<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Waldorf Salad ウォルドーフ・サラダ

f0095873_19072476.jpg

某英語教材の会員向け雑誌のコラムを書き始めて1年。
「すずめのDelicious World」のタイトルで、隔月世界の美味しい物をご紹介。簡単なものはレシピ付きで、生活のエピソードを交え、ケーキ、お料理を始め食材や珍しい食料品まで。

スペシャリテの「パブローバ」に始まり、
「白アスパラガス」
「レモンカード」
「マーマイト」
「エイブルスキーバー」
「クランペット」
「スティッキートフィプディング」
そして、今回は「ウォルドーフ・サラダ」

できるだけ季節感のあるものを選ぶようにはしてますが、特にそうでないものも。このサラダは、爽やかってことで初夏のコラムに。

以前ブログでもご紹介してますが、このウォルドーフ・サラダ、NYのウォルドーフ・ホテルが発祥とされています。1800年後半のセントメリー子供病院のチャリティパーティに出されたのが最初だと。

当初は、りんご、セロリ、グレープをマヨネーズベースのドレッシングで和え、レタスの上に載せたものでした。その後、レシピが進化して、ナッツ(くるみ)が入ったり、グレープの代わりにドライフルーツが使われたり、ドレッシングもヨーグルトベースになったりと、今やいろんなレシピが出回ってます。

イギリスのデリカテッセンでも必ず置いてあるウォルドーフ・サラダはがっつりマヨネーズで和えてあります。個人的に、マヨネーズとフルーツの組み合わせは大の苦手。なので当然パスしていた訳ですが、このレシピと出会ってからは大好きなサラダになりました。

おかずサラダと言うより、デザートに近い感じ。医者知らずと言われているリンゴ、繊維たっぷりのセロリ、ビタミンEやミネラル豊富なくるみを存分に食べられるのが嬉しいサラダです。



[PR]
by suzume-no-oyado | 2018-04-05 19:08 | お料理 | Comments(0)