでお知らせくださいませ。
cadelpassero@gmail.com

by suzume-no-oyado | 2017-01-12 06:13 | お教室